REDの放課後日記 遊戯王

トーチHERO デッキ解説

 
 はい、どうもー

 今回はこの前のCSで使ったトーチゴーレム入りのHEROについて話していきたいと思います

 実際の結果としては自分のプレイミスや構築で問題点もあり残念な結果に終わってしまったのでこんな考えもあるんだな程度で参考にしてもらえたら幸いです

 それではさっそく本題に入っていきます

   

 【構築】

 実際にCSで使用した構築です

 ga.jpg

 ga2.jpg

 ※メインのヴェーラーは1枚サイドです

 僕がトーチHEROを考え始めた時に1番最初に意識したのはトーチが絡んだ展開で最も起きやすいパターンのトーチ+エアーマンでの最終盤面です

 エクストラを全て展開札に回せばSPYRALと同じようにトライゲートバーグスカ+αくらいは普通に出来るんですがそれだとSPYRALの劣化になってしまうと考え、どこまでが現実的な範囲なのかを1人回ししながらエクストラの枚数を調整していきました

 詳しいエクストラの取捨選択の理由に関しては後述しますが僕はトーチ+エアーマンでの最終盤面はダークロウフレシアを目指すことに決めてそこからメインの構築を考えていくことにしました 

 次から構築の細部について話していきますが今回は元々HEROで必須枠とされているカードの説明は省きたいと思います

 そこら辺も気になる方は↓この記事に詳しく書いてあるのでこっちを読んでもらえるとありがたいです

 2017/10 HERO デッキ解説 

 【メイン】

 ▼トーチ・ゴーレム×3枚

 最近流行りのサブギミックとしてはパワーがありすぎる次の規制候補トップクラスのカードですね

 そのパワーは少しでも大会に興味がある方なら分かる通り1枚でスカルデットやダブルFWDという高リンクモンスターへのアクセスが可能で+αの動きも含めて各地で暴れまわっています

 半年くらい前にどのデッキでもとりあえず入れておけばある程度まともなデッキになると言われていた十二獣を彷彿とさせます

 実際十二獣とは似ている部分もあって本来Gやうさぎ、さくらが効きづらいデッキもこのカードが的になってしまうところです

 誘発を食らった場合デメリットのせいでそのターンに動くことが困難でこの高速環境で相手の場に3000打点のモンスターを残すことはかなりリスクを背負っている為アカシックにうさぎを食らって返しにワンキルされたりして負けたりするのもよく見かける光景です

 ただ逆にゴウフウやトーチ被りで誘発を乗り越えたりすることもあるのが恐ろしい部分でもありますが

 今回は流行りに乗っかろうということで僕も採用したんですがまぁパワーの高さは凄いです

 実際に使ってみてHEROのトーチなしとありで強みと弱みがあったのでどっちを使うかは割と好みな部分かなと思いました

 ●トーチゴーレム入りの強み

 ・1枚で動けるカード増えて単体でもスカルデット4枚ドローに向かえるので事故軽減

 ・トーチ+エアーからダークロウと今までは無理だったらエアーマン絡みからのでダークロウに向かえるので先攻ダークロウ率の上昇

 ・展開最大値の底上げ(僕はフレシアが入っているので)

 ●弱み

 ・本来HERO相手にはかなり弱い増殖するGやさくらを食らってしまう

 ・うさぎはミストに撃たれる時がほとんどだがその場合は素引きマスクを被せたり蘇生罠を使用することの噛み合いでなんとか誤魔化す事が出来た

 ただアカシックへのうさぎはどうしようもない

 ・エクストラがリンクモンスターで圧迫されることによりビュートやライトニング等の切り替えし用のエクシーズモンスターの枠を取るのが困難で対応力が落ちる

 恐らくここら辺だと思います

 1番最後に僕がトーチHEROを使って思ったことを書いていますがこのデッキのトーチは実際に使って本当に人によって意見が分かれそうなカードだと思いました

 ▼D-HERO ディシジョンガイ
 
 普段ならここはブレイズマンの枠だと思うんですが僕が1番最初にブレイズマンを入れたのはあくまでEコール×蘇生罠の時のサーチ用としてだったので今回は蘇生罠が入っていない事からそこまでブレイズマンに拘る必要がないと考え変えました

 もしメインかサイドに蘇生罠が入っていればブレイズマンにしますけど

 先攻でこのカードを使う展開パターンをした場合エンドフェイズにエアーマン回収から相手のターンにマスクを撃ってFWDのss効果を起動させエアーマンssから破壊効果を使うことが出来るオシャレムーブがあります

 ちなみにCSでは2回このカードを使った先攻展開をして1回はオシャレムーブ決まりましたw

 ▼エフェクト・ヴェーラー×2枚

 元々ここはさくらの枠だったんですが今回東北のCS久しぶりで分布が読めないのとちょっと前にセフィラやノイドが勝っていたのもあってさくらをサイドに落としてヴェーラーを優先させました

 トーチ展開、セフィラ、ノイド、トリックスター、ミラー、あとはリゾートが絡まないSPYRALの先攻展開(もしリゾートを張られてもスカルデットやFWDに撃てる可能性あり)なので広く見るならこっちだったんですが結局2日間ほとんどSPYRALばかりだったのでここはさくらの方がよかったなって思いました

 貫通される可能性はありますけどやっぱりSPYRAL相手はさくらの方がヴェーラーみたいに浮くリスクはないのでここはSPYRALを見るか広く見るかだと思います

 ▼強欲で貪欲な壺

 このカードでHEROや落とし穴が飛ぶと結構ヤバいので0でもよかったんですが毎回トーチ引けるわけでもないので事故軽減として気持ち程度に1枚だけ入れました

 ▼ソウル・チャージ

 うさぎ食らった時用で即効性を持たせる為に今回は蘇生罠よりこっちを優先しました

 ただトーチが絡まないと使いづらく後攻であまり強くないので抜いてもいいかもしれないです

 ▼落とし穴

 純ならば落とし穴は蠱惑しか入れないのですが今回はフレシアが入っているので落とし穴を散らしました

 狡猾はトーチ+エアーマンでの先攻展開パターンで相手の場にあるトーチゴーレムを割る為に

 蠱惑はダークロウフレシアした時にダンディの破壊効果に対応する為の採用です

 ▼虚無空間

 サイドチェンジとの兼ね合いで先攻で強くてある程度後攻でも使えるカードが必要で採用したのですが思っていた通り微妙だったのでもし次CSに出るとしたら抜くと思います

 ハマれば強いんですがぶっぱダンディに使わざる得なかったり誘発撃たれて微妙な盤面でターンを返す時に使いづらかったりしたので僕はあんまり今期は強いとは感じなかったです 

 【エクストラ】

 ▼M・HERO ダーク・ロウ×2枚

 ▼M・HERO 闇鬼
 
 ▼M・HERO ブラスト

 ▼リンクリボー

 ▼リンク・スパイダー

 ▼セキュリティ・ドラゴン

 ▼アカシック・マジシャン

 ▼鎖龍蛇-スカルデット

 トーチHEROを組む上で僕はこの9枚が確定枠だと思っています

 対SPYRAL相手には竜巻竜をエクシーズモンスターで1番出すのでもしトーチが絡まなかった場合を考えて+竜巻竜

 あとはFWDが入ってないとトーチ+エアーマンでダークロウにいけないのでそれはしょっぱいと考え+FWD2枚

 別にFWDなしでいいっちゃいいんですがせっかくサモプリやキンギョじゃ出来ない素引きエアーマンからダークロウに向かえてダークロウ率が上がるのを捨てるのは僕はもったいないと思いました

 これで残りが3枠

 サイドチェンジとの兼ね合い的にサイドにエクストラを入れる枠はなく今の手札誘発の強さ的に枠を理由にさくらを抜くという選択肢もなかったのでメインのエクストラに+へリックス

 僕がサイドにエクストラのカードを入れるのがかなり嫌いっていうのもありますが

 残る2枠の選択肢としては

 環境外に必要になることが割とある(グラットンの処理等)ホープ&ライトニング

 SPYRAL相手の後攻を意識したドロゴン&ビュート

 先攻展開重視のガイアセイバー&フレシア

 僕の中ではこんな感じでした

 今回は僕が先攻重視を選んだのは連戦以降しばらくCSの予定がなく次いつ出るのかも分からなかったのでトーチで暴れるのを楽しもうってことでガイアセイバー&フレシアに決めました

 もう少しちゃんと常勝を考えるなら変えた方がいいかもしれません

 残りの枠に関しては絶対これ!というものはなく自分がどこを意識するかで変えていい自由枠だと思っています

 ただ出来るだけトーチ展開の中で相手の場のトーチは処理出来る終着点が好ましいです

 HEROはダークロウ+オネスティの構えで相手に打点以外の処理を強要出来るのが1つの強みなので返しにトーチを倒す為にオネスティを使うのはその強みを潰しており何よりリソース切れのスピードが速くなります

 なのでニンギルスやフレシア、FWDのバウンス効果等なんでもいいのでどの展開パターンでも出来るだけトーチを退かせる展開方法を考えた方がいいと思っています

 まぁその為にエクストラを使いすぎるのは本末転倒なので最初の9枚+~2枚くらいのエクストラの消費で無理矢理にはならない程度にって感じですね

 何回か質問をされたりもしたので一応僕の構築での展開パターンをいくつか載せておきます
 
 ・トーチ+エアーマン

 まずはお決まりのトーチssからアカシック→セキュリティまでの流れでアカシックFWDの盤面を作ります

 DORO3BWUMAAVT1Y.jpg

 その後にアカシックとトークンでガイアセイバーをssしてFWDの効果でエアーマンss

 DORO3BWUMAISCva.jpg

 ガイアセイバーとトークンで2体目のFWDssでFWD効果で2体目のエアーマンss

 DORO3BWVoAEqLc2.jpg

 こここからフレシア狡猾で相手の場のトーチと自分のWFDを対象にしてチェーンFWDの回収効果でフレシアの素材から外したエアーマンを回収してFWDの効果でミストssしてダークロウフレシアになります

 DORO3pLVAAEwojG_20171110211313ceb.jpg

 サイド後の初手に魔封じがあった場合はフレシアブラストの盤面を目指します

 最初のガイアセイバーFWDトークンから派生して1体目のエアーマンから直接ミストをサーチ

 2体目のFWDをssしたところでミストをssしてマスクサーチ

 上と同じように素材のエアーマンを外しフレシア狡猾チェーンFWDの回収効果でエアーマンを回収

 処理後にFWDの効果でエアーマンをssしてHEROをサーチしてブラストフレシアになります

 DORPA6vVoAAL3s7.jpg

 ・トーチ+エアーマン+モンスター1体

 最初にエアーマンではなくモンスターをss

 DORPA-SU8AA_mVU.jpg

 そこからガイアセイバーとトークンで2体目のFWDをssしてエアーマンもss

 効果でトーチゴーレム戻してからssしてトークン1体をリンクリボーに変換
 
 DORPA-cUQAAMhZc.jpg

 スカルデットss4枚ドローからエアーマンssしてスカルデット効果でミストもssしてマスクサーチ

 DORPLt3UIAAn7wC.jpg

 ここから最後はお決まりのフレシア狡猾で相手の場のトークンを割ってダークロウフレシアになります

 DORPLt3UIAE-eLn.jpg

 あとはスカルデットで魔封じを引いた場合は上の盤面から派生してブラストフレシアを狙いにいきます

 DORPA-UVQAE7ilY.jpg

 DORPLt6UEAAF05g.jpg

 ちなみにですが最終盤面を作るコツはしっかりとEXモンスターゾーンの前を塞いで相手の返しのトーチゴーレムをケア出来るようにすることです

 あとはマスクチェンジでFWDの横のHEROが場を離れた場合手札からディシジョンガイをssして返しにラグなくエアーマンを召喚出来たりもします

 もしエアー以外にミストにアクセス出来る札がある場合はスカルデットを出す前にサーチしてスカルデットssドロー効果チェーン1、FWDの効果チェーン2でチェーンを組むとうららをケア出来たりもするのでハンドによって柔軟に動きを変えた方がいいです

