REDの放課後日記 遊戯王

この前のCSで使用したHEROについて

 
 はい、どうもー

 今回はタイトル通りこの前のCSで使用したHEROについて軽く書いていこうかと思います

 今週末に拮抗勝負が出てまた構築に色々と変化がありそうなので本当は書かないつもりだったんですが改訂の情報が出て最初に組んだ構築からだいぶ変わったのでとりあえず一つの区切りとして記録に残しておくために書くことにしました

 なのでいつもみたいにがっつりガチガチに書くのではなくメモの延長線みたいな感じで書いていくのでそこを踏まえて読んでもらえると嬉しいです

 ってことで実際に使用したデッキレシピから

 DDuZTEQVoAANDbu.jpg

 DDuZTERVoAAFTiZ.jpg

 こっちが↓改訂フラゲ直後に考えた構築等の話

 新環境の話あれこれ

 ■構築問題

 まず初めにCSの結果を見ていて1番に思ったのは流行している手札誘発です

 十二獣や真竜環境故しばらく環境で見る事がなかったうららの次にHEROの天敵のエフェクトヴェーラーが流行り始めていました

 このことにより3月からベースの構築になっていたキンギョやサモプリを入れた構築が微妙だなと感じて他の構築を模索するスタート

 そこで代わりに入れたのが蘇生罠を入れた構築でした

 元々HEROの蘇生罠自体はかなり強くて前期終盤ではサイドに入れるくらいだったんですが如何せん今までは環境のゲームスピード的にメインに入れる余裕はなかったのですが今期は今までに比べるとだいぶ遅くなりメインに蘇生罠を入れる構築を考え始めました

 ただいくらゲームスピードが落ちたとはいえ蘇生罠を多く入れるということはその分後手捲りが厳しくなるのでそこをカバーする為にメインの手札誘発8枚体制にしました

 ▼手札誘発

 メインに手札誘発を入れるにしても何を入れるかでかなり悩みました

 とりあえずもはや説明はいらないであろう、うららは3枚からスタート

 恐竜に当てどころが多くて召喚真竜相手には魔法使いモンスターを止められる、ABC相手には後攻ならエンシェントフェアリー、こっちが先攻ならこけこっこに撃ってランク4を止められるという点から腐ることはほぼほぼないだろうと判断しヴェーラーも3枚

 そして恐竜に対して強くて召喚真竜相手にも1枚までなら引いてもギリギリ許される増殖するGを1枚入れました(最終的に関東帆は恐竜が多い読みで2枚に増やしましたが)

 あとはCS直前までうさぎも入れていたんですが恐竜相手には真竜皇が入ってないタイプだと相手の動き次第で撃ってもかなり弱いケースが結構あったり召喚真竜相手はドラゴニックD以外に明確な当てどころがなかったりと思い最終的には抜けていきました

 関東はABCが少ないって聞いてたのも抜いた理由の1つです(実際は体感結構いた気がする)

 ▼キンギョ、サモプリ

 正直途中で月の書を入れたのでここも入れるか悩んではいたんですがそこは結局噛み合いなのでもし引けなかった場合にここにヴェーラーを食らうとかなりヤバいと判断し最終的に入れませんでした

 前期以上に恐竜が増えているのでここを後手で引くと明確な九支の当てどころになってしまったり十二真竜が消えたことにより前ほど無理矢理後手からランク4を狙う必要がなくなったのもあります

 召喚真竜相手もここにヴェーラーを食らって返しにメルカバーを出されると残った手札のミストが浮いたりサモプリのコスト‐1がきつかったりと思いました

 ▼E・HERO ブレイズマン

 キンギョを抜くとそれはそれで大きな弊害が起こりそれは主にサーチ系のパワーダウンです

 ルール変更後は以前とは異なりEXモンスターを複数体並べられるわけではないので基本的にダークロウを場に出すことを1番の目的としていました

 そこで1つのパターンとしてあったのがサーチ系でミスト回収からキンギョミストの流れでその流れを除くと4枚のマスクチェンジ又はドバーグ(増援)を引いていないとミストを回収する旨みがほとんどなくなってしまうのです

 かと言ってエアーマンを回収しても相手からしたらダークロウが出てこない安心感しか与えず何のプレッシャーになりません

 なのでそういう意味も込めてキンギョやサモプリの代わりに入れたギミックがヴァイオン複数枚+蘇生罠でした

 今までと違って1ターンのラグが発生してしまうのがちょっと問題点なのですが今期に関しては意外と誘発や妨害~2枚くらいでターンが返ってくることが多いのでそこに関してはそこまで気になりませんでした

 例えヴァイオンにヴェーラーやうららを食らっても自身が闇属性HEROなのもあってマスクを素引きしていればどうにかなったりむしろそこにうららを当てさせることにより強欲貪欲が通ったりなんてことも割とありました

 少し話が逸れましたが蘇生罠を複数枚入れたのはいいけれどヴァイオンはEコールでサーチすることが出来ないので結局サーチ系とだけ一緒に引くとミスト召喚エンドみたいな感じで相手からの破壊を待たなくてはいけない微妙な感じました

 そこで目を付けたのがかなり久しぶりの登場ブレイズマンです

 Eコールと蘇生罠しかない時に持ってくるモンスターとしてはかなり優秀です

 ヴァイオンが出てからはさらに影が薄くなり僕自身すっかり忘れていたんですがEコールで持ってこれるヴァイオンみたいなカードなかったかなーってふと昔の自分の記事を見ていたらこのカードを見つけてこんなのいたな!って感じでちょっと笑っちゃいましたw

 ヴェーラー食らった時だけは弱いのでそこだけ割りきりになっちゃうんですがアレイスターに処理されない打点もあってキンギョほど妨害を食らってきつくもないのでそういう意味ではまだマシです

 あとは単純にグダった時とかにアライブから出せるHEROが足りなくなることがたまにあったのでそこを増やせるのも○

 最初はヴァイオン2枚構築だったんですが途中から1枚をこっちに変える事にしました

 ちなみにブレイズマンスタートの時にヴァイオンを回収しておけばもし戦線復帰をサイク系されてもミストssからマスク回収してミストが破壊されても返しにダークロウを出せる事が出来ます

 ついでにディシジョンガイが入っていればヴァイオンではなくディシジョンガイを回収してさらにエンドフェイズに後続回収出来たりってのもあります

 ▼強欲で貪欲な壺

 蘇生系を多く入れていることからこのカードでミストが飛ぶと一気にパワーが落ちてしまうカードが多いので途中で1回まで減らしたんですが回数をこなしていくとミスト自体にヴェーラーを食らった時にマスクも蘇生系もないと結構しんどい時が多かったのでマスクチェンジを素引きするのを目的として結局2枚入れました

 ▼月の書

 恐竜とやっていて先攻ぶん回しの次にきついと思ったのが戦闘破壊耐性付きのアークデクレアラーの処理でした

 既存の構築だとうさぎか聖杯辺りが入っていないと止められなくてそこが通ってしまうと処理出来るカードがカステル、ビュート、ホープONEくらいになってしまんですよね

 使っている側からしても意外と邪魔らしくたまに自分からシンクロ素材とかに使うらしいんですけどもしそれで盤面が固まって横に究極伝導恐獣が立ってしまうといよいよ本格的に突破出来なくなってしまう事を考えたら出来るだけ成立させたい流れではないです

 ただうさぎは上述している通り強さにかなりムラがあると感じて聖杯か月の書で悩んでいたんですが聖杯は先攻で引いた場合に後手のフォトスラから飛んでくるライトニングでダークロウを退かされる裏目を考えてメインは先攻後攻でそこまでムラがない月の書、後手では入れ替え用としてサイド聖杯にしました

 メインに竜星のシンクロ効果を妨害出来るうさぎ、聖杯、月の書のどれかは個人的に絶対いると思っています

 ■エクストラ

 エクストラはほぼ全く変わっていないですね

 あとから気付いたんですけどキンギョ抜いて今までですら使用頻度が低かったアシッドがさらに減ったんで抜いて新弾後ならアカシックマジシャンかマスターボーイの枠でいいと思います
 

 ▼ナイトショット

 主に恐竜の後手用のカードです

 本来恐竜相手のサイク系は九支に引っかかってその後シンクロでアークが出てきたり運が悪いと戦線復帰を抜いたりみたいなあまり強い使い方は出来ないのですがこっちだとGとかをチェーンされない限りほぼほぼ裏目んないのが○

 九支を割ってライトニングでボウテンコウを退かしたり逆に九支を撃たせてから横のナイトショットを退かしたりと使い勝手はそこまで悪くなかったです

 何より勝ったら選考会の試合で無慈悲に使われた勅命もぶち抜けるのが良いですね 

 ▼ツインツイスター

 召喚真竜とABC相手の後手用

 ドラゴニックDや格納庫ごと割りたかったり2伏せとかの時を考えたらサイクロンよりこっちの方がいいと判断しました

 ただ先攻の時にサイクロンを入れたい相手もちらほらいるのでそこを考えて2:2とかで散らすのもありかもしれません

 ▼神の通告

 環境的には普通にメイン採用もありなカードなんですが蘇生罠を多く入れている都合上先攻用のカードを多く入れすぎるのも駄目かなって思い月の書と入れ替えました

  
 
 とまぁざっとですが大体こんな感じです

 サイドチェンジとかはサイドが大きく変わりそうな今度の事を考えるとあんまり意味なさそうなんで今回は書かない事にします

 今期は僕も久しぶりに色々試行錯誤していて今もその最中なので1つの構築の選択肢として参考になったら幸いです

 実際CSでは事故負けが2回起きていてその時G、強欲貪欲辺りがヴァイオンやサモプリだったらって場面があったのでまだ詰め切れておらずそこら辺を変えた方が良いと思います

 ちなみに今回の構築なら尚更なんですがヴァイオンよりディシジョンガイを優先することは今のところ考えてないですね

 理由はちょっと前の記事に書いてあるのでもし気になった方はそっちを読んでもらえると幸いです


 話は少し変わるんですが僕的には拮抗勝負がきても恐らくメインには入らないかなって思っていてその分サイドが結構変わる気がしてます

 拮抗勝負に関してはHEROは撃たれてもダークロウは場に残るし逆に後手の返しカードとして使えるのでどっちかっていうと追い風のような気もしなくはないです

 サイドに賄賂とか入れてダークロウ賄賂でその他諸々のメタカードとまとめてメタりにいくか今まで以上に誘発ガン積みで場にカードを置かないようにして究極的なまでのダークロウビートを目指すか等とどう向き合っていくか、他の環境デッキの構築にどれくらいの変化があるのかとちょっとだけ楽しみな部分もあります