 一応ミストにうららは食らいますが4枚ドローでマスクや妨害を引きにいけますしサイド後に関してはダークロウを狙いにいくよりも魔封じを引きにいった方が強い時も多いです

 なのでスカルデットへのうららがケア出来そうな時は積極的にミストをサーチしにいきます

 おまけとしてガイアセイバーフレシアが入ってない場合のトーチ+エアーマンでの展開方法は

 まずはダブルFWDの盤面を作ってFWDの効果でエアーマンss効果でミストサーチ

 FWDの効果でトーチバウンスからssして1体をリンクリボーにしてFWDトークンリンクリボーエアーマンでスカルデットss

 スカルデットチェーン1、FWDチェーンでうららケアしつつ4枚ドロー出来るのでこれがいいのかなと

 まぁただ相手の場にトーチが残っちゃうのがちょっとって感じですけど 

 【サイド】

 ▼エフェクト・ヴェーラー

 セフィラやトーチノイド辺りには強いカードなのでサイドに3枚目を入れました

 ミラーやトリックスター、他の数少ないデッキへも入れられることも◎

 ▼浮幽さくら×3枚

 SPYRAL相手の後攻の時用です

 トーチ展開にも撃てるので前よりさらに評価高め

 ▼我が身を盾に

 トーチへのうさぎもきついですがHEROは元々ブラックホールもかなりきつかったので負け筋を2つも見れる良いカードということでライフコストを考慮して1枚だけ採用

 採用率は落ちたもののまだたまに見るγや激流葬、フォース系等にも撃てて割と範囲が広いのも好感触でした

 タフネスに撃てないのだけが残念な部分ですがCSで先攻の時に負けた試合がトーチにうさぎかブラックホールだったのでもう1枚くらい入れてもよかったかなってCS終わってから思いました
 
 ▼ナイト・ショット×3枚

 前にCSに出た時に比べ激流葬の採用率がかなり落ちたので先攻でサイクロン系を入れる必要がなくなりAFの採用率も最近落ちていたように感じたのでセフィラの罠や狂宴を意識してこのカードを優先させました

 セフィラ相手は特にサイクロン系で九支を割っても星戦サーチからまた妨害を構えられてしまうので今のHEROだと罠を超えつつ返しの事も考えなくてはいけないのはしんどいと思ってのセフィラ意識が強めですね

 ただトップで引いた時にスケール触れられなかったりSPYRAL相手の後攻で入れた時にリゾートにも触れられない場合もあるのでコズミックサイクロンでもいいと思います

 ▼底なし落とし穴

 ダークロウフレシアした時にタフネスやグラットンを止める用です

 グラットンを意識しなければ奈落でいいと思います

 ▼神の警告、宣告

 主に先攻用ですがセフィラやメタビート等の先攻で盤面を固めてこないようなデッキ相手には後攻からも入れます

 ▼魔封じの芳香×3枚

 僕がトーチHEROを使いたいと思った1つの理由がこのカードです

 前まではSPYRALのサイドにツインツイスターが3枚入っている構築がほとんどだったんですが最近は2が主流で人によっては1枚なのもよく見ます

 なので裏目もだいぶ減りサイド後はトーチ+エアーからブラストフレシア+このカードを構えてイージーウィンしにいきます

 マジックドレインとかだと確定でブラックホールを止められなかったり賄賂とかだと手数で乗り越えられる可能性があるのでツインツインスターが減った今魔封じを選択しました

 拮抗勝負だけはきついのですが採用率自体はそこまで高くないので割り切りました 

 【不採用カード】

 ▼ドロール&ロックバード

 トーチ展開に対して撃てるのがスカルデットの後になる可能性があってこっちは手札-1なのに相手は1アド取りつつ手札の質が格段に良くなるのは微妙だと思い抜きました

 ▼D-HERO Bloo-D

 一応フレシアとかじゃなくてこいつを出すパターンもあるんですがトーチが絡まない時の素引きが弱すぎるので入れませんでした

 狡猾ならリゾートが絡んでない時以外は基本的に素引きしても強いので僕は素引きしても弱くない方を選びました
 
 ▼M・HERO カミカゼ

 今までは2500打点ラインを超えたりする為にカミカゼも必須枠だったんですが今期は明確に使いたい場面もないので抜きました

 ▼星杯戦士ニンギルス

 ここは出来れば入れたい枠だったんですが今回は後攻でゴウフウを引いた場合はスカルデットを狙いにいって罠を踏むってことで妥協しました

 2日間で必要になったことは0でしたけど出来れば入れておきたいカードです

 ▼プロキシ―・ドラゴン

 ツインツイスターや羽根帚、ダンディの破壊効果から罠を守ることが可能なので最初は最終盤面にこのカードが出る展開を考えていたんですがトーチを退かしつつのエクストラを抑えた展開方法がいまいち思い浮かばなかったのでそれならフレシアでトーチを処理しつつ返しの妨害を構えた方が強いと判断し止めました

 ▼禁止令

 前までSPYRAL相手にダンディ宣言すればゴウフウや複製、中盤以降のボルテックスが絡まなければ盤面を返されたりせず強かったのですが今はトーチから禁止令を無視して動かれる可能性があったので抜きました

 …がハンドによってトーチへのうさぎケアしてうさぎ宣言したりダークロウフレシア構えている時はブラックホールを宣言したりと割と器用に使えるので抜かなくてもよかったかなーってあとから思いました

 トーチHEROだと簡単にEXモンスターゾーンの前を2ヵ所埋めて相手のトーチをケア出来るのでいいですが純HEROだとアライブが絡まないと2ヵ所埋められなくて禁止令の上からトーチが暴れてくる可能性があるので微妙かもしれないです

 ▼フェイク・ヒーロー

 エアー+フェイクヒーローでダークロウにいけるので被りの弱さを考慮して純HEROなら1枚はありだと思います

 ただトーチHEROだとトーチ展開に誘発を食らった場合相手の場にトーチが残るのでこのカードでミストssしてもデメリットの為にマスク撃たなくてはいけなくて+オネスティまで持っていけないという使いづらさがあったので今回は採用しませんでした

 ▼魔導契約の扉

 最初は入れていたんですがHEROの魔法って初動か展開補助がほとんどなので自分の動きを成立させるのでいっぱいいっぱいで意外と相手に魔法を渡すほど余裕がなくて浮く場面がちらほらあったので抜きました

 ▼群雄割拠

 トーチ展開に誘発を撃たれてトークンしかいない状態で撃ってしまうと相手にそのトークンを放置されて溜めこまれてから盤面を作られてしまうのがかなり弱かったので入れませんでした 

 もしそこで撃たないのなら妨害としても機能していないので違うカードの方がいいなと 
 
 【総括】

 はい、ということでここまで読んでいただきありがとうございます

 まだまだ発展途上でもっと良い構築があると思いますが僕の考えが少しでも参考になったのなら幸いです

 正直ここまで色々書いておいてなんですが僕が今後CSに出るとしてまたトーチHEROを使うかと言われると微妙なところです

 それは何故かというとトップシェアのSPYRALが使うトーチゴーレムが1番強いと思うからです

 SPYRALの場合元々ほとんどの誘発を食らうデッキなのでトーチゴーレムに誘発を食らって負けても割り切れますが上述している通り本来うらら以外の誘発が食らいづらいデッキがわざわざリスク背負って入れるべきなのか僕はいまいち納得出来ません

 本来はHEROはリスクの少ない動きでうらら以外の誘発をかわしながらダークロウを狙ったりオネスティを構えながらのハイビートが強みでもあるのでそことも噛み合ってもないんですよね

 もちろんダークロウ率が上がったりデッキパワーが上がったりするリターンもありますがそれはすなわち手札誘発を食らわない前提でその体で考えるのならばトーチ+エアーよりもトーチ+ジーニアスの展開をした方が圧倒的に強いです

 深く考えなくてもダークロウ+αよりトライゲートボルテックワイヤーの方が強いですし

 悲しいことに僕はそれが現実だと思っていてトーチHEROというものはEM全盛期だった頃のEMHEROや十二獣HEROに近いものをかなり感じています

 メインギミックで無理なくスマートに取り込んだプトレやバハシャ餅カエルとはまた別のものだと思っています

 もちろんHEROで勝ちたいからという理由でトーチゴーレムを入れるのは全然ありなんですが僕はトップシェアの方が強い動きが出来るカードをあまり好きになれないのでEMHEROも十二獣HEROもすぐ止めましたし恐らくトーチHEROも好きにはなれないでしょう

 実際使っていて楽しいのは間違いなくてCS等を考えなければ普通に使いますし純HEROのデッキパワーが足らないのもまた事実です

 まぁそこら辺が最近HEROの使用率、入賞率が落ちている理由だと思います

 トーチのパワーが高いのは分かりますがそこに目がくらんで思考停止で入れないでしっかりメリット、デメリットを考えてから入れた方がいいと思います 
 
 1つの案としてはHERO相手にサイド後はGやさくらを抜いてくることがほとんどだと思うので誘発が抜けてくる先攻用でサイドトーチにして+禁止令や我が身も入れて元々うららには強いトーチの残りの裏目のうさぎを意識したサイドチェンジをしてみたり後攻の場合は対SPYRALだと簡単にEXモンスターゾーンの前を塞がれて弱いのであまり展開力のないデッキ相手にだけ入れるみたいな使い方もありかもしれません

 まぁサイド後の為だけにかなりエクストラの枠をかなり使うのには抵抗があるのは分かりますし何もそれが正解ってわけではなくてトーチゴーレムを入れることによってのリターンを考えてただ入れるのではなくもっと根本的に生かす構築にした方がいいのではと思いました

 ちなみにですが最近よくHEROにもトーチゴーレムは必須ですか?と聞かれるのですがこういう理由で僕はなしでも全然いいと思っています

 話はちょっと変わりますが今月末にはリンクヴレイズパックという新しいパックが発売して噂だと聖騎士やヴェルズのリンクモンスターも出るらしいのそこで戦士2体やレベル4モンスター2体のヤバいリンクモンスターが出てくれたらついでにHEROも強化されてトーチを入れなくても済むかもしれないので僕はそっちにかなり期待しています

 最初はSPYRALの対抗馬として話題になったHEROですが最近はすっかりと息を潜めてしまっているので新規にも期待しつつ正解の構築を作って頑張りたいところです

 もし何か質問等があればツイッター(@RED1002019)でのリプライかこの記事のコメント、どちらでも大丈夫なので気軽に聞いてください(^0^)

 ってことで、またいつか
スポンサーサイト

SPYRAL環境を見据えてのHEROの構築

 はいどうもー

 なんだかんだで3週間くらい更新しないでいてちょっと焦りました

 何回も言ってた誰得の前期アニメの感想記事もまだ書いてないので今期アニメの感想記事を書く時に一緒に載せたいと思います…

 さてしょーもない前置きはこれくらいにしてついに出ましたね、新しい改訂が

 僕的にはスパイラルがノータッチなのはなんとなく分かっていたのでテラフォがかかってくれただけマシかなって思います

 恐竜も流石に選考会、世界大会で暴れていたので規制は間逃れず真竜だけが想像以上にボコボコにされてちょっと笑ってしまいました

 まぁマスターも復活もアレイスターもカードパワーでいったら普通に頭おかしいと思ってたのでDとマスターだけではなく徹底してくれたのは嬉しいです

 個人的には機械複製術、盆回し、スケープゴート、芝刈り辺りも規制してほしかったり、ミストは駄目でもせめてセカンドくらい2枚にしてほしかったんですけど流石に欲張りでしたね

 そして話題になっている来期強いデッキと言えば特に改めて言うこともなくスパイラルです

 最終盤面だけでいったら前期暴れまわっていた恐竜よりも酷く一部では対応力のあるインフェルニティとかシンクロダークの再来とまで言われています
 
 そんなヤバいヤバい言われている中僕が来期使うデッキといえば………

 あ、そんな溜めなくても分かるって?あ、はいはいそうです、HEROです

 前期終盤から怒涛の快進撃を見せどうして急にこんないきなり勝ちだしたと言われたHEROです

 その勢いは未だに続いていて来期スパイラルに対抗出来るデッキはHEROなのではないかとまた話題になっています

 ということで今回は来期HERO組むに当たってどう構築するべきかを軽く話していきたいと思います

 これは考察記事とかでなくほぼほぼ僕の頭の中を整理する意味合いで書いているのでもし内容が薄いと感じても悪しからず

 ではまず前期終盤に使っていたデッキレシピから載せていきます

 蘇生

 ※エクストラの1枚はリンクリボー

 前期はどのデッキ相手も誘発+オネスティでの打点ゲーが強かったのでそこまで先攻ダークロウには拘らず今まで長年HEROを支えたブリキンギョを抜いてブレイズマンやヴァイオンからミストを落とし4枚の蘇生カードを駆使しながら戦うのが主な戦術でした