 あとはアカシックマジシャンやマスターボーイの登場で久しぶりにメインモンスターゾーンにダークロウを置けるようになるので今後の環境次第ではドバーグを増やしたりキンギョ戻したりとまた色々と新しい構築を考えていきます

 捕食やマスマティ辺りを使ってぶん回し方のHEROにすればもしかしたらマスタボーイを使ってまたダークロウ餅カエルとか出来るかもしれませんが僕はデッキに素引きがかなり弱いカードを入れるのが好きではないのでそっちの方は今のところ考えていません

 もしIFの先攻ワンキルの劣化にならないで現実的に安定して盤面を作れる構築を誰かが作ってくれたらその時そこにあやかりたいと思います。笑

 恐らく既存のようなHEROの構築でダークロウ餅するのは手札消費が多すぎて現実的ではないと思ってるのであんまりぶん回しを狙わないでメインモンスターゾーンにダークロウを出すことだけ考えて次のターンにエアーマンからランク4を追加していく感じの方が良いかなって考えています

 実際新弾後の事はまだ何も考えていないので次のCSまでこれからの環境を見ながらゆっくりと考えていきたいと思います


 もし何か質問等があればツイッター(@RED1002019)でのリプライかこの記事のコメント、どちらでも大丈夫なので気軽に聞いてください(^0^)

 次は恐らく誰得の春アニメの感想記事を書く予定です


 ってことで、またいつか

スポンサーサイト

東京遊戯CS レポ


 どうもこんばんは

 今回は日曜日に出てきたCSのレポを書いていこうかと思います

 ってことで、さっそくレポ

 チーム名「高松幕府」

 A RED
 B ISOTOPE
 C taka

 場所 東京
 参加人数 100チームくらい
 予選ダブルイルミネーション6回戦+決勝トーナメント4回戦
 使用デッキ マスクHERO

 1回戦 魔導召喚真竜 りゅーらんさん ○○ チーム ○○×

 1戦目 先攻

 サイコロは負けたけど相手は後攻選択

 初動アライブスタートにうららはなしでミストss

 ミストssサーチ効果にヴェーラーを撃たれて2伏せでエンド

 相手返しに1伏せでセット時にマスク発動からミスト効果でエアーマンサーチ

 伏せの真竜魔法リリースでイグニス召喚に警告

 そのままダークロウ維持してビートキル

 2戦目 後攻

 相手先攻ダイナマイトK+ドラゴニックDでエンド

 とりあえずEコールからスタートしてチェーンダイナマイトで真竜罠発動されてミストサーチ
 
 羽根帚で2枚吹っ飛ばしてミスト召喚からバトルフェイズにマスク発動で闇鬼ssミスト効果にうらら

 闇鬼でダイナマイトKに殴ってマスクサーチ

 メイン2に増援でエアーマンサーチして2伏せでエンド

 返しに羽根帚撃たれて神宣

 1伏せにマスク発動してそのままエンド

 ドローツインツイスター

 エアーマン召喚でオネスティサーチして2体で殴ってエンド

 返しの暴走魔法陣からアレイスターサーチにダークロウでハンデスして勝ち 
 
 2回戦 恐竜竜星 タカトシさん ○○ チーム ○○○

 1戦目 先攻

 この日2回目の先攻アライブスタートするとまたもヴェーラーされる

 返しに素引きマスクで噛み合わせていくも素引きドラゴンでダークロウ処理される
 
 ただ誘発で相手の動き弱めてエンド戦線復帰からおかわりダークロウしてビートキル 

 2戦目 後攻

 相手のミセラのss効果スタートにGを合わせる

 2ドローボウテンコウにヴェーラーを合わせるもまさかの3伏せエンド

 とりあえずEコールからミストサーチしてバトルフェイズにマスク発動すると九支を撃たれるもボウテンコウのss効果とリフンにもう1回Gを合わせる

 シンクロ効果に2枚目のマスク発動で警告、またボウテンコウが出てきたので3度目の正直でマスクセカンドを発動すると通ってダークロウssからボウテンコウのサーチは除外してミスト効果でエアーマンサーチしてエンド

 返しに相手は動けずそのままエンドしてきたのでエアーマン追加からオネスティサーチしてエアーオネスティとダークロウでボウテンコウ+リクルートしてきた竜星を除外

 こっちはハンドにスカルマイスターとうららもあってこれはいけるやろーとか思ってたらトップソルチャから鬼の4体蘇生

 サーチした九支はハンデスでなんとか抜けたもののトリシューラが出てきてこっちのリソースが場にダークロウとエアー、ハンドにスカルマイスターだけになってしまう

 ドロー強欲貪欲

 強欲貪欲発動で戦線復帰と警告ドロー

 相手も墓地のリソースが何もなくなっているのでダークロウでトリシューラに自爆→メイン2スカルマイスター召喚からライトニングまでいって2伏せエンド

 返しにトリシューラが邪魔だったのかライトニングに自爆してきて1伏せエンド

 エンド戦線復帰でミスト蘇生して返しのバトルフェイズに相手も戦線復帰でシンクロを狙ってきたので警告で止めてライトニングでボウテンコウ退かして勝ち

 3回戦 真竜メタルセフィラ しーらさん チーム ○××

 1戦目 後攻

 相手に先攻で回されるも意外とワンチャンありそうな盤面でターンが返ってくる

 ただ初手にモンスターがいなくてミストにアクセス出来れば捲れる可能性あったけど引けず3伏せでエンド

 返しの継承効果でマスクチェンジを選択されたのでデッキバレする前にサレンダー

 2戦目 先攻

 3戦目 後攻

 初手

 エアーバブルミストスカルマイスター蘇生

 入れるものなくて気持ち程度に入れたスカルマイスターを引いてしまい一応コンビ効果に撃てたけど弱い撃ち方でその上からそこそこの盤面で返ってきてエンド

 ドローEコール

 Eコールでオネスティ加えてエアーマン召喚効果なしからシウゴ退かして九支発動出来なくしてメイン2に蘇生からビュートいくも返しにもう1回ぶん回されて流石に負け

 4回戦 星杯 バードさん ○○ チーム ○○○

 1戦目 先攻

 初手

 エアーヴェーラーうららアライブマスク

 この日3度目のアライブチャレンジはついにうららで止められる

 エアーマン召喚してミスト回収でエンド

 一応誘発2枚あるし多分ターンは返ってくるだろとって思ってるとヴィーナスが出てくる

 ヴィーナス効果にヴェーラー撃つとそのままエンド

 返しにミスト召喚からバトルフェイズにマスク発動で闇鬼ssミスト効果でオネスティサーチして

 1200+1800+2400+2500の7900のヴィーナスのコスト含めて8000超えてワンキルして勝ち

 2戦目 後攻

 相手先攻で何もせずにエンド

 返しにEコールでミスト回収して強欲貪欲にうらら

 ミスト召喚からバトルフェイズにアタック→マスク発動でミスト効果でエアーマンサーチしつつダークロウで殴ってエンド

 返しのヴィーナスにまたヴェーラー合わせると相手何も出来ないらしくサレンダー

 5回戦 トリックスターABC ×× チーム ×○×

 1戦目 先攻
 
 5ターンくらい+強欲貪欲撃ってもHEROにアクセス出来ず負け

 2戦目 先攻

 初手

 エアーマンヴェーラーアライブEコール通告

 一応うららチェックでEコールからスタートするも何もなしでこの日初めてアライブ発動からミストssまで何もなくマスク回収まで通る

 エアーマン召喚してバブルマンサーチ2伏せでエンド

 ただ返しにツインツイスター(コストA)→ブラホ→格納庫からドラゴンバスター出てきて負け

 どうせEコールにうらら撃つ人なんてほぼほぼいないからツインツイスター考えてEコールもセットしておくべきだったか…


 個人

 ○○
 ○○
 ×○×
 ○○
 ××

 の3-2

 チーム

 A ○○×○×
 B ×○×○‐
 C ○○○○×

 の3-2で予選落ち


 うーん今回は今までほとんどなかった事故負けが2回もあったのでもう少し初動を入れるべきだったかもしれません

 ヤバいプレミってプレミもなかった気がするので単純に構築が煮詰めきれていませんでした

 4回戦まで全勝してくれたtakaさんに申し訳ないです

 結果残せなかったのは残念でしたけどしっかり環境デッキには勝てて今期は割といけそうなのを実感出来たのは良かったです

 あと前日にチームメンバーの家に泊まりに行く過程でちょっと前にツイッターで話題になった1500円だけ握りしめてこいの焼肉屋にいけたのも良かったですw

 今週末にもう拮抗勝負が出てまた環境に変化がある可能性が高いので本当は構築の話とかはするつもりはなかったのですが記録として次の記事で今回使った構築について書きたいと思います

 恐らくいつもみたいながっつりした感じではないと思うのでそこまで期待はしないでください。笑


 ってことで、またいつか

新環境の話あれこれ

 はい、どうもー

 いよいよ始まりましたね新環境

 まぁ正式な日付や選考会が控えている人的にまだ本当の新環境が始まっているわけではないんですが

 ただまさかの公式フラゲという謎単語でVジャンプ発売の1週間前に改訂が判明する前代未聞の新環境の幕開け方をしました

 ということで今回は先週のCSや非公認の結果を元に今後の構築について軽く書いていきたいと思います

 いつものHEROの考察記事とかではなく自分の考えを一旦整理する的な意味合いが強いのでそこら辺を踏まえて読んでもらえるとありがたいです^^;

 ではでは早速本題に入っていきたいと思います

 
 トップシェア

 恐竜竜星(真竜皇) 魔導召喚真竜 ABC

 次点

 HERO トリックスター ファー二マル カグヤ メタルフォーゼ 彼岸 命削り

 今のところ環境序盤のデッキ分布はこんな感じですかね?

 改訂判明からフィールド関連以外規制がかかっていなくて明らかに強いと思われていた恐竜

 規制がかかってもまだまだ強い真竜系

 テラフォと交換で格納庫が戻ってきてそれに加えてリンク召喚で全盛期と変わらないくらいドラゴンバスターにアクセス出来る?ABC

 その下になんとかワンチャンないだろうかと頑張る環境外勢

  
 まぁ僕はもちろんHEROを考えるわけなんですが如何せん構築が悩ましい

 DCSBGGWUMAAe5iu.jpg

 とりあえずこれが僕が改訂判明後すぐ組んだHEROの構築です

 最初はかなり恐竜に寄せていてコズミックとかは入っていなかったんですが恐竜以外も普通に沢山いるので3枚入れないと駄目っぽいですね

 そして今1番悩んでるのが誘発の選択です

 うららはついに十二獣が消えてもういよいよ刺さらないデッキがないんじゃないかってところまできたのでメインに文句なしの3枚

 これに+で何かしら誘発を入れたいんですが何を入れるかって話

 ここで今期のメインに入れる誘発の強みや弱みを一旦整理していこうかと思います

 
 ▼幽鬼うさぎ

 前期はドラゴニックD環境故うららと同じくメイン3枚が多かったんですが今期はドラゴニックDが減ったことにより逆にそこ以外に明確な撃ちどころがない

 恐竜 △?

 真竜皇が入ってない型も割と多いみたい?なのでそうなると本当に撃ちたい場面が全くない 

 真竜皇要素が入っているかどうかで強さがかなり変わってしまう  

 魔導召喚真竜 △~○?

 ドラゴニックDが制限の今1回破壊してしまえば相手の真竜要素の噛み合いを素引き頼りに出来て前みたいにうさぎの上から使われることがないのも○

 ただそこにうさぎを撃つとアレイスター召喚からメルカバーが成立してしまうのがしょっぱい

 ABC ○

 当てられる部分はほぼ格納庫の装備効果だけだと思いますが昔みたいにフォトスラとかガジェをガン積み出来るわけではなさそうなのでバスターいけなかった場合ツクヨミから妨害を引きにいかれる動きをされにくくなっている

 なので先攻バスターさえ出てこなければ意外となんとかなりそうということでその動きを抑止出来るうさぎは割と強そう

 ▼エフェクトヴェーラー

 個人的にはアイスベルと真竜要素にだけ弱いことを除けば100点は無理でも意外とどのデッキ相手も50~70点の役割は出来るカードなんじゃないかーって思ってます

 まぁ真竜が増え過ぎちゃうとちょっとあれなんですけど

 恐竜 ○

 欲張ってオヴィラプターに当てたいですけどミセラのド裏目がある以上ボウテンコウに当ててサーチとレベル変換を無効に

 コストで墓地にリフンは落とされてしまいますがレベルは変わらないのでボウテンコウを混ぜてシンクロとかはあまり出来なそう

 なので真竜皇やドラゴニックDでボウテンコウを破壊しない限りはそのままターンが返ってきそうだなと(まだちゃんとやっていないのであくまで予想です)
 
 故に真竜皇なしの恐竜竜星には尚更強そうである

 HEROの場合は先攻ダークロウ+ヴェーラーと構えれば相手のオヴィラプターからドゴランサーチ又はジャイアントレックスを落とすという流れを妨害出来て先攻でも浮きづらいのも○

 魔導召喚真竜 △~○

 バテルやアレイスターなど1枚で動けるカードを後攻1ターン目から止められるのが○

 ただ素引き召喚魔術でメルカバーにされたり相手のハンドが真竜寄りの場合浮く可能性がある

 ABC △?

 恐らくまともに当てられるのはガジェットかエンシェントフェアリーの効果くらい

 ただそこに当てられればそのターンはバスターの成立は出来なそうではある

 拮抗勝負が出た後は恐らく消えるであろうが罠型のABC相手に引いたらその試合はヴェーラーの可愛さで癒されるくらいの力しかない

 ▼増殖するG

 魔導召喚真竜を考えなければうららの次にメインに入れたカードかもしれないです

 恐竜 ○

 文句なしで恐竜相手には強いので恐竜を意識するなら優先的にメインに入れるべきカード

 まぁ2ドローボウテンコウとかでターンが返ってくるとは思いますがHEROはバブルマンを絡めてライトニングを作ったり他にも汎用カードを多く入れられる特有の強みで上手く噛み合わせてボウテンコウくらいなら割と返せるので先攻2ハンとかを止められるだけで十分強いかなと

 ついでWWも見れるのもいいですね

 魔導召喚真竜 ×

 基本的に魔術1ドローのみ

 相手がWW入りであればまぁちょっと強く撃てる場面もありますが入っていない型には成金ゴブリンがいいところ

 このデッキ相手に被るとキツイですし相手が真竜寄りのハンドだった場合めっちゃ浮きます

 ヴェーラーと違ってイラストもキモいし癒しにすらないのが×

 ABC △?
 
 罠型ABCには基本的にチェーンブロックが組まれない時にしか打てないので×

 バスター特化型なら当てる部分は多そうだけど強く当てられそうなとこ自体はないので△?

 ただうさぎやヴェーラーと違って手札を減らさずに先攻バスターの動きを抑止出来て1回止めてしまえば返しにダークロウから散らばった奴らを退かせるって意味では○かも?

 ▼D・D・クロウ

 ヴェーラーと似た役割のカード?

 恐竜 △?

 ミセラを墓地に送った時に除外すればボウテンコウを阻止出来る可能性が

 ただ先にミセラを墓地に送るスタートの時とかはその後のオヴィラプターからまたミセラを捨てられる裏目や真竜皇べビケラ系の展開にはあまり強く撃てなそう?(恐竜相手に使ったことないのでどこに撃てば強いのか知らない)

 魔導召喚真竜 △~○?

 召喚魔術を除外すればアレイスターループを止められる(ただし場に融合体が出てしまう)

 復活の蘇生に撃てる

 くらいですかね

 ABC △~○?

 バスターを止められる可能性がある

 ただリンク召喚が絡んだ展開の時は微妙かも?

 ▼スカルマイスター

 ちょっと恐竜意識しすぎのカードなので個人的にメインはなしですね

 恐竜 ○

 僕的にはクロウみたいにミセラを上から使われるみたいな裏目がないので恐竜相手には信用度高いです

 魔導召喚真竜 ×

 真竜魔法罠の墓地効果くらいにしか撃てない

 盤面に一切干渉出来ないので×

 ABC ×~△?

 意外とBやCの効果に撃ったらバスター成立を止められたりする可能性が?

 まぁ相手の動き次第なので基本的には弱そうです

 ▼浮幽さくら

 ハンド-1のハイリスクハイリターンみたいな印象のカードです

 恐竜 △~○?

 ボウテンコウを飛ばしても普通の恐竜の動きで負けたりすることが多かったり?

 特に真竜皇が入っている型相手にはその上から2ハン食らったりみたいなことも起きそうなのが

 ただ真竜皇が入っていない型には普通に強そうかも? 

 魔導召喚真竜 ×

 アレイスターの融合先が沢山いるので余程エクストラに余裕があるデッキでしか効果的に使えずしかも他の属性が場や墓地にいた場合は融合ループを止められない可能性がある

 真竜寄りになった場合は勿論かなり浮く

 ABC △?

 バスター飛ばせれば劣化ランク4デッキになるから意外と強い?

 とは言っても全盛期でも結局さくらを入れている人って少なかったイメージだったのでやっぱり相手の盤面に触れられないハンド-1スタート+装備ビートやランク4+妨害でそのまま負けたりするパターンが多いのかもしれない
 

 とまぁメインに入れられる誘発としてはこれくらいですかね

 なんかもうどの誘発も強み弱みがあってどれを入れるかかなり悩みますね

 罠選択も悩ましいところですがそこは真竜が前より減ったことを考えると無難に神シリーズが強そうです

 他にもHEROなら3枚目以降の通告として無償交換とかもありですね

 あとはクリスタル、召喚獣の融合体、中級真竜を考えての次元幽閉とかもワンチャン?

 似た役割で脱出とかも意外と強かったり?

 個人的に今期良いなと思ってる罠はマインドクラッシュでどの環境デッキにもしっかりと撃ちどころがあって且つWWやトリックスターなどの環境外まで見れるのがいいなーと

 まぁ後手で引くとあれなんでサイド向きのカードなんですけどね

 メインギミックに関しては今期も変わらず先攻ダークロウが強い環境なのでそこまでいじるところがなく本当に1番悩ましいのは誘発どうしようかなーって部分です

 エクストラは一応リトスアジムを意識してまたホープセットを増やしたり恐竜相手の後手でVFDを止められるカードを引いてなくてもワンチャン作れるバグースカを2枚にしていますが意外と真竜皇入りを見かけないのであればホープセットは減らそうかなーとかも思ってます

 他にも細かい部分で色々悩んでいますが今週末も恐らくどこかしらでCSがあると思うのでとりあえずそれを見てまた考えたいと思います

 構築がある程度固まるかCSに出たら改めてHEROの構築を話をするかもしれないです

 個人的には前期でもまぁまぁ勝ててたHEROは今期こそ勝てるんじゃないかなって思ってるんで次こそは勝ちたいです


 ということで今回はここら辺で終わります

 まだ新環境も始まったばかりで手探り状態の人が多いと思うので徐々に構築を固めていきたいと思います

 まぁもうすぐ噂のヤバい罠、拮抗勝負が出たら一気に環境が荒れる可能性がありますがHERO的にはどっちかというと強化かなって思ってるんで楽しみではあります

 拮抗勝負についてはまた別に記事を書くかもそれません(多分)

 それでは皆さん前期よりさらに良くなった?環境を楽しみましょう

 ってことで、またいつか

今期のHERO 総括

 どうも、こんばんは

 ブロック戦も終わり一段落してもう今期も終盤に入りましたね

 そんな僕も今日のCSで今期が終了しあとは改訂待ちとなります
 
 ということで今回は今期のHEROのまとめ記事でも書いていきます

 ではまずは最初は今期のCSを振り返りながら構築の変化について話していきその後に最終的にどういう構築に落ち着いたかを話していきたいと思います

 今期の頭の方に1回採用カードの理由を1枚ずつ説明はしたのですが今回は来期の期待も込めて次HEROを組む時にどういうことを意識した方がいいかみたいなのも知ってもらう為にもう1回細かく書いていこうかと思います

  

 【構築の変化】

 C8UowoYVoAET7G7.jpg

 C8UowoYVwAE8Tnb.jpg
 
 4/1 小山杯 チーム戦 個人2-2-1 ベスト4

 これが今期最初のCSでした

 この時はまだ改訂から数週間後で安定感のある命削り真竜がトップシェア、次点で恐竜やコズモ系って感じの環境だった気がします

 なのでダークロウに対してドラゴニックD+真竜でオネスティを使わせにきた時のことをかなり重視していてメインからコズミック以外にもサイクロンや聖槍、あとは返し合いになった時などの事も考えてリビングデッドが入っていますね