 この構築の細かいカードの採用理由や実際の試合内容が気になる方は他の記事に沢山書いてあるのでそっちを読んでもらえると助かります

 話を戻して来期スパイラル1強環境を考えてここからどう構築していくか

 ▼1.手札誘発の選択

 恐らくほとんど人は分かっていると思いますがスパイラル相手の後手は誘発を持っていないゲームはほぼ負けに繋がります

 なので誘発をメインから沢山積めて且つメインギミックのダークロウが強いHEROが注目されているわけですが何の手札誘発を入れるか悩ましいですね

 選択肢はうらら、うさぎ、さくら、ドロール、DDクロウ、増殖するG、応戦するG、エフェクトヴェーラー、スカルマイスターのここら辺だと思います

 とりあえず僕的にはメインにうらら、うさぎ、ドロール辺りを入れてサイドにクロウ、スカルマイスター、さくら辺りから良さげなカードを入れようかなと

 ・クロウ

 墓地のジーニアス、ビッグレッド、ワンチャン副葬で落としたカード?辺りに撃つのが強そうです

 ただ複製術やワンフォーワンからの展開、へリックスからグレースが出てきてアドを取られる展開の時どうなのか?とちょっとだけ不安要素もあります

 基本的にはこのカード単体で動きを止めるというよりは他の誘発と被せて止めるって考えた方がいいかもしれませんね

 ・スカルマイスターほぼほぼグレースか墓地のミッションカードにしか撃つ場所はなさそうです

 実際にスパイラル相手に撃ったことがないので分からないのですがグレースのサーチを止められるのは良いですね

 ・さくら

 後手で撃ったら強そう(小並感)

 ただ手札全部使われてこのカードの上からエクストラリンクされたり最強耐性ボルテックスビート構えたりと一応他の勝ち筋がないわけではないと思うのである程度デッキの地力がないと微妙そうです

 あと仕方がないことではあるんですけど増殖するGがない時にドローンで6枚目にされて展開終わった後に引かされたらくそ萎えそうですw

 応戦は複製、ワンフォーワン、ビッグレッドに撃てて出れば強そうではあるけど果たして

 ヴェーラーはリゾートの対象にされないって文がなければ採用していました

 一応FWDには撃てますがそこに撃ってる頃には手遅れ感が…

 ▼2.ブレイズマン&ヴァイオン+蘇生罠

 前期の安定初動&テンプレ枠と言っても過言ではないこの部分ですが初動を考えるならばかなり強くていいんですけどスパイラル相手の後攻の時に落としてからミスト蘇生なんてやっている暇があるのかという不安ですね

 ただ誘発で先攻展開止めてその返しにまた動かれた時戦線復帰からHEROを蘇生してサーチ効果を使ってデッキトップリセットから運ゲーに持ち込んで勝つってことがちょっとだけありましたw

 ここをキンギョやサモプリなどの初動からダークロウに繋がるカードに変えるかそれとも後攻を意識して誘発の枠にするか悩ましいところです

 あとは蘇生罠の代わりに即効性を考えてマスクチャージもありだと思いますがマスクチャージはしっかり動けている前提のカードでもあるので安定感を考えると僕はちょっと好きになれないんですよね
 
 ずっと前にブログで書いたんですがたとえばエアーマン×蘇生罠ならワンチャンあってもそれがマスクチャージの場合はトップでマスク素引き又はマスクにアクセス出来るカードを引かなくてはいけないので

 まぁサイド後のタフネスとかも考えると来期は選択肢としてはありなカードだと思います

 ▼3.メインにサイクロン系のありなし

 前期は真竜がいたりチェーン2コズミックで九支撃ちぬいたりと長い間メインに必須枠としていたコズミックサイクロンですが果たして来期はいるのか

 先攻で伏せてフィールド魔法を撃ちぬいたり後攻からでもスパイラル罠を退かす為にも使えるので弱くはなさそうなんですがいまいちこれに撃ちたいってカードもなくそれだったら盤面に触れられるカードの方がいいのかなーと思ったり

 HEROミラーでも今のHEROは罠がかなり薄いので割りたいカードもそこまでなくて微妙ですし

 まぁとりあえずは入れて回してみると思いますが今までのようにメインに必須枠というわけではなくなったと思います
 
 4.エクストラ
 
 前期はリトスアジムのエクストラ除外やロストワールドのトークンを考慮したりとかなり恐竜にエクストラの選択を絞られていました

 ただ来期はそういうこともなくホープセットとリンクリボーをやっと抜くことが出来るのでエクストラが3枠空きます

 とりあえずキンギョを入れるとしたら先攻でダークロウが立たない時の保険として深淵、効果を使った深淵やカステルの上からEXのモンスターを出す為に変換出来るコードトーカー

 あと1枠は正直何でもいいと思っているので光牙、ダイヤウルフ、ブレードハード、ガガガザムライ、さくら用のへリックス辺りの中のどれかがいいかなって思います

 正直コードトーカーもそこまで必須枠ってわけでもないので来期は意外とエクストラに余裕がありそうです

 

 とまぁ本当に僕の中でのメモ帳代わりみたいなものだったのでいつもみたいながっつり書いた内容ではないですが少しでも参考になったら幸いです

 正直前期あれほどHEROが勝てたのは1番に環境のデッキの数の多さとHEROのシェア率の少なさからメタが回ってこないというのが大きな勝因でした

 もちろん誘発をかなり入れられてダークロウが恐竜に対してかなり強かったっていうのもありますけど恐竜が全体除去を入れて本気で潰しにこられたらあそこまで勝つことは厳しかったと思われます

 そして来期は前期の環境デッキが軒並み規制され、さらに最近の噂具合からHEROへのメタもしっかり入ってくるでしょう

 そうなるとデッキパワー自体はないHEROが勝つのは難しい気もしてきます

 なので来期は如何にスパイラルの構築の変化とメタに対応出来るかが1番の課題です

 色々考えなくてはいけない事があるのでその段階できついと判断しスパイラルに移るのが得策かもしれないですが僕は今までHEROがワンチャンありそうな環境はずっと使ってきたのでもうしばらく頑張ってみたいと思います

 正直環境頭でHEROメタががっつり入ってきて環境からHEROが減ってメタが薄くなったタイミングで使うのが1番良いかなとか思ったり…

 十二環境に比べたら相性的にもかなりマシな部分もあるのでなんとか勝てるように色々考えてみます

 とりあえず今週末にCSがあるのでそこで結果を残せるにように頑張ります!

 ってことで、またいつか



 

HERO デッキ解説

 はい、どうもー

 今回は前回言っていた通り魔弾のパック発売前までの今期のHEROの構築について話していきたいと思います

 正直新弾が出たことによってまた環境や構築が変わりそうなのでタイミング的には微妙かなーと思いつつ今期は下手したらもうCSに出ない可能性があってここで書かないと書くタイミングがなくなりそうだったので今回書くことに決めました

 それに新弾までのまさかこのタイミングで最近色々な場所でHEROが勝っている姿を目撃し書くなら今しかないって思ったのも理由の1つですw

 ってことで改訂後~新弾前までの環境とその時の構築を振り返りながら詳しい解説に入っていきたいと思います

  

 【環境】

DDuZTEQVoAANDbu.jpg

DDuZTERVoAAFTiZ.jpg

 7/2 東京遊戯CS 3人チーム戦

 個人3-2 

 これが今期初CSでした

 この時はヴェーラーがかなり流行っていて既存のブリキンギョ型では厳しいと考えブレイズマン&ヴァイオン+蘇生罠を組み込んだ型で挑みました

 実際に使ってみてそこまで悪くはなかったんですが環境初期特有の荒削りな部分が判明し、またこの時無視していたABCと真竜メタルセフィラに綺麗に負けて2敗が付くというフラグ回収ぶりを見せたので次のCSからはしっかりと意識していこうと心に決めました

 連戦

 連戦2
 
 7/23 町田CS 3人チーム戦

 個人4-0

 7/24 東京遊戯CS 5人チーム戦

 個人4-0

 拮抗勝負とかのパック発売後のCSです

 期待していた新規のアカシックマジシャン、マスターボーイは発売してすぐに試してHEROには組み込めないと判断し悲しい気持ちになりました

 拮抗勝負も環境的に微妙で入らずABC、真竜メタルセフィラのシェアが増加し恐竜のロストワールドの存在からメインにうさぎの投入とサイドをちょっとだけ変えてCSに臨みました

 結果はまさかの2日間で負けなし

 サイコロも3-5だったのにメイン7-1という色々な噛み合いっぷりを見せる2日間でした

 DGdmnu7V0AEPDih.jpg

 DGdmnu8UwAA0hte.jpg

 8/5 足立CS 3人チーム戦

 個人3-1

 前回負けなしだったことから微調整した部分もしっかりと正しかったと判断しエクストラとサイドだけちょっと変えてあとはそのままで出ました 

 【メイン】

 ▼E・HERO エアーマン×2枚
 
 ▼E・HERO シャドー・ミスト

 ▼ゴブリンドバーグ

 ▼E-エマージェンシーコール×3枚

 ▼ヒーローアライブ×3枚

 ▼マスク・チェンジ×3枚

▼マスク・チェンジ・セカンド 
 
 ▼増援

 ここは初動兼ダークロウにアクセスするカードです

 ドバーグはヴェーラーを食らうリスク以上に増援でサーチ出来るメリットの方が大きいのでキンギョが抜けた今でも入っています

 たまにマスクセカンドがコストが重たいからという理由で入っていない構築を見かけますがあらゆる手札誘発が蔓延としている今期マスク素引きが何の誘発も効かないでダークロウにアクセス出来て1番強いので入れざるを得ないカードだと思っています

 それにせっかくヴァイオン複数積みでマスク素引きしていても浮きづらい構築になっているのに入れないっていうのもちょっともったいない気がします

 ▼E・HERO オネスティ・ネオス×2枚

 今期も真竜や真竜皇、あとは後手からドラゴンバスターを捲る時にも使ったりするので最低1枚は必須カードだと思います

 最初は1枚でやっていたんですが強欲貪欲で飛んだ時にヤバい場合が多かったりあとは今期は意外と殴り合いになるケースや後手からダークロウで返す時に必要でその返し用として2枚目が欲しくなるケースが割とあったので途中から増やしました

 ▼V・HERO ヴァイオン×2枚

 今回のデッキコンセプトの要の1枚

 最初は1枚でやっていましたが初動事故で蘇生罠が浮いてしまうというケースが最初の東京遊戯の時に2試合も起こってしまったので増やしました

 3枚にするかも悩んだんですが蘇生系4枚に対してヴァイオン3+ブレイズマン+サーチ系と考えると蘇生系を引いてない時にモンスターを引きすぎた場合浮く可能性があると判断し2枚で抑えておきました

 ヴァイオンは最低2枚入れておけばヴァイオンスタートの時にミストでヴァイオンサーチしておけばもし戦線復帰をサイク系されてもミストssからマスク回収してミストが破壊された場合でも返しにダークロウを出せる事が出来ます

 あとここはダイヤモンドガイやディシジョンガイと悩まれる部分ですが僕はこのカードが1番だと思っています

 ダイヤモンドガイは昔と違いエクシーズモンスターを沢山並べることが出来ない為このカードの効果で落としておいしい魔法カードがほとんどなくそのワンチャンに期待も出来ません

 ディシジョンガイは地味に先攻クリスタルや中級真竜への時間稼ぎになってくれたり中盤以降はエアーマンやオネスティなどを回収出来るので弱くはないんですがそこまでHEROが循環しているなら別になくてもどうにかなると判断しました

 その中で僕がヴァイオンを選択した理由は初動の時を考慮してです

 HEROの負け筋の1つとしては初動でまともなモンスターを引けないで負けるというものがあってその時にヴァイオンならばミスト落としからエアーマンをサーチして次のターンにエアー→エアーでさらに後続を繋いでいく選択肢が作れます

 もしマスクと素引きした場合は残りの3枚でダークロウを守っていくことになりますが今のHEROは妨害以外+でダークロウオネスティを構えないといけない場面が多くてそういう意味でもヴァイオンじゃないと駄目だったっていう時が結構ありました

 それに今回は蘇生罠を大量に採用しているのでそこと一緒に引いた時の事を考えたら尚更ヴァイオン優先ですね

 今期はしっかりとダークロウ+αという盤面を作れればなんとかなると思っているのであまり期待できないダイヤモンドガイや割と勝ちを勝ちにするカードのディシジョンガイよりも初動が微妙な立ち上がりの時にワンチャン作れるヴァイオンの方がいいと思ってます

 ▼E・HERO ブレイズマン

 キンギョを抜くとそれはそれで大きな弊害が起こりそれは主にサーチ系のパワーダウンです

 ルール変更後は以前とは異なりEXモンスターを複数体並べられるわけではないので基本的にダークロウを場に出すことを1番の目的としていました

 そこで1つのパターンとしてあったのがサーチ系でミスト回収からキンギョミストの流れでその流れを除くと4枚のマスクチェンジ又はドバーグ(増援)を引いていないとミストを回収する旨みがほとんどなくなってしまうのです

 かと言ってエアーマンを回収しても相手からしたらダークロウが出てこない安心感しか与えず何のプレッシャーになりません

 なのでそういう意味も込めてキンギョやサモプリの代わりに入れたギミックがヴァイオン複数枚+蘇生罠でした

 今までと違って1ターンのラグが発生してしまうのがちょっと問題点なのですが今期に関しては意外と誘発や妨害~2枚くらいでターンが返ってくることが多いのでそこに関してはそこまで気になりませんでした

 例えヴァイオンにヴェーラーやうららを食らっても自身が闇属性HEROなのもあってマスクを素引きしていればどうにかなったりむしろそこにうららを当てさせることにより強欲貪欲が通ったりなんてことも割とありました

 少し話が逸れましたが蘇生罠を複数枚入れたのはいいけれどヴァイオンはEコールでサーチすることが出来ないので結局サーチ系とだけ一緒に引くとミスト召喚エンドみたいな感じで相手からの破壊を待たなくてはいけないくて微妙でした

 そこで目を付けたのがかなり久しぶりの登場ブレイズマンです

 Eコールと蘇生罠しかない時に持ってくるモンスターとしてはかなり優秀です

 ヴェーラー食らった時だけは弱いのでそこだけ割りきりになっちゃうんですがアレイスターに処理されない打点もあってキンギョほど妨害を食らってきつくもないのでそういう意味ではまだマシです

 あとは単純にグダった時とかにアライブから出せるHEROが足りなくなることがたまにあったのでそこを増やせるのも○

 まさかヴァイオン出た今になってこのカードを使うことになるとは思いもしませんでしたw

 ▼手札誘発

 メインに手札誘発を入れるとしても最初は何を入れるかでかなり悩みました

 とりあえずもはや説明はいらないであろう、うららは3枚からスタート

 恐竜に当てどころが多くて召喚真竜相手には魔法使いモンスターを止められる、ABC相手には後攻ならエンシェントフェアリー、こっちが先攻ならこけこっこに撃ってランク4を止められるという点から腐ることはほぼほぼないだろうと判断しヴェーラーも3枚

 そして恐竜に対して強くて召喚真竜相手にも1枚までなら引いてもギリギリ許される増殖するGを1枚入れました

 最初はトップシェアの恐竜に対して強さにムラがあると思ってうさぎより月の書を優先したのですが途中から真竜皇入りの構築がかなり増えてきたのでメインに入れても腐ることはないと判断しこっちに変えました

 本当に戦闘破壊耐性のアークデクレアラーがきつくてメインにうさぎか月か聖杯のどれかは必須だと思っていたので似た役割の月の書からうさぎへの変更って理由もあります

 あとは真竜皇入りが増えたことによりロストワールドとの遭遇回数も増え無視出来なくなったっていうのが理由の1つです

 あのカードは本当にHERO殺しと言わんばかりの効果であれが通ってしまうだけで

 トークンが出てくるからアライブ発動不可、対象に取れなくなるのでマスク、オネスティ発動不可

 とHEROの根本的な動きが潰されてしまいこれは月の書でカバー出来る範囲ではないのでうさぎに軍配が上がりました

 このカードを入れないとサイチェン後までサイク系を残さなくちゃいけなくなったりとサイチェンプランが歪み始めるのも×

 うさぎを入れるだけで

 ・D絡みの多段的な攻めを減らせる

 ・ロストワールドの為にサイド後もサイク系を残さなくて済む

 ・HEROがかなりキツい戦闘破壊耐性のアークデクレアラーへのアクセスを妨害出来る

 となりメリットがあります

 他にも前のCSの成績が3-2でその2敗がABCと真竜メタルセフィラという両方ともうさぎを入れたい相手だったので今回はそこに対しても意識を強めたっていうのがあります

 新弾によってABCのシェア率も増えメタル系のデッキも最近増えていましたからね

 召喚真竜相手もきついDに撃つことが可能でこっちが先攻でダークロウを出せる場面ならアレイスターに撃つのも結構強くて環境的に前に比べてだいぶ入れやすくなったんじゃないかなーって思います 

 ▼コズミック・サイクロン×3枚

 ギミック的に1番不利な真竜を意識してメインに3枚採用です

恐竜に対してもチェーン2で九支に対して撃つことによりもし無効にされてもリフンのタイミングを逃させアークデクレアラーの成立を阻止出来ます
 
 ▼強欲で貪欲な壺×2枚

 蘇生系を多く入れている関係上このカードでミストが飛ぶと一気にパワーが落ちてしまうカードが多いので途中で1回0まで減らしたんですが回数をこなしていくとミスト自体にヴェーラーを食らった時にマスクも蘇生系もないと結構しんどい時が多かったり上述している通り誘発をすり抜けられるマスクチェンジを素引きが1番強いのでそこを引きにいく目的として結局2枚入れました

 ▼死者蘇生

 ▼戦線復帰

 ミストを蘇生させるのが本当に強いです

 ダークロウ突破の為にリソース使わせてからのおかわりダークロウの悪さといったら

 リビングデッドでなく戦線復帰なのは単純にサイクロン系を撃たれた時のことを考慮してですね

 もちろんリビングデッドにも強みはあるんですが僕は今のところ戦線復帰にしていて負けたことはないのでありがちなチェーンサイクを意識して戦線復帰を優先させています

 ▼神の警告

 ▼神の宣告

 どのデッキ相手も先攻で引いた時は有効な罠なので文句なしのメイン採用 

 【エクストラ】

 ▼リンクリボー

 上述している通りロストワールドがかなりヤバいのでさうぎを引いていない場合でもトークンを処理出来るように採用しました

 1回場に出てしまえばあとはフリーチェーンで蘇生出来るのでそのあとのロストワールドに苦しまなくてもいいのも○

 本当にHEROはロストワールドがきついので必須枠だと思います

 ▼M・HERO ダーク・ロウ×2枚

 このデッキを使う1番の理由

 リトスアジムや蘇生罠からおかわりダークロウする事を考えたら最低2枚は必要だと思います

 ▼M・HERO 闇鬼

 今期はリトスアジムやダイナマイトK、召喚獣の融合モンスターなど2500打点ラインが存在するのでそこら辺を倒す為にも1枚は必要です

 リトスアジムのEX除外を考えて2枚にするか悩みましたがそこまでリトスアジムが単騎で場に残っていることもなく残っている場合はドラゴニックDが貼ってあって攻撃力が上がっている時が多かったので1枚でいいかなって思いました

 ただ闇鬼+闇鬼+オネスティのたまにマスクが被っている時や誘発を当ててオヴィラプターに対してアライブエアーから8000超えたりするパターンもありますし2枚に増やすのはなしではないと思います

 あと地味にオネスティ×聖杯と合わせて攻撃力5700で直接攻撃出来るので覚えておいて損はないと思います

 ▼M・HERO カミカゼ

 ▼M・HERO ブラスト

 どっちも必須カードです

 カミカゼは上述している通り今期は2500打点ラインがあるのでそこを超えられるカミカゼと召喚獣相手に出した場合融合体でこのカードを突破することが不可能なので場持ちがかなり良いです

 恐らく返しにライディーンを出されて場が固まるのでこっちが追加のエアーマン(オネスティ)と返しのアレイスターを止めるカードかあっちが先に真竜要素でカミカゼ退かすかのゲームになると思います

 ブラストはABC相手にかなり強いので相手のデコードドラゴンバスターを返す時にダークロウブラストで返したり単純に格納庫をバウンスしてドラゴンバスターの成立を妨害出来るので場合によってはダークロウより優先して出す時もあります

 メタル相手もコンビネーション戻したりとバウンス効果が今期はかなり強いので割と使います

 他にも前よりエアーマンの枚数が増えた事により単純に風マスクHEROの出番が増えたのもありますしエアー→オネスティサーチ→マスク→マスクの流れて相手の動きによっては最後にブラストオネスティと構えて真竜罠をケアしながらワンキルまでいったりすることも可能です

 ちなみにブラストで復活を戻した場合は返しに復活セットしてからドラゴニックDの効果を使われることが多いのですがそういう時はしっかりとドラゴニックDの効果にチェーンでブラストの効果でセットの復活を戻しにいきましょう

 ▼No.39 希望皇ホープ ×2枚

 ▼SNo.39 希望皇ホープONE

 ▼No.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング×2枚

 GWの時はリトスアジムを意識しての2セットです

 ここが飛ぶとエクストラで綺麗にボウテンコウを処理出来るカードがなくなってしまい面倒なケースになる可能性が高いです

 ホープレイよりONEなのはドラゴンバスター分離後のユニオンを全部飛ばせる可能性を考慮してホープレイよりONE優先しています

 あとは例えばキンギアライブみたいなハンドの時にアライブ→エアー→キンギョミスト(ミスト効果破棄)→キンギョミストでライトニングssでバトルフェイズに効果で素材のミスト外してミストでオネスティサーチってすると合計が1800+2500+5000=9300ってうさぎをケアしつつ1300以上のモンスターの上からワンキル出来たりします

 このワンキルを止める場合はエアーかキンギョにうさぎを当てるしかないというかなり弱い撃ち方になりこのワンキルパターンを知らない相手はうさぎをミストに当ててやるって考えの人が多いので意外と決まったりするので覚えておいて損はないと思います

 もし例えエアーやキンギョに撃たれたら普通にミストの効果でマスクサーチすればいいだけなのでかなり自然な流れでワンキルに向かえるのが◎
 
 ▼鳥銃士カステル

 このカードの1番の採用理由は真竜の復活ぐるぐるを阻止する為ですね

 復活を割れるカードがない時にこのカードが入ってないと割れるカードを引くまでひたすら真竜を蘇生されてそれだけで負ける可能性が十分にあるからです

 今期は先攻ダイナマイトK召喚の返しにアクションを起こして復活発動されてってよくある場面ですからね

 あとはフィールド魔法や装備されているBを退かす時に割りと使います

 似た役割のカステルとダイヤウルフを一緒に入れて状況によって使い分けるとありだと思うんですけど僕の中ではカステルよりダイヤウルフを優先することはなさそうです

 ▼励輝士 ヴェルズビュート

 正直使用頻度はかなり低いですが主に命削り真竜などの真竜系相手を考慮して1枚採用

 ▼機甲忍者ブレード・ハート

 バブルマンを抜いたことによって使用頻度が落ち明確に使う場面はありませんが一応枠

 キンギョやサモプリを抜いてザムライにしている理由がないのでこっちに変えました

ここを抜いて闇鬼2枚目の方がいいかもしれません

 ▼No.41 泥睡魔獣バグースカ

 バブルマンを抜いてからはかなり使用頻度が落ちましたが他のカードには出来ない役割があるので1枚採用

 僕的には恐竜相手には深淵より先出しで安心出来ると思っているのもありますしそれに+でアレイスターや最近はかなり数が減りましたが今までランク4じゃ手が届かなかったWWギミックに対して蓋出来るのも○

 たまーに試合の流れで相手の場にデコードを使わないドラゴンバスターがいてこっちがドバーグエアーとかして除外効果を使ってこなかった場合はバグースカを出して3ターンの間に通告かミスト+マスクなどのメインギミックで突破出来るカードを引けるかのゲームに持ち込んだりする時ももしかしたらあるので頭に入れておきましょう 

 【サイド】

 ▼スカル・マイスター×3枚

 ▼増殖するG×2枚

 ほぼほぼ恐竜用のカードです

 恐竜の為だけにあんまり枠を取りたくなくて増殖するGは減らそうかも考えました

 正直先攻ボウテンコウに対してもあんまりなのですがこのカードがないと相手のハンドの質によっては他の誘発を乗り越えてVFDとか出されたり真竜皇絡みの暴れ展開を考慮すると結局抜くに抜けませんでした