 メインで命削り真竜に構築が寄っているのでその分サイドには恐竜メタをかなり入れてました

C_JFkD-UwAEDQMF.jpg

C_JFkD_V0AAs95D_20170601161935065.jpg

 5/3 足立CS 個人戦 3-2 ベスト32
 
 5/4 釜CS 個人戦 3-1 

 5/5 釜CS チーム戦 個人1-3

 前のCSからほぼ1ヶ月後のCSでした

 1ヶ月で環境もだいぶ変わり十二獣真竜のシェア率が一気に増え恐竜も恐竜竜星へと変化

 命削りやコズモ入りの真竜もだいぶ減り代わりにWWを入れた構築が増えました

 東北の環境では命削りがほぼ全くおらずメインに聖杯や通告を入れたりサイドも壊獣を抜いて十二獣真竜と恐竜にかなり寄せた構築に変えました
 
 エクストラもリトスアジムを意識したホープセットの増量や十二獣を意識したラグナゼロなど微妙な変化が見られますね

 DA6G2RzUwAAg5WJ.jpg

 DA6G2R0U0AA1GPL.jpg

 5/28 ブロック代表決定戦 個人戦 2-1 勝てば選考会のとこで負け

 6/3 JGP 個人戦 2-2

 今期は最終的にこういう感じで落ち着きました

 メインとエクストラはほぼGWの時の構築と変わっていませんがサイドがちょっとだけ変わりました

 ※今日のJGPでは深淵→ダイヤモンドクラブキングにしました

 構築の詳しい部分はこの後に話しますが改めて見るとこのデッキレシピの並べ方の汚さからブロック戦で負けてどれくらい萎えていたのかが感じ取られますねw 

 【2.メイン】

 ▼E・HERO エアーマン×2枚
 
 ▼E・HERO シャドー・ミスト

 ▼ゴブリンドバーグ

 ▼召喚僧サモンプリースト

 ▼E-エマージェンシーコール×3枚

 ▼ヒーローアライブ×3枚

 ▼マスク・チェンジ×3枚
 
 ▼増援

 ここは説明はいらないと思いますが初動カード兼ダークロウにアクセスする為のカードですね

 ■モンスター

 ▼E・HERO バブルマン

 回ってきたHEROの構築を軽く見る感じだとここが0の人が多かった印象です

 確かに今のHEROは新ルールにより以前のようにダークロウ+ランク4みたいな盤面が出来なくなりバブルマンの役割が前より減ったのは事実です

 ただこのカードが入ってないと先攻ミストマスク→エアーマン回収の動きからダークロウを突破された場合こっちの選択肢がエアーからエアーをサーチかエアーからオネスティという打点での解決しか出来ません

 ダークロウを返される=相手の盤面に何かしらのモンスターがいることが多いのでエアーからエアーのプレイはほぼ意味がないことが多く相手の場にいるモンスターがダイナマイトKや十二獣の場合は打点で1体処理したところでも大して変わりません
 
 別に序盤だけの話に限らずそういうモンスターが場にいることは今期では全く珍しい状況ではなくその時にエアーバブルマンからのエクシーズという選択肢がないだけで一気に負けまで見える可能性が大いにあり得るのです

 確かに素引きがあまり強くないとは思いますが他のデッキの引いたら弱いカードに比べて普通にレベル4、しかも自分でss可能なモンスターってだけ十分素引きのリスクよりリターンの方が大きいと僕は思っています

 特に十二獣が増えてきた今期の中盤以降はラグナゼロやビュートが前以上に強くなっているので尚更です

 なので僕は今期のHEROにバブルマンは最低1枚絶対いる派でした

 あとは地味に2ドローも僕は偶然起きるものよりゲームの展開によっては自分から狙っていくものだと思っているのでそういう選択肢としてもほしいと思ってます

 ▼E・HERO オネスティ・ネオス

 真竜環境故ダークロウ単体では打点不足なのでミストからサーチ出来る打点の補助として最低1枚は必要だと思います

 1枚か2枚かではずっと悩んでいたんですけど強欲貪欲を3に増やして飛ぶ可能性が上がり、環境を考えたらデッキに1枚は残ってないと駄目な時が多いと判断し2枚に増やしました

 直接的に1試合で2枚使うことはあんまりないですけどブロック戦では2枚入っていたおかげで勝っているので入れておいてよかったなと思いました

 ▼V・HERO ヴァイオン

 ここは入れたり抜いたりして結局入れました

 途中からマスクセカンドも入れたのでその対象を増やしたいという理由とたまにアライブアライブと被った時にミストにうさぎを撃たれた場合でもダークロウを出せたりもします

 あとはミスト→エアー→エアーからのサーチ先としてもこの枠を入れておくと割と便利だったりします

 上述しているサーチ流れで最後にバブルマンかオネスティをサーチしてしまうとそれ以降のアライブやEコールが弱くなってしまうんですよね

 そこでこのカードを入れておくとエアーマンからこのカードをサーチし、その後HERO関連のカードを引いた場合バブルマンと合わせてランク4へ向かうことが可能になります

 これはバブルマンを入れているからこその流れでもありここでもバブルマンのありなしの影響が出てきますね

 ここはダイヤモンドガイやディシジョンガイと悩まれる部分ですが僕はこのカードが1番だと思っています

 ダイヤモンドガイは昔と違いエクシーズモンスターを沢山並べることが出来ない為このカードの効果で落としておいしい魔法カードがほとんどなくそのワンチャンに期待も出来ません

 ディシジョンガイは地味に先攻クリスタルや中級真竜への時間稼ぎになってくれたり中盤以降はエアーマンやオネスティなどを回収出来るので弱くはないんですがそこまでHEROが循環しているなら別になくてもどうにかなると判断しました

 その中で僕がヴァイオンを選択した理由は初動の時を考慮してです

 HEROの負け筋の1つとしては初動でまともなモンスターを引けないで負けるというものがあってその時にヴァイオンならばミスト落としからエアーマンをサーチして次のターンにエアー→エアーでさらに後続を繋いでいくか例えヴァイオンが破壊されてもエアー→バブルでランク4という選択肢が作れます

 もしマスクと素引きした場合は残りの3枚でダークロウを守っていくことになりますが今期のHEROは妨害以外+でダークロウオネスティを構えないといけない場面が多くてそういう意味でもヴァイオンじゃないと駄目だったって場面も結構ありました

 今期はしっかりとダークロウ+αという盤面を作れればなんとかなると思っているのであまり期待できないダイヤモンドガイや割と勝ちを勝ちにするカードのディシジョンガイよりも初動が微妙な立ち上がりの時にワンチャン作れるヴァイオンの方がいいと思ってます

 ▼ブリキンギョ×2枚

 ドバーグと同じで先攻ダークロウ率を上げる為のカードです

 前の構築について話した記事ではここはマクロコスモスでもいいかもしれないと言いましたが今はキンギョ優先だと思ってます

 その1番の理由が十二獣真竜です

 HEROが十二獣真竜相手に使うマクロコスモスはかなり弱いと思っていて例えマクロコスモスを張っていても十二獣とブルホーンをグルグルされているだけで十分きついんですよね

 あとは後手でマクロを引いてもほぼ全く機能せず今期の後手はビュートがかなり強いと思っているので後手からアライブ以外の手数を増やす為にもマクロより優先的に入れるべきだと思いました

 ここが他のカードだったら先攻ダークロウ立たなかったっていうハンドが割とありましたし上述している通り今期は後手からランク4に向かえるのは1つの強みだと思っているので他のカードにするのもなしだと思います

 ただだからといって大量展開が出来ない現状引きすぎても困るので少し抑えめの2枚です

 ▼幽鬼うさぎ×3枚

 ▼灰流うらら×3枚 

 HEROはアライブ1枚でマスターPを倒せるというのが今期のHEROの強みの1つなのでドラゴニックDへのアクセスを妨害する為と今期1先攻展開が強力な恐竜竜星を考えるとここは6枚必要かなって思ってのフル投入です

 ■魔法

 ▼コズミック・サイクロン×3枚

 先攻ダークロウオネスティを構えている時へのドラゴニックD+真竜や真竜罠でのこっちターンのアドバンス召喚を考えて3枚採用

 ▼強欲で貪欲な壺×3枚

 前は2枚だったんですがやっぱり少しでも初動でダークロウにアクセスする為の札がほしくて3枚に増やしました

 後手の時にもう1枚分攻め手がほしいみたいな理由もあります

 今期は前みたいにバハシャ餅で耐えるみたいなことも出来ず今まで以上に初動でダークロウへのアクセスが重要視されているのでミストが飛ぶということはどのみちミストにアクセス出来てない場合で厳しい試合になると思っているのでそういうゲームでもワンチャン作れる分マシって感じで割り切ることにしています

 ▼禁じられた聖杯×2枚

 先攻で中級真竜、クリスタルウィング、VFDなどの置物が増えて且つ先攻時は十二獣に対してもダークロウと合わせるとヴァイパーを使わせた上で返り討ちに出来る1枚で2役持てるカードだったのでメインに採用しました

 ▼マスク・チェンジ・セカンド

 少しでもダークロウ率を上げる為に入れました

 あんまり強いカードではないですがこのカードを引いたから手札誘発をかわしてダークロウを出せた試合も割とあるので抜くに抜けなくなったカードです

 一応普通の使い方以外にもキンギョサモプリスタートとかのミストにうさぎを撃たれた場合普通のマスクではなくこっちをサーチすればダークロウを出せたりもします

 ▼死者蘇生

 大体の人の中で必須枠だと思いますが一応説明をします

 ミストへのうさぎを蘇生罠と違ってラグなしでケア出来る点やトップで引いてすぐリソースに変換できる、あとはエアーマンやオネスティを蘇生してEXモンスターゾーンを使用している場合でもワンキルしやすくなるのが◎

 先攻ダークロウ→エアーマンサーチの流れで場にダークロウが残っても次のターンにエアーマンからオネスティ蘇生してワンキルとかも出来るのでどの場面で引いても強いことが多く入れられるならもっと入れたいです

 ワンチャンそろそろ緩和される可能性が…?ないですかね

 ■罠

 ▼神の通告×3枚

 十二獣と恐竜とWWギミックを意識してサイドからメインにしました

 聖杯とどっちにするか迷う部分なんですが先攻で引いた場合聖杯だとWWの動きに対して弱いのもありこっちを優先して3枚にしました

 単純に東北がWW魔導真竜が結構いたイメージだったのでこっちを3枚にしましたが環境によっては聖杯を3枚にするのもありだと思います

 ▼神の警告

 ▼神の宣告

 唯一真竜に対してメインに無理なく入れられる有効な罠なので文句なしの採用 

 【3.エクストラ】

 ▼M・HERO ダーク・ロウ×2枚

 このデッキを使う1番の理由

 リトスアジムやマスクを被らせて聖杯をケアしたりすることを考えると最低2枚は必要だと思います

 ▼M・HERO 闇鬼

 今期はリトスアジムやダイナマイトKなどの2500打点ラインが存在するのでそこら辺を倒す為にも1枚は必要かと

 リトスアジムのEX除外を考えて2枚にするかも悩みましたがそこまでリトスアジムが単騎で場に残っていることもなく残っている場合はドラゴニックDが貼ってあって攻撃力が上がっている時が多かったので1枚でいいかなって思いました