 ▼ハーピィの羽根帚

 基本的に恐竜以外の大体のデッキ相手の後攻で入れます

 メインに入ってないのは先攻で引いた時に浮きやすく-1になりやすいからです

 ▼サイクロン×2枚

 ▼ツインツイスター×2枚

 ここはCSの度にどうしようか迷ってて最近命削りが増えているような気がしたので最終的にツインツイスターも入れました

 2:2にしているのはサイドチェンジの入れ替え枚数を考慮してです 

 ▼禁じられた聖杯×3枚

 主に恐竜や真竜相手の後攻の時に入れます

 特に恐竜相手は普通にオヴィラプターを止めるだけではなくうさぎに+して6枚体制で竜星のシンクロ効果を止めにいきます

 そこさえ止めてしまえばあとは散らばった竜星をダークロウなりライトニングなりで簡単に処理出来るので全力でそこを止めにいきます

 もし誘発でボウテンコウが出てこなかったとしてもその後絶対どこかのタイミングで出てくるオヴィラプターに撃てるのでほぼほぼ浮くことがないのも○

 ▼神の通告

 環境的には普通にメイン採用もありなカードなんですが蘇生罠を多く入れている都合上先攻用のカードを多く入れすぎるのも駄目だと思いサイドにしました

 メインの先攻はダークロウが立つかもし立たなくても手札誘発だけでも事足りることが多いと思っているので後攻を意識するとサイドで十分だと思います 

 【不採用カード】

 ▼カオス・ソルジャー -開闢の使者-

 今の構築だとHEROにさえアクセスすれば簡単に召喚条件を揃えられるので1枚ならかなりありです

 ちょっと試す時間がなくて入れてなかったのでツイッターで呟いたらフォロワーの方が入れて中型非公認で入賞していたのでやっぱり強かったみたいです

 ヴァイオン+開闢で攻撃力1500以下のモンスターの上からワンキルも出来たりします

 ▼E・HERO バブルマン

 最初は入れていたんですがメインにうさぎを入れてからかなり出しづらくなってほとんどサーチもしなくなり素引きもあまり強くはないのでオネスティ2枚目に変えました

 ▼ブリキンギョ  

 元々ヴェーラーが流行っていて抜いたのですが最近は減少気味な気がするのでまた戻してもいいかもしれないです

 ただルール変更後のキンギョは初動以外弱くて今期は十二真竜環境みたいに後手からもランク4を狙う環境でもないのでしばらくはなしのまま続けていこうかと思っています

 ▼アーティファクト-ロンギヌス

 恐竜相手は墓地にミセラが残ってリソースを吐かせられなかったりダークロウ成立後の相性の悪さから×

 ABC相手はただの1ターンスキップにしかならないので次のターンにドラゴンバスターを止められるカードを引いていないと駄目っていうのも僕的には×

 召喚真竜相手はきつい部分が召喚獣要素ではないのでヴェーラーも入っているしいらないかなと

 HEROの場合は恐竜相手に先攻ダークロウ+ヴェーラーでオヴィラプターからドゴランサーチをケアする役目もあるのでヴェーラーより優先することもないと思います

 ▼壊獣

 連戦直前まではアカシックマジシャンとセットで入れていたんですが恐竜相手のサイチェンの時に先攻でうさぎかコズミックを残さなくちゃいけないのは駄目だと思って聖杯に変えました

 ▼M・HERO 光牙

 メインに光属性の誘発を6枚投入ということから+セカンドを引いていて他にモンスターを引けていない時のワンチャン用+ブレイズマンでオネスティを落とせば2500打点になるので+光牙の効果で大ダメージ与えられる可能性があります

 前の構築だとオネスティが1だったんでブレイズマンで落とす機会なんてほぼほぼなかったんですけどオネスティ2枚構築なら割とあるので普通にこのカードの採用はありだと思います

 ▼ブラック・ローズ・ドラゴン

 ここは別に他の7シンクロでもいいんですが3チューナーが6枚も入っているのでもしかしたら枠って感じですね

 ただ僕はなくて負けた事がないので入ってないです

 そもそもこのカードを使う場面は恐らく事故っている時の蘇生でチューナー蘇生(もし動けてているなら大体ダークロウかランク4でどうにかなる場面が多い)、ドバーグ+誘発被り(1枚とかの時は前のターンに使っていることが多い)くらいだと思っていて僕が調整してる中ではその場面は全くきませんでした

 ▼A・O・J カタストル

 これもヴェーラーが入っている故のワンチャン枠です

 別に他の5シンクロでもいいんですが恐らくこのカードが1番マシかなと

 未だになくて負けたことはなくて1回あったらなーと思ったレベルなのでまぁ本当に候補程度です

 ▼インヴェルズ・ローチ

 ドラゴンマスターやアルコンケアの蓋として一瞬考えましたが流石にレアケースな気がしたので結局試してすらいません 

 ▼アカシック・マジシャン

 このカードで壊獣を回収するのは強いのですが基本的にこのカードを出すパターンがドバーグ絡みでそれならアカシックを作るよりダークロウを優先した方が強いと判断しなしになりました

 恐らく壊獣+アライブ+ドバーグでアカシックダークロウが1番の理想なのですがもはやそこまで全部通るならオーバーキル感があってそれなら違うカードでいいのではと

 オオルリとかを入れてアカシックダークロウ特化の構築とかも考えましたが寄せれば寄せる程デッキのモンスターの数が増えG食らった時の残りのハンドの浮き方が凄かったのでやめました

 元々今期はダークロウを維持または破壊されても蘇生罠からおかわりダークロウで残りのリソースを奪いにいくのが主な戦い方なのでそこまで無理してメインモンスターゾーンにダークロウを出す事に拘らなくていいかなと思っています 

 ▼マスター・ボーイ

 普通の展開方法で水モンスター+ミスト+ランク4は消費枚数的に現実的ではなくマスターボーイ+ダークロウだけでもハンド3枚消費って考えるとかなり重たいのでなしになりました

 他にサブギミックを入れたりすれば消費を抑えて展開する事も可能ですがメインの枠を圧迫したりデッキに引いて弱いカードを入れる、そして手札誘発にさらに弱くなることを考えるとそこまでリスク背負うくらいなら使う意味は薄いと思います

 一応ダークロウを捨てればマスタボーイ+バハシャ餅くらいなら可能ですがもはやそこまでいくとHEROでやる意味はあるのか状態です

 普通に魚系のデッキで使った方が良いのではと思ってしまいます 

 ▼ナイトショット

 本来恐竜相手のサイク系は九支に引っかかってその後シンクロでアークが出てきたり運が悪いと戦線復帰を抜いたりみたいなあまり強い使い方は出来ないのですがこっちだとGとかをチェーンされない限りほぼほぼ裏目んないのが○

 九支を割ってライトニングでボウテンコウを退かしたり逆に九支を撃たせてから横の伏せをナイトショットで退かしたりと使い勝手はそこまで悪くなかったんですが今回は聖杯とサイクロン系を増やしたかったので泣く泣く抜きました

 ついでに言うとこの前恐竜竜星と当たったので抜いたのを若干後悔しました

 ▼聖なるバリア -ミラーフォース

 真竜相手には割と強いんですけどそこは別にサイクロン系でも十分で恐竜相手の後手は誘発大量投入と噛み合ってないので入れませんでした

 ▼拮抗勝負

 環境デッキでまともに入れて強い相手が命削り真竜相手くらいしかいなく結局真竜系相手は中級真竜とかが残るので微妙だと判断しやめました

 今の環境なら壊獣もセットで入れてやっとワンチャンだと思っていてサイドに壊獣を入れるスペースがないっていうのも理由の1つです 

 【環境デッキへのサイドチェンジと立ち回り】

 対恐竜竜星真竜皇

 先攻時

 in 増殖するG 聖杯3 通告2

 out うさぎ3 コズミックサイクロン3

 後攻時

 in 増殖するG2 スカルマイスター3 聖杯3

 out ブレイズマン ヴァイオン コズミックサイクロン3 戦線復帰 警告 宣告

 先攻はオヴィラプターを止めるのに一点狙い、後手は誘発15枚体制+妨害で死ぬ気で先攻展開を捲りにいきます

 こういう相手に対して妨害を積みまくれて且つこっちは少ない初動から動けるのがHEROの良いところです

 ある程度有効打になりそうな誘発をフルで投入して先攻展開を中途半端にさせてグダらせます

 こっちは大体どのタイミングでもダークロウさえ成立すれば一気に攻守逆転出来て恐竜自体が妨害の少ないデッキなのでVFDのような何も出来なくなるようなカードにまで辿り着かなければ割りと後攻も捲れます
 
 理想的なのは誘発で盤面を中途半端にしてそれをダークロウやランク4で返す→返しに残ったリソース吐かせて蘇生系とかでダークロウから〆って感じですね

 なので前期では入れてなかった蘇生罠も今期は枚数は減らすものの残してます

 まぁそう簡単に上手くいくものではないですがこっちもダークロウへアクセスするパターンは沢山あるので誘発で止めて返しにダークロウが出るだけでも十分そのまま試合を押し切れる時も結構あります

 誘発が被った時に先に撃つ優先度はスカルマイスター>増殖するG>ヴェーラー>うららですかね

 うさぎに関しては基本的にフィールド魔法かアルコンか竜星のシンクロにしか撃つ場所はないので他の誘発と被った時でも撃ち方は基本的に変わりませんでした

 スカルマイスターで墓地の効果(主にミセラ)を止めてしまえばあとの攻め手は真竜皇が絡んだ時がほとんどなのでそっちにGを合わせれば普通に撃つよりドローの枚数が増えることが多いです

 うららやヴェーラー最後の方に撃つのは他の誘発で相手の動きを弱らせ後手からダークロウが成立した場合返しにオヴィラプターからのドゴランやアルコンサーチを阻止する為ですね

 これはうららやヴェーラーにしか出来ない事なので後手で他の誘発と一緒に引いた場合はここら辺を1番温存することを意識しています

 先攻の時にGを入れるのはまぁ単純にうさぎやコズミックとかよりはマシかなって思ったからです

 ダークロウオネスティを構えてる時にドラゴニックDから真竜皇を出されても別にダークロウを超えられることはなくそこまで関係ないのでうさぎやコズミックは浮きやすいんですよね

 そこがGならもしオヴィラプターの効果が止められなかった場合ドゴランを出される前に撃ってダークロウを場に残す又は3000打点を場に残す、それか突っ張らせるっていう相手からしてもどれもあまりやりたくない選択肢を強要出来ます

 1番多そうなのはドゴラン出してエンドとかな気もしますがEXモンスターゾーンが空いた上に場に高打点のモンスターが残るので返しにエアーマン+αでオヴィラプターの上から結構簡単にワンキルまで可能です
 
 なので増殖するGを先攻後攻関係なく入れることにしました

 ただ引きすぎても困るので2枚

 先攻の時もGの他に9枚も誘発が入ってるので他のデッキみたいにただ引いてるだけでつっぱワンキルされるみたいなことが少ないのも○

 あとは先攻でミストとアライブを一緒に引いてしまった場合はバグースカでひたすら延命します

 バグースカは相手のVFDにも後出しして3ターンの間に効果無効系を引けるかのワンチャンを作ってくれる出来るやつです

 こっちが先攻でバグースカを出してそれ以降にミストマスクが揃っている場合とかは次のターンにミストを召喚して横にしてもし壊獣とかアグニでバグースカを退かされてもいいようにしておきます

 もし3ターン無事生き残って自壊したらその後はマスクを発動で闇鬼とかを出してからエアーマンを召喚してダークロウに繋ぎつつ制圧又はワンキルを狙いにいきます

 他にもオヴィラプターを止めるカードがある場合はミセラや究極伝導恐獣の墓地コストを溜めるのをケアしてスタンバイにマスクを撃ったり逆にオヴィラプターを止めるカードがない時に化石調査とかを撃たれた場合はサイフレームγやオヴァラプター被りを考慮してオヴィラプター召喚までハンデスを待ったりと細かいことも意識した方がいいです

 先攻は妨害をオヴィラプターに一点集中すれば結構あっさり勝てますし後手は相手の妨害が誘発と九支とはっきりしている分やりやすいかもしれません

 ただナイトショットが抜けた今九支以外の罠ももろに踏んでしまいこの前はミラフォ、警告、宣告食らって負けているのでやっぱりいるかもしれません

 一応やりやすい相手ではあるんですが誘発を乗り越えられてその上からぶん回されたり素引き壊獣からダークロウの上から回されたりみたいな負け方も普通にあるのであんまり好んで当たりたいデッキではないですw

 対召喚真竜

 先攻時

 in サイクロン2 通告2

 out 増殖するG うさぎ3  

 後攻時

 in 羽根帚 サイクロン2 ツインツイスター2 聖杯2 通告2

 out ヴァイオン 増殖するG うさぎ3 エフェクトヴェーラー3 戦線復帰

 真竜寄りの展開やドローソースから誘発を沢山引かれなければ比較的にやりやすい相手です
 
 というのも召喚獣ギミックではライディーン以外でダークロウ+オネスティという構えを突破することが出来なくて後手からでもダークロウオネスティさえ成立してしまえば先攻のアレイスター回りに大して怯えなくて済むんですよね

 なのでうららの撃ちどころも結構悩みましたが基本的には返しにダークロウが立つハンドならルドラまで待つ事に決めました

 ルドラにうららを撃つことでプルガトリオが出てきますが返しに闇鬼+オネスティでアレイスターの上から退かしつつダークロウを構えられるのでそれだけで後手からでも普通に捲ることが可能になります

 そういう返し方をした場合は特にオネスティの2枚目が欲しくなるので前は1枚だったんですがやっぱりオネスティ2枚必要だと思いました

 ちなみに多くの方が知っているとは思いますが一応ダークロウがいる時はアレイスターのパンプ、メルカバー、ルドラのドローは出来ないってのはかなり大事な部分なので覚えておいた方がいいと思います

 このことからメインギミック的に召喚獣要素がきつい時はそこまでなく負ける時は相手のハンドが真竜に寄った時なので先攻でもサイクロンを入れるようにしました

 あと前まではサイド後もヴェーラーを残していたのですが魔術素引きからメルカバーが出てくるのが結構面倒だったので後攻の時は光誘発は全抜きしてメルカバーを立たせないようにしてその後のアレイスターを聖杯や通告で止めることにしました

 召喚真竜はそこまでスピードが速くないので後攻からでも意外と罠が間に合います

 対ABC

 先攻時

 in サイクロン2 通告2

 out 増殖するG うらら3

 後攻時

 in 増殖するG2 羽根帚 サイクロン2 通告2

 out ヴァイオン エフェクトヴェーラー3 戦線復帰3

 ABC相手の後攻は誘発でひたすらドラゴンバスターの成立を阻止します

 昔とは違いツクヨミで妨害を引きにいくみたいなことも出来ないので誘発を当てて相手の展開を中途半端して後手からダークロウが成立すればそれだけで十分後攻からでも捲れる可能性があります

 他のデッキからしたらウザい格納庫装備エンドみたいなスタートに対してもダークロウがかなり有効なのが○

 もしデコードバスターが成立してしまってもアライブ+αを引ければメインギミックでバスターを返せるのもHEROの強みの1つです

 昔はホープONEで分離したやつを飛ばして横にフレシアを立てて蓋をするのが後手でよくあった捲り方だったんですがルール変更のせいでそれが出来なくなったのが地味に結構きつかったりします

 他にもデストルドーの登場で前よりABC相手にホープONEを使いづらくなってしまったのもちょっとマイナス

 なのでホープレイしようか迷いましたがデストルドーが絡まないパターンの時にもし必要になったら困るので結局そこは変えませんでした

 あとは連戦の時は後攻でもヴェーラーを3枚残してやっていたんですが他の誘発との相性が悪かったり先攻でのエンシェントフェアリー以外には撃つところがほぼ全くないのでうららに変えました

 エンシェントフェアリーにしかまともな撃ちどころがないのならそれはうららでも同じ役割が可能でかつフィールド魔法関連にも撃てるうららの方がいいとあとから気付きました

 こっちが先攻の時は逆にヴェーラーはこけこっこからのランク4やデストルドーからのブラックローズを止められるので3枚残します

 こけこっこからビュートが出てきてヴェーラーでも止めても次のターンに枚数調整出来なくてヤバい時はモンスターが2体並んだところでこけこっこにヴェーラーを撃ってレベルを戻すことも割とあります

 ブラックローズをヴェーラーしてダークロウに相撃ちされるのもしょっぱいので自分のハンド次第ではミストで後続よりオネスティを優先してサーチする時があることも頭にいれておいた方が良いともいます

 あとは蘇生罠を引いている時とかはツインツイスターでユニオンコストから格納庫でバスター成立を阻止するために自分のターンにマスクを撃ったりする時もたまーにあります

 一応うさぎを持っていたりする場合は撃たないですけど

 ABC相手はケアするカードが多いため自分の初手次第でかなりプレイが変わってくるので自分が先攻の時は柔軟な立ち回りを意識しましょう  

 【総括】

 はい、というわけで長々とここまで読んでもらいありがとうございます

 少しでもHEROを使っている方の参考になったら幸いです

 ただ今回は今期2つ書いたHEROの記事を合わせた内容+αって感じだったんで前の記事を読んでくれた方はもしかしたらちょっと物足りなく感じかもしれませんがそこはすいません><

 今期は十二獣が出てからの環境で1番HEROがワンチャンある環境だと僕は思っていて実際結構勝てたのは嬉しかったです

 ただまぁチームの噛み合いが無かったりで上位入賞は出来なかったので次こそは上位入賞出来るように頑張ります

 今後の環境でHEROがまだやっていけるかは恐らく魔弾の強さ次第なので少し様子見していけそうだったらまた頑張りと思…ってたんですがなんだかんだで今日CS出ることになってしまったので勝っていたら嬉しいなぁと期待を込めつつここら辺で終わりにしたいと思います

 もし何か質問等があればツイッター(@RED1002019)でのリプライかこの記事のコメント、どちらでも大丈夫なので気軽に聞いてください(^0^)

 ってことで、またいつか

関東連戦使用 HERO 解説

 はい、どうもー

 今回は前回言っていた通り先週の関東連戦で使ったHEROについて軽く書いていきたいと思います

 この前のCSで使用したHEROについて

 ただ先週使用した構築は↑この時の構築とあんまり変わっていなくてこっちにベースの考え方が書いてあるので今回はここからの変更点と前は書かなかった環境デッキへのサイドチェンジや立ち回りについて書いていきます

 それではまずは実際に使ったデッキレシピから

 DFakU_1XUAA6mbh.jpg
 
 DFakU_1W0AAYBLI.jpg

 町田CS

 恐竜竜星真竜皇 ◯◯ 先
 命削り真竜 ◯×◯ 後
 魔導召喚獣 ◯◯ 後
 彼岸 ×◯◯ 後

 東京遊戯CS

 ABC ◯×◯ 後
 HERO ◯◯ 先
 真竜メタルコズモ ◯×◯ 後
 ABC ◯◯ 先

 詳しい試合内容は↓こちらをどうぞ

 町田CS レポ

 東京遊戯CS 5人チーム戦 レポ

 【変更点】

 ▼ヴァイオン増量

 この前のCSで事故負けが2試合もあったので増やしました

 ヴァイオン2枚目がディシジョンガイではないのは過去に何回か書いているのですが簡単に言うと中盤以降ディシジョンガイの効果を使って勝つのは勝ちを勝ちにしているものだと僕は思っておりそれよりも初動で引いた時に後続を持ってこれる方が大事だと思っています

 あとこの構築だと蘇生罠ガン積みってのもあります

 ▼月の書→幽鬼うさぎ

 前の記事ではトップシェアの恐竜に対して強さにムラがあると書いて月の書を選択したのですがあれから数週間が経ち最近は真竜皇入りの構築がかなり増えてきたのでメインに入れても腐ることはないと判断しこっちに変えました

 あとは真竜皇入りが増えたことによりロストワールドとの遭遇回数も増え無視出来なくなったっていうのが理由の1つです

 あのカード本当にHERO殺しと言わんばかりの効果であれが通ってしまうだけで

 トークンが出てくるからアライブ発動不可、対象に取れなくなるのでマスク、オネスティ発動不可

 とHEROの根本的な動きが潰されてしまいこれは月の書でカバー出来る範囲ではないのでうさぎに軍配が上がりました

 このカードを入れないとサイチェン後までサイク系を残さなくちゃいけなくなったりとサイチェンプランが歪み始めるのも×

 うさぎを入れるだけで

 ・D絡みの多段的な攻めを減らせる

 ・ロストワールドの為にサイド後もサイク系を残さなくて済む

 ・HEROがかなりキツい戦闘破壊耐性のアークデクレアラーへのアクセスを阻止出来る

 とかなりメリットがあります

 他にも前のCSの成績が3-2でその2敗がABCと真竜メタルセフィラという両方ともうさぎを入れたい相手だったので今回はそこに対しても意識を強めたっていうのもあります

 新弾によってABCのシェア率も増えメタル系のデッキも最近増えていましたからね

 召喚真竜相手もきついDに撃つことが可能でこっちが先攻でダークロウを出せる場面ならアレイスターに撃つのも結構強くて環境的に前に比べてだいぶ入れやすくなったんじゃないかなーって思います 

 ▼バブルマン→オネスティネオス2枚目

 ここが今回の構築の唯一の不満点です

 メインにうさぎを入れたのがCSのちょっと前だったので誘発がメインに大量になっていてバブルマンがかなり出しづらくなっているという事に気付いたのがCS終わってからでした

 2日間で3回くらいバブルマンがオネスティだったらっていうのもありましたし1試合そこの違いで落としているのでここは変えた方がいいと思います

 前期は十二真竜環境だった故にランク4に向かえることがかなり重宝されていたのですが今期はそこまでランク4に拘らなくてもよくて蘇生罠ガン積みなので1試合に複数回ダークロウを出すことがあってその時に素引きしていたかったり何回か打点がほしくなるので2枚必要だったかもしれません


 ▼エクストラ
  
 僕的に光牙以外の枠は全部必要な枠だと思っていて今回はメインに光属性の誘発を6枚投入ということから+セカンドを引いていて他にモンスターを引けていない時のワンチャン用に入れました

 あとブレイズマンでオネスティを落とせば2500打点になるので+光牙の効果で大ダメージ与えられる可能性があったりなかったりラジバンダリ

 今回の構築だとオネスティを落とす機会なんてほぼほぼないんですけどオネスティ2枚構築なら割とあるかもしれませんね

 他の候補だと

 ・リンクスパイダー

 このカードを入れておけばうさぎを引けなかった場合のロストワールドで出されたトークンを逆手に利用する事が可能です

 結局アライブが撃てないままなのは残念ですがアドバンテージを損失せずメインモンスターゾーンにEXのモンスターを置けるようになるのはありがたいです

 ・ダイヤウルフ

 EXモンスターゾーンを空けつつ除去が可能なのでソルチャとかもっと蘇生系が入っている構築ならワンチャンです

 普通の構築だとダイヤウルフの分の消費が結構きついのでほとんどの場面でカステルを優先させることになると思います

 ・深淵に潜む者

 先攻でダークロウが立たない時に誤魔化し要因で出すモンスター
 
 ブリキンギョが入っていればありですが恐竜相手に2ターン以内に決着を付けないと素材がなくなった途端かなり邪魔になるのがなんとも言えません

 ・7シンクロ

 3チューナーが6枚も入っているのでそれなりに出せる機会はあるのかもしれません

 今までなくて負けたことがないので入れてませんが2日間で1回だけ欲しい場面がありました

 まぁなくてもなんとかなったので本当に一応の候補程度って感じですね

 ・カタストル

 これも7シンクロと同じ感じです

 未だになくて負けたことはなく2日間で1回あったらなーと思ったレベルなのでまぁ本当に候補程度です

 
 2日間で使わなかったエクストラは光牙、ビュート、ブレハ、バグースカの4枚だけでした

 ただレポを読んでもらえば分かるんですがブレハは相手の伏せ次第ではないと駄目だったっていう場面がありました

 今後はオネスティを2枚にする予定なのでそのまま光牙を続投するかもしれません

 もし光牙の代わりに入れるとしたら食らった時に1番ヤバいのをワンチャンに変える事が出来るリンクスパイダーかなって思います

 ▼ツインツイスター→サイクロン

 召喚真竜とやっていて負け筋がほとんど真竜絡み(主にDを貼られて中級真竜でダークロウに殴られる)の展開だったり先攻でも使いやすいようにサイクロンに変えました

 あとはABC相手の先攻の時やメタル系相手の後手の時とかにもサイクロンの方が使いやすいかなって思いました

 正直召喚真竜相手の後手だけを見るならツインツイスターの方が絶対にいいのでどこを意識するかで変えていいと思います

 【不採用カード】

 ▼ブリキンギョ

 ヴェーラーを意識して抜いていたんですが最近減少気味?っぽいのでそろそろヴァイオンと何か抜いて入れ直すのもありだと思います

 ただ2日間で4回くらいヴェーラーを撃たれているのでまだちょっと怖さはありますけど

 ▼ロンギヌス

 恐竜相手は墓地にミセラが残ってリソースを吐かせられなかったりダークロウ成立後の相性の悪さから×

 ABC相手はただの1ターンスキップにしかならないので次のターンにドラゴンバスターを止められるカードを引いていないと駄目っていうのが僕的には×

 召喚真竜相手はきつい部分が召喚獣要素ではないのでヴェーラーも入っているしいらないかなと

 HEROの場合は恐竜相手に先攻ダークロウ+ヴェーラーでオヴィラプターからドゴランサーチをケアする役目もあるのでヴェーラーより優先することもないと思います

 ▼壊獣

 CS直前までは入れていたんですが恐竜相手のサイチェンの時に先攻でうさぎかコズミックを残さなくちゃいけないのは駄目だと思って聖杯に変えました

 ▼アカシックマジシャン

 このカードで壊獣を回収するのは強いのですが基本的にこのカードを出すパターンがドバーグ絡みでそれならアカシックを作るよりダークロウを優先した方が強いと判断しなしになりました