 ただ闇鬼+闇鬼+オネスティでたまにマスクが被っている時とかに8000超えたりするパターンもありますし2枚に増やすのはなしではないと思います

 あと地味にオネスティ×聖杯と合わせて攻撃力4300で直接攻撃出来るので覚えておいて損はないと思います

 ▼M・HERO アシッド

 このカードは前は入っていなかったんですが何回か必要な場面がきてしまったので入れることにしました

 稀にキンギョミストにうさぎを撃たれた場合とかにマスクセカンドを回収してから出したりって時もありました

 ▼M・HERO カミカゼ

 ▼M・HERO ブラスト

 GWのCSのちょっと前くらいまではカミカゼは抜いていたんですが結局入れ直しました

 カミカゼは上述している通り今期は2500打点ラインがあるのでそこを超えられるカミカゼとヴァイパーを使ってほしいときなどに強要出来る点、ブラストは真竜の復活ぐるぐるを止められるってはっきりと役割が分かれているのでどっちにか絞ることは出来ませんでした

 前よりエアーマンの枚数が増えた事により単純に風マスクHEROの出番が増えたのもありますしエアー→オネスティサーチ→マスク→マスクの流れて相手の動きによっては最後にブラストオネスティと構えて真竜罠をケアしながらワンキルまでいったりすることも可能です

 ちなみにブラストで復活を戻した場合は返しに復活セットしてからドラゴニックDの効果を使われることが多いのですがそういう時はしっかりとドラゴニックDの効果にチェーンでブラストの効果でセットの復活を戻しにいきましょう

 ▼No.39 希望皇ホープ

 ▼SNo.39 希望皇ホープONE

 ▼No.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング

 GWの時はリトスアジムを意識してもう1セット入れていましたが他に優先して入れたいカードがあったので減らしました

 1回ホープONEともう1枠空けてホープセットを追加しようか悩みましたが真竜皇や十二獣相手にはライトニングの効果を2回使えるようにしておかないと駄目な場面が割とあったので止めました

 特に十二獣相手には例えば1回サラブレ+ヴァイパーのモンスターを倒して返しにもう1回使えないと次にサラブラかヴァイパーを召喚されるだけで倒されるのはかなりヤバいと判断しました

 ホープレイではなくホープONEなのは散らばった十二獣や恐竜相手にワンチャン使える可能性があるからで実際ABCの時のように優先して使う場面はほぼほぼなく本当にもしかしたら程度なので正直どっちでもいいかもしれません
 
 まぁ一応って感じで僕はONEにしてますが今期は未だにレイでもONEでも1回も効果を使いたい場面はきてません

 あとは例えばキンギアライブみたいなハンドの時にアライブ→エアー→キンギョミスト(ミスト効果破棄)→キンギョミストでライトニングssでバトルフェイズに効果で素材のミスト外してミストでオネスティサーチってすると合計が1800+2500+5000=9300ってうさぎをケアしつつ1300以上のモンスターの上からワンキル出来たりします

 このワンキルを止める場合はエアーかキンギョにうさぎを当てるしかないというかなり弱い撃ち方になりこのワンキルパターンを知らない相手はうさぎをミストに当ててやるって考えの人が多いので意外と決まったりするので覚えておいて損はないと思います

 もし例えエアーやキンギョに撃たれたら普通にミストの効果でマスクサーチすればいいだけなのでかなり自然な流れでワンキルに向かえるのが◎

 ▼鳥銃士カステル

 たまにHEROでこのカードが入っていない構築を見かけますが僕の中では今期は必要なカードだと思っています

 1番の理由は真竜の復活ぐるぐるを阻止する為ですね

 復活を割れるカードがない時にこのカードが入ってないと割れるカードを引くまでひたすら真竜を蘇生されてそれだけで負ける可能性が十分にあるからです

 今期は先攻ダイナマイトK召喚の返しにアクションを起こして復活発動されてってよくある場面ですからね

 あとはフィールド魔法を退かす時によく使います

 ただそこは一応ダイヤウルフとかでも似た役割が出来てEXモンスターゾーンを空けながら退かせるってカステルには出来ない使い方もあります

 しかしそもそもエクシーズでフィールド魔法を退かそうとしている時はバブルマン絡みの時が多くそういう場面だと後続を切ってバブルマンをサーチしていることがほとんどなのでそこでダイヤウルフしか入ってないとトップでモンスター引けるかのお祈りになっちゃうんですよね

 カステルとダイヤウルフを一緒に入れて状況によって使い分けるとありだと思うんですけど僕の中ではカステルよりダイヤウルフを優先することはなさそうです

 ▼励輝士 ヴェルズビュート

 命削り真竜相手や十二獣真竜相手の後手でめちゃくちゃ強いので1枚は必須枠

 ▼ガガガザムライ

 今期の1番最初のCSではブレードハートにしていたんですがこっちなら1本取れてたって試合があったので変えました

 例えばキンギョエアーEコールみたいなよくあるハンドの時に4300エアーとザムライでワンキルが可能になったりとブレハには出来ないパターンがいくつかあるのも変えた理由の1つです

 今のHEROはヒヤヒヤしながらの試合が多く確実にワンキルにいける時にこの枠が入ってなくてターン返して返されて負けみたいなのがあったらしょっぱいのでブレハかザムライのどっちかは必要だと思っています

 ▼No.103 神葬零嬢ラグナ・ゼロ

 前からドラゴニックD発動下の真竜相手にほかのエクシーズモンスターを使ってリソース吐き出すより1ドローに変換出来る点から入れるか悩んでいたんですが十二獣真竜の台頭が入れる決め手となりました

 例えばキンギョエアーバブルの流れからよくあるEXモンスターゾーンの十二獣とライカで蘇生した十二獣エクシーズ2体をヴァイパーをケアしつつ綺麗に処理出来たり相手の先攻の置物に対して聖杯を撃った場合などに1ドローで聖杯の分が返ってくるのも◎

 ▼No.41 泥睡魔獣バグースカ

 このカードは深淵と入れ替えて入れました

 僕的には恐竜相手には深淵より安心出来ると思っているのもありますしそれに+で今までランク4じゃ手が届かなかった十二獣やWWギミックに対して蓋出来るのがかなり高評価している点です

 恐竜を相手にした時裏目というのが聖杯と素引き壊獣、あとはアグニで炎を2体破壊しながら出された場合です

 アグニに関しては通告などがなかったらもうしょうがない精神で割り切っていて聖杯は深淵も食らうし素引き壊獣に関しては僕は恐竜相手にいつもスタンバイに深淵の効果は使っていなかったのでそこもどっちでも一緒だと考えています

 深淵は深淵でキンギョやバブルが絡んでいない場合はオヴィラプターやミセラに倒される点、例え2200打点になったとしても真竜皇に普通に殴り倒されたりサイフレームγを食らう裏目もあるので裏目の数がそこまで変わらない且つ他のデッキギミックに対して蓋を出来るバグースカの方が深淵より優先だと思いました

 まぁ結局ブロック戦では一応って感じで深淵も入れましたがほぼほぼ命削り真竜専用みたいな感じでしかも命削り真竜相手にも特別深淵が強いわけではないので別に前程の必須枠ではないと思いました

 もし深淵を抜いた場合に命削り真竜と当たった場合どうするかは後述します

 ▼No.52 ダイヤモンド・クラブ・キング

 深淵の枠を何か違うカードにしようと思ってこのカードかブラックローズにしようと思ったんですがある程度の期間ブラックローズを入れていて全く欲しい場面が無かったのでこっちにしました

 ただ単にリトスアジムでホープが飛ばされた時に代わりに打点として使えたらいいなくらいで特に深い考えがあって入れたわけでないです

 【4.サイド】

 ▼スカル・マイスター×3枚

 ▼増殖するG×3枚

 ほぼほぼ恐竜用のカードです

 恐竜の為だけにあんまり枠を取りたくなくて増殖するGは抜減らそうかも考えました

 正直先攻ボウテンコウに対してもあんまりなのですがこのカードがないと相手のハンドの質によっては他の誘発を乗り越えてVFDとか出されたりする場合もあるので結局3枚から減らすに減らせませんでした 

 ▼禁じられた聖杯

 真竜やWW、恐竜相手の後攻の時に先攻の置物を意識して入れます

 ▼ツインツイスター

 ここは前はサイクロンだったんですが十二獣真竜相手に入れる時1枚だと割るカードが足りない時があったのでこっちに変えました

 基本的にはスタンバイにぶっぱしてこっちのターンにマスターPを出させないようにして盤面の十二獣をランク4で返す感じです

 ▼ブラック・ホール

 本来十二の盤面を返す為にランク4使わなくちゃいけないのをこのカードがあればそこにリソースを使わなくて済むと思って採用しました

 元々十二獣真竜自体妨害が多いデッキではないのでこのカードで盤面を空けさえすれば残りの手札を全部攻め手札として活用でき、ワンキルしやすくなるのが◎

 ▼ハーピィの羽根帚

 基本的に恐竜以外の大体の後攻の時に入れます

 メインに入ってないのは先攻で引いた時に浮きやすく-1になりやすいからです

 ▼戦線復帰×2枚

 途中で蘇生罠を抜いてからずっとうさぎへの耐性の無さや返しの攻め手の少なさ、中盤以降での後続の弱さが気になっていたので入れました

 メインだと後攻で引くと浮きやすいのサイドにしました

 リビングとはどっちがいいかは今でも迷っていてどっちも良い部分と悪い部分があって一長一短なのでどこを意識するかで変わっていきそうです

 リビングデッド

 永続故にチェーンサイク系で割られる

 攻撃表示で出せるのでライフを取りにいきやすい

 例えば先攻でバグースカを出した場合とかに返しに蘇生のミストを外した時エアーマンサーチからバグースカ縦にしてエアーマン召喚でオネスティサーチ→オネスティ効果からリビングで蘇生して2100+4300+2500でワンキルラインに届いたり