 恐らく壊獣+アライブ+ドバーグでアカシックダークロウが1番の理想なのですがもはやそこまで全部通るならオーバーキル感があってそれなら違うカードでいいのではと

 オオルリとかを入れてアカシックダークロウ特化の構築とかも考えましたが寄せれば寄せる程デッキのモンスターの数が増えG食らった時の残りのハンドの浮き方が凄かったのでやめました

 元々今期はダークロウを維持または破壊されても蘇生罠からおかわりダークロウで残りのリソースを奪いにいくのが主な戦い方なのでそこまで無理してメインモンスターゾーンにダークロウを出す事に拘らなくていいかなと思っています 

 ▼マスターボーイ

 普通の展開方法で水モンスター+ミスト+ランク4は消費枚数的に現実的ではなくマスターボーイ+ダークロウだけでもハンド3枚消費って考えるとかなり重たいのでなしになりました

 他にサブギミックを入れたりすれば消費を抑えて展開する事も可能ですがメインの枠を圧迫したりデッキに引いて弱いカードを入れる、そして手札誘発にさらに弱くなることを考えるとそこまでリスク背負うくらいなら使う意味は薄いと思います

 一応ダークロウを捨てればマスタボーイ+バハシャ餅くらいなら可能ですがもはやそこまでいくとHEROでやる意味はあるのか状態です

 普通に魚系のデッキで使った方が良いのではと思ってしまいます  
 
 ▼拮抗勝負

 環境デッキでまともに入れて強い相手が召喚真竜くらいしかいなくて召喚真竜相手も試していて結局中級真竜とかが残るので微妙だと判断しやめました

 今の環境なら壊獣も3枚くらいセットで入れてやっとワンチャンくらいな気がします

 【環境デッキへのサイドチェンジと立ち回りと】

 先攻後攻の選択権がある場合は基本的にどのデッキ相手もメイン、サイド後関係なく先攻を選択します

 対恐竜竜星真竜皇

 先攻時

 in 増殖するG2 聖杯2 通告2

 out うさぎ3 コズミックサイクロン3

 後攻時

 in 増殖するG2 スカルマイスター3 聖杯2 ナイトショット2

 out ブレイズマン ヴァイオン ドバーグ コズミックサイクロン3 戦線復帰 警告 宣告

 恐竜相手に先攻でGを残すのは微妙に感じるかもしれないですけどそれはしっかりとした理由があって↓ここに書いてあるので気になる方は読んでください

 というか大まかに大事なことはこっちに書いてあるのでこっち読んでもらった方がありがたいですw

 今期のHERO 総括

 この記事で書いてないことをちょっと書くとしたら今の構築だとサイド後の後攻の時は誘発15枚体制なのでそう簡単にはフルパワー展開させません

 恐竜真竜皇自体がコンボデッキなので誘発を重ねて当ててグダらせて1枚初動が多いこっちに分があります

 理想的なのは誘発で盤面を中途半端にしてそれをダークロウやランク4で返す→返しに残ったリソース吐かせて蘇生系とかでダークロウから〆って感じですね

 なので前期では入れてなかった蘇生罠も今期は枚数は減らすものの残してます

 まぁそう簡単に上手くいくものではないですがこっちもダークロウへアクセスするパターンは沢山あるので誘発で止めて返しにダークロウが出るだけでも十分そのまま試合を押し切れる時も結構あります

 あとは後手の時にたまーにモンスターにアクセス出来ないことがあったのでブレイズマンかヴァイオンのどっちかはもう1枚くらい残した方がいいかもしれません

 対召喚真竜

 先攻時

 in サイクロン2 通告2

 out 増殖するG うさぎ3  

 後攻時

 in 羽根帚 サイクロン3

 out 増殖するG うさぎ3

 真竜寄りの展開やドローソースから誘発を沢山引かれなければ比較的にやりやすい相手です
 
 というのも召喚獣ギミックではライディーン以外でダークロウ+オネスティという構えを突破することが出来なくて後手からでもダークロウオネスティさえ成立してしまえば先攻のアレイスター回りに大して怯えなくて済むんですよね

 なのでうららの撃ちどころも結構悩みましたが基本的には返しにダークロウが立つハンドならルドラまで待つ事に決めました

 ルドラにうららを撃つことでプルガトリオが出てきますが返しに闇鬼+オネスティでアレイスターの上から退かしつつダークロウを構えられるのでそれだけで後手からでも普通に捲ることが可能になります

 そういう返し方をした場合は特にオネスティの2枚目が欲しくなるのでやっぱりオネスティ1枚は構築ミスだったと改めて痛感します

 ちなみに多くの方が知っているとは思いますが一応ダークロウがいる時はアレイスターのパンプ、メルカバー、ルドラのドローは出来ないってはかなり大事な部分なので覚えておいた方がいいと思います

 このことからメインギミック的に召喚獣要素がきつい時はそこまでなく負ける時は相手のハンドが真竜に寄った時なので先攻でもサイクロンを入れるようにしました

 CS終わるまでは後手の時のもヴェーラーを3枚残していたんですが魔術素引きからのメルカバーだけは普通にウザいのでここはサイド後の後手減らして通告入れるサイドチェンジの方が良かったかもしれないです
  
 対ABC

 先攻時

 in サイクロン3 通告2

 out 増殖するG うらら3 戦線復帰

 後攻時

 in 増殖するG2 羽根帚 サイクロン3 通告2

 out ブレイズマン ヴァイオン うらら3 戦線復帰3

 ABC相手の後手は誘発でひたすらドラゴンバスターの成立を阻止します

 昔とは違いツクヨミで妨害を引きにいくみたいなことも出来ないので誘発を当てて相手の展開を中途半端して後手からダークロウが成立すればそれだけで十分捲れる可能性があります

 他のデッキからしたらウザい格納庫装備エンドみたいなスタートに対してもダークロウがかなり有効なのが良いですね

 もしデコードバスターが成立してしまってもレポみたいにアライブ+αを引ければメインギミックでもバスターを返せるのもHEROの強みの1つです

 昔はホープONEで分離したやつを飛ばして横にフレシアを立てて蓋をするのが後手でよくあった捲り方だったんですがルールのせいでそれが出来なくなったのが地味に結構きつかったりします

 他にもデストルドーの登場で前よりABC相手にホープONEを使いづらくなってしまったのも×

 なのでホープレイしようか迷いましたがデストルドーが絡まないパターンの時にもし必要になったら困るので結局そこは変えませんでした

 あとはCS中は後手の時にヴェーラーを3枚残してやっていたんですが他の誘発との相性が悪かったり先攻でのエンシェントフェアリー以外には撃つところがほぼ全くないので2枚以降がかなり弱くて後手の時は減らすべきだったかなーって思いました

 代わりにうららを残してもよかったかもしれません

 こっちが先攻の時は逆にヴェーラーはこけこっこからのランク4やデストルドーからのブラックローズを止められるので3枚残します

 こけこっこからビュートが出てきてヴェーラーでも止めても次のターンに枚数調整出来なくてヤバい時はモンスターが2体並んだところでこけこっこにヴェーラーを撃ってレベルを戻すことも割とあります

 ブラックローズをヴェーラーしてダークロウに相撃ちされるのもしょっぱいので自分のハンド次第ではミストで後続よりオネスティを優先してサーチする時があることも頭にいれておいた方が良いともいます

 あとは蘇生罠を引いている時とかはツインツイスターでユニオンコストから格納庫でバスター成立を阻止するために自分のターンにマスクを撃ったりする時もたまーにあります

 一応うさぎを持っていたりする場合は撃たないですけど

 ABC相手はケアするカードが多いため自分の初手次第でかなりプレイが変わってくるので自分が先攻の時は柔軟な立ち回りを意識しましょう

 【総括】

 はい、ということでこの前の解説記事に付け足す形でぼちぼち書いていきました

 流石に2日間で8-0は色々と出来過ぎ感があってそこまでHERO強い!とは言えませんが十二獣が出てきてからの環境の中では今期が1番ワンチャンある環境だと思っています

 いくら引きや噛み合いが良かったとはいえ最低限環境に対抗ものがないと負けなしとかにはなりませんからね

 もう少ししたら魔弾が出るので今後まだHEROが使えるかはそれ次第です

 魔弾のカードを見ているとHEROは相性悪そうな気がするので実際にやってみないと分からないですけどもし相性が悪くて魔弾環境とかになったら次の改訂まで多分お休みになりますw
 
 なんかメインギミックで表側のカード破壊とかうっ…頭が…

 とりあえずしばらくは様子を見つついけそうだったら適当にどっかのCSに出たいと思います

 もし何か質問等があればツイッター(@RED1002019)でのリプライかこの記事のコメント、どちらでも大丈夫なので気軽に聞いてください(^0^)

 次こそはいよいよついに誰得の春アニメの感想記事を書きます

 流石に春アニメ終わってから1ヵ月もかかるなんて思っていなかった…ヒイイ

 ってことで、またいつか

この前のCSで使用したHEROについて

 
 はい、どうもー

 今回はタイトル通りこの前のCSで使用したHEROについて軽く書いていこうかと思います

 今週末に拮抗勝負が出てまた構築に色々と変化がありそうなので本当は書かないつもりだったんですが改訂の情報が出て最初に組んだ構築からだいぶ変わったのでとりあえず一つの区切りとして記録に残しておくために書くことにしました

 なのでいつもみたいにがっつりガチガチに書くのではなくメモの延長線みたいな感じで書いていくのでそこを踏まえて読んでもらえると嬉しいです

 ってことで実際に使用したデッキレシピから

 DDuZTEQVoAANDbu.jpg

 DDuZTERVoAAFTiZ.jpg

 こっちが↓改訂フラゲ直後に考えた構築等の話

 新環境の話あれこれ

 ■構築問題

 まず初めにCSの結果を見ていて1番に思ったのは流行している手札誘発です

 十二獣や真竜環境故しばらく環境で見る事がなかったうららの次にHEROの天敵のエフェクトヴェーラーが流行り始めていました

 このことにより3月からベースの構築になっていたキンギョやサモプリを入れた構築が微妙だなと感じて他の構築を模索するスタート

 そこで代わりに入れたのが蘇生罠を入れた構築でした

 元々HEROの蘇生罠自体はかなり強くて前期終盤ではサイドに入れるくらいだったんですが如何せん今までは環境のゲームスピード的にメインに入れる余裕はなかったのですが今期は今までに比べるとだいぶ遅くなりメインに蘇生罠を入れる構築を考え始めました

 ただいくらゲームスピードが落ちたとはいえ蘇生罠を多く入れるということはその分後手捲りが厳しくなるのでそこをカバーする為にメインの手札誘発8枚体制にしました

 ▼手札誘発

 メインに手札誘発を入れるにしても何を入れるかでかなり悩みました

 とりあえずもはや説明はいらないであろう、うららは3枚からスタート

 恐竜に当てどころが多くて召喚真竜相手には魔法使いモンスターを止められる、ABC相手には後攻ならエンシェントフェアリー、こっちが先攻ならこけこっこに撃ってランク4を止められるという点から腐ることはほぼほぼないだろうと判断しヴェーラーも3枚

 そして恐竜に対して強くて召喚真竜相手にも1枚までなら引いてもギリギリ許される増殖するGを1枚入れました(最終的に関東帆は恐竜が多い読みで2枚に増やしましたが)

 あとはCS直前までうさぎも入れていたんですが恐竜相手には真竜皇が入ってないタイプだと相手の動き次第で撃ってもかなり弱いケースが結構あったり召喚真竜相手はドラゴニックD以外に明確な当てどころがなかったりと思い最終的には抜けていきました