 もしエアーマンを素材にしているならリビングエアー→エアーサーチ召喚からオネスティサーチで2100+1800+4300でワンキルラインって感じです

 実際相手もノーガードで返してくることはほとんどないでしょうからあんまりあるケースではないですが一応こういう時もありますよみたいなやつです

 ただ今回サイドに蘇生罠を採用したのはうさぎへの耐性を付けるのが1つの理由でもあったのでリビングだとサイク系を持たれているだけでその意味が薄れてしまうのは駄目かなって思い戦線復帰を優先しました

 まぁ戦線復帰を撃った場合はチェーンサイク系で横のマスクチェンジを狙ってくると思いますがそこは多伏せで返して運ゲーにもっていける分確定でダークロウが出なくなるリビングよりマシだと思っています 

 ▼オーバースペック×3枚

 このカードは知り合いの方に教えてもらったカードなんですが主に十二獣が入っているデッキを意識して入れました

 HEROが使うこのカードは強くて真竜ギミックでダークロウを超えようとした場合こっちはほぼオネスティを構えているのでドラゴニックDを張って戦闘破壊耐性を付けてオネスティを使わせにきます

 その時はこのカードで真竜モンスターを破壊出来るしドラゴニックDが発動していない場合はそもそもダークロウオネスティ自体越えられないという

 他のデッキだとダイナマイトKの効果で復活発動されて実質ほとんど意味がないのですがHEROはそこを除外出来るのが良いところです

 まぁマスターPの罠体制を付けられると駄目なんですけどそれはアドバンス召喚のコスト分結構リソースさせているのでいいかなって感じです
 
 且つ十二獣にも撃てる罠でミラフォと違ってバトルステップのタイミングでも撃てるのでバトルステップヴァイパーの効果の処理後に撃ててヴァイパーを使わせられたりライカの釣り上げも止めることが出来るのも◎ 

 【5.不採用カード】

 ▼ドロール&ロックバード

 たまにサイドに入っているのを見かけましたがHEROは相手を1ターン止めて返しに動ければめっちゃアド取れるみたいなデッキではないので単純に-1アドになる事が多そうだと判断し止めました

 ▼壊獣

 命削りを意識するなら絶対入れた方がいいと思いますが東北はあまりいない印象だったので抜きました

 ▼ブラック・ローズ・ドラゴン

 HEROに入っているのを結構見かけたので僕も試していたんですが欲しい場面が全くこなかったので抜きました

 そもそもこのカードを使う場面は恐らく事故っている時の蘇生でチューナー蘇生(もし動いてているなら大体ランクでどうにかなる場面が多い)、ドバーグ+誘発被り(1枚とかの時は前のターンに使っていることが多い)、バブルマン2ドローからチューナードローくらいだと思っていて僕が調整してる中ではその場面は全くきませんでした

 ただまぁバブルマン2ドローをしている=劣勢の時が多いのでそういう時にブラックローズからリセットしてワンチャントップゲーまでもっていける可能性があると考えたらそこまで悪くはないかもしれません

 ちなみにもしかしたら命削り相手にもブラックローズが強い場面があるのかもしませんが結構命削りと調整していても僕は1回も欲しい場面はありませんでした

 ▼ソウル・チャージ

 最初は蘇生罠ではなくこっちを試していたんですが中盤以降だとライフが危なかったりあとはやっぱり攻撃制限がきつい場面(主にマスターPに対して戦闘破壊を行いたい時)が割とあったので蘇生罠を優先させました

 ▼禁じられた聖槍

 今期の最初の方は烈旋や聖杯を意識して入れていたんですがドラゴニックD環境でそこに触れられないこのカードは本当にダークロウ前提カードでもちろん先攻ダークロウにアクセス出来ないとどのみちきついってのはあるんですけどたまにダークロウに向かえない時の浮きっぷりが凄かったので抜きました

 これを入れるなら勅命をまず第一に勅命の方を優先させると思います

 ▼貪欲な壺

 これも蘇生罠を入れた理由と似ていて中盤以降のデッキ内のモンスターの枯渇を防ぐ為に考えたんですが序盤で浮く可能性や初動でのミストへのうさぎを考えたら広い範囲で使える蘇生罠の方がいいと判断しそっちを優先しました

 ▼昇天の角笛

 GWのCSの前にこのカードを軽く試したんですがそもそも被ると微妙だったり初動がアライブしかなくてミストガバ伏せとかモンスター自体が全然引けてない時に撃ちづらいみたいな浮く状況が割とあったんで止めました

 雰囲気キンギョミストした時とかアライブ+モンスター引いてる時とかにあんまり役割ないダークロウの横のモンスターをコストにして撃ったりするの強そうだったんですけどね

 そこまでちゃんと回数を重ねたわけではないので1枚くらいならありかもしれないです

 ▼次元障壁
 
 十二獣真竜の真竜要素にかすりもしないので正直HEROが使う分にはオーバースペックの下位互換に近い役割になりそうだなって思いました

 ▼王宮の勅命

 このカードは今での悩んでいるカードです

 命削りとか相手ならダークロウオネスティ+このカードでイージーウィン出来そうな感じですし他のデッキ相手にもサイク系や聖杯などのHEROがウザいと思うカードを止められるのでそんなに悪くはなさそうです

 ただサブギミックが入っているデッキ(十二獣やWW等)に対しては微妙でむしろそっちの方が負け筋に絡むことが多そうだったので今回は入れなかったです

 しかしやっぱり相手に回答を引かれなければ~の1発があるカードなので全然採用は視野だと思っています

 ▼マインドクラッシュ

 GWの時は真竜要素(主にテラフォやDからのサーチ等)や恐竜、WWと結構広い範囲を見れるカードだったので気に入っていたんですが恐竜にジャイアントレックスが入ったことによりダークロウ下にオヴィラプター召喚からランク4に繋がれる裏目が出来てしまい前ほど信用出来なくなったの抜きました

  あとは元々WW魔導真竜相手に通告をサイド後残したくないのもあって入れていたんですがそこはもう浮く可能性があるのは割り切って通告を残すことにしました

 ▼聖なるバリア -ミラーフォース

 十二真竜相手はライカで蘇生した横のモンスターを退かせなかったりヴァイパーもバトルステップで使われて使わせられることが出来ないのとあとは恐竜相手も竜星入り相手に微妙だと思ったので止めました 

 【6.サイドチェンジと環境デッキへの立ち回り】
 
 どのデッキ相手もメイン、サイド後関係なく先攻を取ります

 ■対十二獣真竜

 先攻時 

 in 戦線復帰2 オーバースペック3

 out うらら3 聖杯2

 後攻時

 in ツインツイスター ブラックホール 羽根帚 オーバースペック3

 out ドバーグ ヴァイオン サモプリ マスクセカンド 聖杯2 

 このデッキ相手の負け筋は単純に十二が循環していくことなのでひたすら十二獣に妨害を当てていくゲームになります

 ただ単純に妨害を当てていけばいいというわけではなく先攻でもしダークロロウ+妨害を構えた場合は妨害の種類や相手のスタートによって当て方が変わります

 まずは

 聖杯→サイド後は抜くのでメインだけの話になるのですが例えばミストマスク聖杯を構えている場合にブルホーンまでいかれた時基本的にブルホーン成功時にマスクを撃って素材を墓地に送らせないようにしてからサーチ効果に聖杯はスルーします

 そしてバトルステップでヴァイパーが付いた後聖杯で返り討ちにすればハンデスの分アドです

 例えサイク系をマスクチェーンで撃たれてもチェーン聖杯でブルホーンのサーチは止められるのでヴァイパースタートの時以外はヴァイパーを素引きしていなければダークロウが生き残ることが多いです

 神→基本的にマスクより先にブルホーンを召喚無効にします

 これはその時の伏せにもよるのですが他に妨害がない時は素材を墓地に送られるよりも1/2とかのぶっぱサイクとかで妨害を割られる方が明らかにきついのでぶっぱされないうちに先に召喚無効します

 オーバースペック→これも聖杯と同じでブルホーン成功時にマスクを撃ってからサーチはスルーしてバトルステップのヴァイパーの処理後に撃つようにします

 ただヴァイパースタートの場合はバトルステップにヴァイパーを付けてこないので手札にヴァイパーが残って次のターンも除去が必要になってしまうのでヴァイパースタートの時はマスク撃った処理後に撃ちます

 聖杯の場合はブルホーンのサーチを止めても重ねてからヴァイパーの効果で相撃ちにされちゃうので手札にサーチカードが残っちゃのは仕方ないけどダメステまで待たないとって感じですね

 聖杯と違ってマスクチェーンサイクや聖杯されてもチェーンで相手モンスターを破壊出来るのがやっぱりフリーチェーンのこのカードの強みです

 あとはマスターPに関しては先攻で出てくる分にはほとんど継承絡みなのでドラゴニックDの戦闘破壊耐性がなくアライブを引ければ1枚で返せるしこっちのターンで出てくる場合はサイク系で妨害、とちゃんとどっちに対応出来るように無理なくサイドチェンジ出来るのが1つの強みです

 そもそも誘発6枚でドラゴニックDを起動させないようにも意識はしていますけど

 最初は十二獣真竜相手にうららは弱いと思って抜いていたんですがメインにマスターP3、継承の2の構築が増えて先攻でマスターPが出やすくなってたり意外とドラゴニックDを止めてしまえば十二獣と真竜が分裂して真竜要所が浮く可能性あると思い途中からサイド後も残すことにしました

 真竜要素さえなければこのデッキの妨害はほぼ誘発頼みなとこがあるので返しにこっちはHEROの強みの少ない枚数でビュートを作り盤面を一旦リセットした後に手札に残った十二獣に妨害を当てて循環を止めデッキ自体の動きを止めます

 なのでトップで十二獣を引かれることを考えて1枚でも妨害を引き込みたいので神宣などの普段後攻の時に抜くカードも残しますしエアーと一緒に引くとちょっとビュートにいくのがしょっぱくなるドバーグは抜くようにしてました

 聖杯はブルホーンかライカのどちらかにして撃てないですし継承で先攻マスターPが出てくる可能性を考えたら明らかに弱いのでサイド後は抜きます

 他にもアライブキンギョとか引いてる時はエアーキンギョミストマスクからエアーでEXモンスターゾーンのやつに殴ってその後にミスト→キンギョの順番でライカで出てきた十二獣を退かして後手からダークロウ+妨害を成立させることも可能です

 ちなみに素材が入ってない十二獣に殴る時は絶対ミストからです

 ここでヴァイパーを使ってくれたらチェーンマスクで一旦攻撃を止めてそのモンスターにキンギョで相撃ちしにいけばいいし使わなかったら後手からダークロウ+後続の流れが成立します