 関東はABCが少ないって聞いてたのも抜いた理由の1つです(実際は体感結構いた気がする)

 ▼キンギョ、サモプリ

 正直途中で月の書を入れたのでここも入れるか悩んではいたんですがそこは結局噛み合いなのでもし引けなかった場合にここにヴェーラーを食らうとかなりヤバいと判断し最終的に入れませんでした

 前期以上に恐竜が増えているのでここを後手で引くと明確な九支の当てどころになってしまったり十二真竜が消えたことにより前ほど無理矢理後手からランク4を狙う必要がなくなったのもあります

 召喚真竜相手もここにヴェーラーを食らって返しにメルカバーを出されると残った手札のミストが浮いたりサモプリのコスト‐1がきつかったりと思いました

 ▼E・HERO ブレイズマン

 キンギョを抜くとそれはそれで大きな弊害が起こりそれは主にサーチ系のパワーダウンです

 ルール変更後は以前とは異なりEXモンスターを複数体並べられるわけではないので基本的にダークロウを場に出すことを1番の目的としていました

 そこで1つのパターンとしてあったのがサーチ系でミスト回収からキンギョミストの流れでその流れを除くと4枚のマスクチェンジ又はドバーグ(増援)を引いていないとミストを回収する旨みがほとんどなくなってしまうのです

 かと言ってエアーマンを回収しても相手からしたらダークロウが出てこない安心感しか与えず何のプレッシャーになりません

 なのでそういう意味も込めてキンギョやサモプリの代わりに入れたギミックがヴァイオン複数枚+蘇生罠でした

 今までと違って1ターンのラグが発生してしまうのがちょっと問題点なのですが今期に関しては意外と誘発や妨害~2枚くらいでターンが返ってくることが多いのでそこに関してはそこまで気になりませんでした

 例えヴァイオンにヴェーラーやうららを食らっても自身が闇属性HEROなのもあってマスクを素引きしていればどうにかなったりむしろそこにうららを当てさせることにより強欲貪欲が通ったりなんてことも割とありました

 少し話が逸れましたが蘇生罠を複数枚入れたのはいいけれどヴァイオンはEコールでサーチすることが出来ないので結局サーチ系とだけ一緒に引くとミスト召喚エンドみたいな感じで相手からの破壊を待たなくてはいけない微妙な感じました

 そこで目を付けたのがかなり久しぶりの登場ブレイズマンです

 Eコールと蘇生罠しかない時に持ってくるモンスターとしてはかなり優秀です

 ヴァイオンが出てからはさらに影が薄くなり僕自身すっかり忘れていたんですがEコールで持ってこれるヴァイオンみたいなカードなかったかなーってふと昔の自分の記事を見ていたらこのカードを見つけてこんなのいたな!って感じでちょっと笑っちゃいましたw

 ヴェーラー食らった時だけは弱いのでそこだけ割りきりになっちゃうんですがアレイスターに処理されない打点もあってキンギョほど妨害を食らってきつくもないのでそういう意味ではまだマシです

 あとは単純にグダった時とかにアライブから出せるHEROが足りなくなることがたまにあったのでそこを増やせるのも○

 最初はヴァイオン2枚構築だったんですが途中から1枚をこっちに変える事にしました

 ちなみにブレイズマンスタートの時にヴァイオンを回収しておけばもし戦線復帰をサイク系されてもミストssからマスク回収してミストが破壊されても返しにダークロウを出せる事が出来ます

 ついでにディシジョンガイが入っていればヴァイオンではなくディシジョンガイを回収してさらにエンドフェイズに後続回収出来たりってのもあります

 ▼強欲で貪欲な壺

 蘇生系を多く入れていることからこのカードでミストが飛ぶと一気にパワーが落ちてしまうカードが多いので途中で1回まで減らしたんですが回数をこなしていくとミスト自体にヴェーラーを食らった時にマスクも蘇生系もないと結構しんどい時が多かったのでマスクチェンジを素引きするのを目的として結局2枚入れました

 ▼月の書

 恐竜とやっていて先攻ぶん回しの次にきついと思ったのが戦闘破壊耐性付きのアークデクレアラーの処理でした

 既存の構築だとうさぎか聖杯辺りが入っていないと止められなくてそこが通ってしまうと処理出来るカードがカステル、ビュート、ホープONEくらいになってしまんですよね

 使っている側からしても意外と邪魔らしくたまに自分からシンクロ素材とかに使うらしいんですけどもしそれで盤面が固まって横に究極伝導恐獣が立ってしまうといよいよ本格的に突破出来なくなってしまう事を考えたら出来るだけ成立させたい流れではないです

 ただうさぎは上述している通り強さにかなりムラがあると感じて聖杯か月の書で悩んでいたんですが聖杯は先攻で引いた場合に後手のフォトスラから飛んでくるライトニングでダークロウを退かされる裏目を考えてメインは先攻後攻でそこまでムラがない月の書、後手では入れ替え用としてサイド聖杯にしました

 メインに竜星のシンクロ効果を妨害出来るうさぎ、聖杯、月の書のどれかは個人的に絶対いると思っています

 ■エクストラ

 エクストラはほぼ全く変わっていないですね

 あとから気付いたんですけどキンギョ抜いて今までですら使用頻度が低かったアシッドがさらに減ったんで抜いて新弾後ならアカシックマジシャンかマスターボーイの枠でいいと思います
 

 ▼ナイトショット

 主に恐竜の後手用のカードです

 本来恐竜相手のサイク系は九支に引っかかってその後シンクロでアークが出てきたり運が悪いと戦線復帰を抜いたりみたいなあまり強い使い方は出来ないのですがこっちだとGとかをチェーンされない限りほぼほぼ裏目んないのが○

 九支を割ってライトニングでボウテンコウを退かしたり逆に九支を撃たせてから横のナイトショットを退かしたりと使い勝手はそこまで悪くなかったです

 何より勝ったら選考会の試合で無慈悲に使われた勅命もぶち抜けるのが良いですね 

 ▼ツインツイスター

 召喚真竜とABC相手の後手用

 ドラゴニックDや格納庫ごと割りたかったり2伏せとかの時を考えたらサイクロンよりこっちの方がいいと判断しました

 ただ先攻の時にサイクロンを入れたい相手もちらほらいるのでそこを考えて2:2とかで散らすのもありかもしれません

 ▼神の通告

 環境的には普通にメイン採用もありなカードなんですが蘇生罠を多く入れている都合上先攻用のカードを多く入れすぎるのも駄目かなって思い月の書と入れ替えました

  
 
 とまぁざっとですが大体こんな感じです

 サイドチェンジとかはサイドが大きく変わりそうな今度の事を考えるとあんまり意味なさそうなんで今回は書かない事にします

 今期は僕も久しぶりに色々試行錯誤していて今もその最中なので1つの構築の選択肢として参考になったら幸いです

 実際CSでは事故負けが2回起きていてその時G、強欲貪欲辺りがヴァイオンやサモプリだったらって場面があったのでまだ詰め切れておらずそこら辺を変えた方が良いと思います

 ちなみに今回の構築なら尚更なんですがヴァイオンよりディシジョンガイを優先することは今のところ考えてないですね

 理由はちょっと前の記事に書いてあるのでもし気になった方はそっちを読んでもらえると幸いです


 話は少し変わるんですが僕的には拮抗勝負がきても恐らくメインには入らないかなって思っていてその分サイドが結構変わる気がしてます

 拮抗勝負に関してはHEROは撃たれてもダークロウは場に残るし逆に後手の返しカードとして使えるのでどっちかっていうと追い風のような気もしなくはないです

 サイドに賄賂とか入れてダークロウ賄賂でその他諸々のメタカードとまとめてメタりにいくか今まで以上に誘発ガン積みで場にカードを置かないようにして究極的なまでのダークロウビートを目指すか等とどう向き合っていくか、他の環境デッキの構築にどれくらいの変化があるのかとちょっとだけ楽しみな部分もあります

 あとはアカシックマジシャンやマスターボーイの登場で久しぶりにメインモンスターゾーンにダークロウを置けるようになるので今後の環境次第ではドバーグを増やしたりキンギョ戻したりとまた色々と新しい構築を考えていきます

 捕食やマスマティ辺りを使ってぶん回し方のHEROにすればもしかしたらマスタボーイを使ってまたダークロウ餅カエルとか出来るかもしれませんが僕はデッキに素引きがかなり弱いカードを入れるのが好きではないのでそっちの方は今のところ考えていません

 もしIFの先攻ワンキルの劣化にならないで現実的に安定して盤面を作れる構築を誰かが作ってくれたらその時そこにあやかりたいと思います。笑

 恐らく既存のようなHEROの構築でダークロウ餅するのは手札消費が多すぎて現実的ではないと思ってるのであんまりぶん回しを狙わないでメインモンスターゾーンにダークロウを出すことだけ考えて次のターンにエアーマンからランク4を追加していく感じの方が良いかなって考えています

 実際新弾後の事はまだ何も考えていないので次のCSまでこれからの環境を見ながらゆっくりと考えていきたいと思います


 もし何か質問等があればツイッター(@RED1002019)でのリプライかこの記事のコメント、どちらでも大丈夫なので気軽に聞いてください(^0^)

 次は恐らく誰得の春アニメの感想記事を書く予定です


 ってことで、またいつか

プロフィール

RED

Author:RED
REDの放課後日記へようこそ!

どもども(^0^)
  
福島で遊戯王をやっていて2次元がめちゃくちゃ大好きなREDです

昔YouTubeのSASYUっていう決勝動画に沢山出ていました


CS成績

はねまんCS2011 ベスト16
【トゥルリンクイックジャンクドッペル】

第1回仙台CS 4位
【アライブHERO】

第2回仙台CS ベスト8
【アライブHERO】

第1回石巻サマーCS 3位
【アライブHERO】

第5回HCS 4位
【青眼魔導】

第2回伊達CS 優勝
【アライブHERO】

ガッチャCS 優勝
【マドルチェ】

ブレイブCS ベスト16
【マドルチェ】

べにばなCS 2位
【ヴェルズ】

ガッチャCS2 ベスト8
【アライブ融合HERO】

かみふく杯 2位
【プトレ型HERO】

小山CS ベスト8
【マスクHERO】

所沢杯 2位
【プトレ型HERO】

ガッチャCS ベスト16
【ザボルグ型帝】

あすと杯 ベスト8
【15帝】

ガッチャCS ベスト16
【EM竜剣士】

第1回陸前CS 4位
【マスクHERO】

六遊祭2016 ベスト8
【マスクHERO】

第3回M2CS ベスト8
【餅カエルHERO】

第4回陸前CS ベスト8
【餅カエルHERO】

釜CS 3位
【餅カエルHERO】

東北CS 3rd Trial 2位
【餅カエルHERO】

JGP 個人戦 ベスト8
【餅カエルHERO】

レイピーCS ベスト16
【餅カエルHERO】

JGP 2位
【餅カエルHERO】

かみふく杯 ベスト16
【餅カエルHERO】

小山杯 ベスト4
【マスクHERO】

足立CS ベスト32
【マスクHERO】

第2回釜CS ベスト8
【マスクHERO】

使用デッキ
遊星ハイランダー
十代ハイランダー
マスクHERO
です

好きなキャラクター

大河
美海
和奏
友奈
るう子
こより
イリヤ
木綿季
穂乃果
乃々香
千歌
チノ

みらい/キュアミラクル
その他いろいろなキャラ

とりあえず、唯は俺のよm(ry

いきなりのブロ友希望、リンク希望、コメント大歓迎!どんどんくるの待ってますね!笑

こんなやつですがよろしくお願いします^^

ツイッター @RED1002019

やってます!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

風嫁フリーダムX~ガガガクラーク研究ブログ

俺様による俺様の為の俺様のブログ!

T.K.Y.のドラグニチィ

理系ドラの四次元倉庫

Duelのかきくけこ 遊戯王ブログ

Highest Life

タイトルはそのうち決める

まった~り

聞こえるか 遠い空に映る君にも ~ISOTOPE日記~

星屑の気まぐれブログ

http://(」・ω・)」うー!(/・ω・)/にゃー!

きちんとチキン

らりる日和

ももの缶詰

永久機関

サルのブログ

霞城籠城日記

夢と悲しみにサヨナらいおん

俺たちのサティスファクションはこれからだ!

味噌味
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
1358位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
カードゲーム
83位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

{ccc}CSS h1 { padding: .5em .75em; background-color: #f6f6f6; border-left: 6px solid #ccc; }