 あとは前に1回ミストマスクうららって構えててテンキ発動→ヴァイパーサーチされたら絶対にダークロウが処理されるのでうらら→1伏せに対してマスクを撃ち忘れたせいでマスターPが出てきて墓地にマスターPのコストが落ちて負けそうになったので気を付けてくださいw

 正直最初は十二獣真竜かなりきついと思っていたんですが勝ち筋と負け筋をしっかりと考えて構築すれば意外となんとかなると思いました

 むしろWWみたいな単体でのパワーカードや恐竜みたいな無理ゲーを押し付けてこなくてやることがはっきりしている分ちゃんと構築で意識すれば他のデッキよりやりやすいかもしれません

 まぁそりゃこんだけ寄せて勝てる見込みなかったらそれこそこのデッキ自体使う意味がありませんがw

 ■恐竜竜星

 先攻時

 in 増殖するG3 聖杯 戦線復帰2

 out うさぎ3 コズミックサイクロン3

 後攻時

 in スカルマイスター3 増殖するG3 聖杯

 out ヴァイオン サモプリ マスクセカンド コズミックサイクロン3 神宣

 先攻はオヴィラプターを止めるのに一点狙い、後手は誘発12枚体制+妨害で死ぬ気で先攻展開を捲りにいきます

 こういう相手に対して妨害積みまくれて且つこっちは少ない初動から動けるのがHEROの良いところです

 ある程度有効打になりそうな誘発をフルで投入して先攻展開を中途半端にさせてグダらせます

 こっちは大体どのタイミングでもダークロウさえ成立すれば一気に攻守逆転出来て恐竜自体が妨害の少ないデッキなのでVFDのような何も出来なくなるようなカードにまで辿り着かなければ割りと後攻も捲れます

 ボウテンコウに関してもバブルマンが入っているので初動さえ通ってしまえば結構九支の上からライトニングが成立したりしてなんとかなります

 勅命だけはマジで割り切りで1枚のカードの為だけに浮く可能性があるカードを入れたくなかったので引かれたらキンギョかエアーマン辺りを引くことをお祈りします(とか言ってたらブロック戦の最後に勅命で負けましたが) 

 誘発が被った時に先に撃つ優先度はスカルマイスター>増殖するG>うららですかね

 うさぎに関しては基本的にドラゴニックDにしか当てる場所がなくそこが絡まない展開パターンの時はトリシューラ辺りに撃ってVFDの成立を阻止していたので他の誘発と被った時でも撃ち方は基本的に変わりませんでした

 スカルマイスターで墓地の効果(主にミセラ)を止めてしまえばあとの攻め手は真竜皇が絡んだ時がほとんどなのでそっちにGを合わせれば普通に撃つよりドローの枚数が増えることが多いです

 うららを1番最後に撃つのは他の誘発で相手の動きを弱らせ後手からダークロウが成立した場合返しにオヴィラプターからのドゴランサーチ又はジャイアントレックスのssを阻止する為ですね

 これはうららにしか出来ない事なので後手で他の誘発と一緒に引いた場合はうららを1番温存することを意識しています

 先攻の時にGを入れるのはまぁ単純にうさぎやコズミックとかよりはマシかなって思ったからです

 ダークロウオネスティを構えてる時にドラゴニックDから真竜皇を出されても別にダークロウを超えられることはなくそこまで関係ないのでうさぎやコズミックは浮きやすいんですよね

 そこがGならもしオヴィラプターの効果が止められなかった場合ドゴランを出される前に撃ってダークロウを場に残す又は3000打点を場に残す、それか突っ張らせるっていう相手からしてもどれもあまりやりたくない選択肢を強要出来ます

 1番多そうなのはドゴラン出してエンドとかな気もしますがEXモンスターゾーンが空いた上に場に高打点のモンスターが残るので返しにエアーマン+αでオヴィラプターの上から結構簡単にワンキルまで可能です

 もしジャイントレックスからランク4で処理されたとしても最低2ドローは出来てダークロウが失った分は返ってきてるのでいいかなと
 
 なのでマイクラを抜いて枠が出来てしまったので代わりに増殖するGを先攻後攻関係なく入れることにしました

 あとは先攻でダークロウにアクセス出来なかった場合(例えばキンギョエアースタート)とかの場合はバグースカでひたすら延命します

 バグースカは相手のVFDにも後出しして3ターンの間に効果無効系を引けるかのワンチャンを作ってくれる出来るやつです

 こっちが先攻でバグースカを出してそれ以降にミストマスクが揃っている場合とかは次のターンにミストを召喚して横にしてもし壊獣とかアグニでバグースカを退かされてもいいようにしておきます

 もし3ターン無事生き残って自壊したらその後はマスクを発動で闇鬼とかを出してからエアーマンを召喚してダークロウに繋ぎつつ制圧又はワンキルを狙いにいきます

 他にもオヴィラプターを止めるカードがある場合はミセラや究極伝導恐獣の墓地コストを溜めるのをケアしてスタンバイにマスクを撃ったり逆にオヴィラプターを止めるカードがない時に化石調査とかを撃たれた場合はオヴァラプター被りを考慮してオヴィラプター召喚までハンデスを待ったりと細かいことも意識した方がいいです

 先攻は妨害をオヴィラプターに一点集中すれば結構あっさり勝てますし後手は相手の妨害が誘発、VFD、九支、勅命たまに聖杯とはっきりしている分やりやすいかもしれません

 まぁ誘発乗り越えられてその上からぶん回されたり素引き壊獣とか聖杯からダークロウの上から回されたりみたいな負け方も普通にあるのであんまり好んで当たりたいデッキではないですけどw

 ■WW魔導真真竜

 先攻時

 in 戦線復帰2

 out 聖杯2

 後攻時

 in 聖杯 ツインツイスター 羽根帚

 out ヴァイオン サモプリ マスクセカンド 

 基本的に特別な戦い方とかはなく如何にWWギミックを止められるかの勝負です

 WWがシナジーとか関係なく単体で強いしG入れたいのに真竜と手を組んでいるせいで入れられないの本当にウザいですw
 
 ■命削り真竜

 先攻時

 in 羽根帚 戦線復帰2 オーバースペック2

 out 聖杯2 通告3

 後攻時 

 in ツインツイスター 聖杯 羽根帚 戦線復帰2

 out ヴァイオン サモプリ マスクセカンド 通告3

 深淵をエクストラから抜いたら命削りがきついと思うかもしれませんがそもそも命削り真竜相手に深淵で墓地効果を封じても結局中級真竜召喚から打点で越えられて終わりなので元々対して強くないんですよね

 恐竜相手みたいに深淵+妨害で構えられればいいんですけど真竜相手にまともに機能する妨害なんて召喚無効くらいしかなく、もしサイクロン系でドラゴニックDを破壊して動きが止まるなら別にそれは深淵を立てる必要もないですし

 なので先攻でダークロウにアクセス出来ない場合は僕はいつも下級HERO+オネスティで場にモンスターを残すこと考えて構えて次のターンにライフをゴリ押して抑え込みにいくかビュートを狙うことを意識しています

 恐らく今の環境命削りが1番相性悪くて(そこまでメタる余裕がない)そもそも当たってダークロウにアクセス出来ない場合は落としてもしょうがないとほぼ割り切っているので僕はそういう感じで戦う事に決めました

 まぁほぼ復活でモンスター破壊されたりすることが多いですしそんなに上手くいくような戦い方ではないんですが他に出しても強いエクシーズモンスターが全然いないのでしょうがない感あります
 
 早く海外のサイクロン持ちのエクシーズモンスターきてほしいですねぇ

 あともしサイドに生け贄封じや醒めない悪夢みたいにアドバンス召喚を止められるカードを入れている場合はエクストラに深淵は必要だと思います

 ■純十二獣

 先攻時

 in 戦線復帰2 オーバースペック3

 out うらら3 聖杯2

 後攻時

 in ツインツイスター ブラックホール 羽根帚 オーバースペック3

 out ヴァイオン サモプリ うらら3 マスクセカンド 聖杯2

 今の十二獣はドランシアを失ったことによりライトニングがメインギミックだとほぼほぼの可能性で突破出来ないのでライトニングの成立をいち早く目指します

 もちろん先攻ではダークロウ+妨害でいいのですがそれ以降のエクシーズモンスターはラグナとかよりはライトニングを優先させる場合があります

 基本的にライトニングの回答が壊獣か聖杯しかなくてまぁ壊獣は回避不可なカードなので仕方ないですが聖杯に関してはこっちも沢山の妨害が入っているので今の1回しか攻め手がない十二獣の攻めはいなしやすいんですよね

 状況によってはもちろんビュートやラグナを出す時もありますがライトニングが想像以上にかなり強いので昔に比べるとだいぶやりやすくなった気がします

 まぁ永続がハマるときつい時がありますがそれよりも明らかに無効系の方がきついのでサーチ系を先に発動して手違いだけ確認したらその後はバック割る系をどんどんぶっぱしていっていいと思います 
 
 【7.総括】

 はい、ということで思ったより長く書いてしまった気がします

 ここまで読んでくださりありがとうございました

 今期はもうブロック戦で燃え尽きた感があってこのブログに書きたいことも書いたのであとはゆっくり改訂を待とうかと思います
 
 来期はとりあえず最低限ドラゴニックDさえいなくなればがっつり環境変わってめちゃくちゃ面白そうなんですけどここ2年の7月改訂は実質改訂なしみたいな感じだったと聞いて正直来期への期待もだいぶ薄まりました

 別に今の環境は十二獣環境に比べると結構マシになったとは思いますがもうドラゴニックDばっかり使われる環境は飽きたので少しでいいから環境を変える改訂にしてほしいですね

 来期はもうちょい無理なくHEROが使える環境になるのを願ってます

 もし何か質問等があればツイッター(@RED1002019)でのリプライかこの記事のコメント、どちらでも大丈夫なので気軽に聞いてください(^0^)

 恐らく次の記事は今日のCSの大会レポを書くと思います

 最後くらい勝っていてほしいと願ってここら辺でこの記事を終わりにします

 ってことで、またいつか

小山杯使用 HERO 解説

 どうも、こんばんは

 今回はこの前の小山杯で使ったHEROについてつらつらと書いていこうかと思います

 根本的な考え方はちょっと前に書いた↓の記事から変わっていないのでここからどうCS用の構築を考えたか軽く補足的な感じで書いていきます

 2017年4月からのHERO 構築案

 まずは実際に使ったデッキレシピ

 C8UowoYVoAET7G7.jpg

 C8UowoYVwAE8Tnb.jpg

  

 【メイン】


 ■前回のデッキレシピからの改善点


 ▼ヴァイオン→エアーマン2枚目

 やっぱりここはエアーマン2枚目で落ち着きました

 理由は何個かあるので箇条書きで書いていきます

 ・そもそもヴァイオンの素引き自体が強くない

 ・強欲貪欲でエアーが飛ぶとサーチ系の選択肢が減る

 ・マスクを持っている時にエアーマン召喚スタートをした場合はミストをサーチするし、マスクがない場合は明らかにエアーマンで2枚目のエアーマンをサーチした方が強い

 ・強欲貪欲でミストが飛んでいった試合は確かにダークロウが出ない試合にはなるけどヴァイオン素引きの弱さと比べるとなくても最悪深淵+妨害ビートとかでもワンチャン作れるので割り切れるレベルだと判断

 ここら辺の理由からヴァイオンをエアーマンの2枚目に変えました

 別にエアーマン2枚目とヴァイオンを一緒に入れるのはありだと思いますが僕は召喚権とかも考えてそのヴァイオンの枠を妨害にした方が良いと判断しヴァイオン自体の採用を止めました

 一応ヴァイオン蘇生系で疑似的に動くことは出来るんですけど僕は蘇生系自体の評価がそこまで高くなくてリビングが2枚と少な目になっているのもあってそういう使い方もちょっとしづらいかなって思いました

 ▼E・HERO バブルマン

 最初は2枚からスタートして前の記事を書いている時は3枚になってその後のCSのちょっと前は2枚から最終的に1枚にまで減りましたw
 
 ダークロウ率を上げる為にキンギョの枠を作らなくちゃでバブルマン絡めたフルモンでのワンチャンのデコード展開よりキンギョミストの方が流石に優先だと思って入れ替えました

 枚数入れすぎると素引きが弱いんで割と2枚は良かったんですけどね

 エアーからエクシーズ出来る選択肢やワンチャンのバブルマン2ドローを意識してプレイするのは僕はかなり大事だと思っているので最低限の1枚

 CSでもこれのおかげでワンキル出来たりサーチ系が腐らなかったので1枚はいるかなって思っています 

 ▼誘発6枚体制
 
 1番最初は6枚体制で回していて途中で5枚にしたんですがやっぱり恐竜の先攻ぶん回しや命削りを考えるとここはフルで入れないと駄目だと思い結局元の枚数に戻しました

 先攻はダークロウが出ればある程度なんとかなるので前の記事でも話した通りメインギミック以外は出来るだけ後手を意識したカードを入れたいです

 ▼ブリキンギョ

 前は0でやっていたのですが先攻ダークロウ率を上げる為に入れました

 知り合いの方に直接ダークロウにアクセスするカード(サモプリ、アライブ3)+ミストにアクセスするカード(ミスト、増援、Eコール3、)+α(ドバーグ、キンギョ3、増援、マスク3)で先攻ダークロウ率がどれくらいか計算してもらったところ約63%と聞いたのでここまで入れて6割ちょいって考えたらキンギョなしだと先攻ダークロウ率が言うほど期待出来ないなって思いました

 リンク召喚がやりづらい現状初手でフルモンに寄り過ぎてもきついのでちょっと抑え目の2枚にしてあります

 実際CSでもキンギョが違うカードだったらダークロウが立っていなかったという試合もあったので使い勝手はそこまで悪くなかったです
 
 ちなみにここをドバーグにすると先攻ドバーグミスト→返しにミラフォとかで前を守る→次のターンにエアーマン追加して1400+1800+2400+2500でキンギョには出来ないワンキルが可能になります

 ただ今回はエアーマンが増えたことによってエアーマンと素引きで被った時にドバーグだと使いづらかったり苦し紛れの深淵を出す時に恐竜の1800ラインに倒されるかどうかみたいな事を考えてキンギョを優先させました

 今はキンギョミストしてもしキンギョが場に残っても昔みたいに上手く使うことは出来ないのでそういう意味ではドバーグにするっていう選択肢もありだと思ってます

 あとはここの枠をダークロウと似た役割のマクロコスモスとかにするのもありだと思います

 ▼禁じられた聖槍

 前の記事ではサイドに入れたらいいかも~みたいな事言ってたんですが最近はメインからちょくちょく聖杯や烈旋、あとは似た役割のサイクロン系と被った時に別の役割と持てるって意味で今回はメインに入れてサイクロンと散らしました

 サイクロンとは違って苦し紛れの深淵と組み合わせて相手のモンスター返り討ちに出来たりするのも◎

 ▼強欲で貪欲な壺

 ここは1にするか2にするかでめちゃくちゃ悩んでいた枠なんですがここを違うカード(妨害系やソルチャ、リビング3枚目等)に変えたら体感事故率が結構上がった気がしたので2枚に戻しました

 実は当日の朝までここをソルチャとどっちにするかでかなり悩んでいたんですが実際CSではこのカードのおかげで3本取れたのでマジで増やして良かったと思いました

 上述している通りキンギョ3まで入れてダークロウ率は6割ちょいなので4割近くはダークロウにアクセス出来ない可能性があってそれを考えたら少しでもアクセス率を上げる為にここは最低2枚は必要だと思います

 ミストが飛んだらその試合はそもそもミストにアクセス出来なかった試合ということで割り切ります

 最悪オネスティやエアーバブルが残ればライフゴリ押しとか深淵ワンチャンビートもありますからね

 ▼奈落の落とし穴

 前々から思っていたんですがミストマスクまでの流れがしっかりと成立すればダークロウオネスティってほぼ確実に構えられて打点面は解決しているのにドラゴニックDの戦闘破壊耐性の為だけに奈落やミラフォを入れるのってそもそも根本的に役割が被ってて微妙だと思ってたんですよね
 
 しかも奈落に至っては後手で引くと弱いカードで最初はフレシアの為にも入れてましたがバブルマンの枚数を減らした事によってフレシア自体の使用頻度もかなり落ちたので最終的には抜きました

 命削り真竜を意識するなら正直別にここはダークロウを守る為の罠じゃなくてもドラゴニックDを破壊出来るカードで十分なんですよね(オネスティを無駄撃ちさせる為に真竜でダークロウに殴ってきたところにDにサイクロン等)

 なので奈落は抜いてD中のダークロウへの戦闘補助以外の役割も持てる聖槍に変えたって感じです

 本当はCS前まではミラフォも抜いててサイクロンと聖槍が3枚ずつだったんですが直前で恐竜とかまで軽く意識しちゃってミラフォだけはメインに戻しました

 元々メインにオヴィラプターを止めるカードがほとんど入ってない時点で恐竜には構築的に若干不利な部分があったのでそこまである程度割り切っていたらサイクロンと聖槍ガン積みでもよかったかもしれないです 
 
 【エクストラ】

 ■アシッド、フレシア

 単純にバブルマンの枚数を減らしたので出す機会がほぼないと思い抜きました

 ■デコード・トーカー

 これはギリギリまでソルチャと一緒に入っていたんですが結局ソルチャを抜いたので使う機会がほぼないと判断し抜きました

 一応1回だけ誘発セットせまくりから出しことはあるんですが流石にレアケースだと思いそういう場面がきたら割り切ることにしましたw

 ■No.103 神葬零嬢ラグナ・ゼロ

 頭の中では割と良さそうではあったんですが如何せん命削り真竜との調整回数が少なく本当に欲しい場面がくるのか分からなくて結局抜きました

 ■深淵に潜む者

 最初は入っていなかったんですが恐竜の先攻展開を返した場合墓地のミセラの効果を止められないとヤバい時が結構あったので入れました

 あとはどうしてもちょくちょくダークロウにアクセス出来ない場面があるのでそういう時に代わりに出すモンスターとして採用

 まぁ結構簡単に処理はされちゃったり復活から出てきたモンスター越えられなかったりみたいな色々問題はあるんですけど他のランク4に比べたらまだマシなカードなので

 ■励輝士 ヴェルズビュート

 命削り真竜は妨害をマスターPや真竜罠に頼りまくってるので先攻で命削りされてもここが通れば意外とワンチャン作れるので入れました

 後手でビュートやあとは例えばマスターPを倒す為にカンゴル聖槍したりする場合アライブ以外にもバブルマンを使わないでランク4を作る手段が必要だと考えほぼ先攻でしか機能しないマクロコスモスよりキンギョを優先させています

 ■ホープ2セット目

 リトスアジムのエクストラ除外を考えた時にここを抜かれると打点的に結構きつかったので入れました

 ドバーグ多めだったらエクスカリバー、キンギョ入りだったらダイヤモンドクラブキングにしてもう1枠作ってもいいかもしれません

 候補としてデコード、ラグナ、ダイヤウルフ、深淵2枚目辺りですかね

 あと今期はそこまでホープONEにこだわる必要もなさそうなのでONEよりホープレイでもいいかもしれません

 実際に出来る場面はまずないでしょうが一応ホープレイ+エアーオネスティで攻撃力3000までのモンスターの上からワンキルも出来ますし

 
 ちなみにCSではホープ2セット目、ブレハ、カンゴル、ビュート以外は全部使いました 

 【サイド】

 ■対命削り真竜

 ガメシエル、羽根帚

 先攻は羽根帚だけで後手は4枚入れます

 真竜はメインからかなり寄せているので抜くカードもサイドから入れるカードもほとんどありません

 出来るなら本当はもう少し壊獣を増やしたり生贄封じを入れたりしたかったのですが恐竜やメタル系を必要以上に意識した為にそこら辺を入れる枠はなかったです

 別に生贄封じとかが弱くて入れていないわけではなく単純に今の環境だと命削り真竜が最もダークロウ+αだけで勝ちやすいデッキだと考えているので他にメタを回してるって感じです
 
 ■対恐竜真竜皇

 スカルマイスター、エフェクトヴェーラー、増殖するG、虚無空間、神の通告

 恐竜相手の負け筋ははっきりとしていて1番負けるパターンが多いのはオヴィラプターの効果成立からドゴランをサーチされることです

 逆に言えば恐竜はメインギミックでダークロウを退かす手段はオヴィラプター頼みということでもあります

 なのでサイド後は先攻ダークロウ+うらら、ヴェーラー、虚無空間、神×3種類の11枚体制のどれかを目指してオヴィラプターの効果を全力で阻止しにいきます

 ダークロウオネスティが成立してしまえばドラゴニックDで恐竜を破壊する動きもリトスアジムのssも大して関係ないのでそこに対するうららはスルー出来ます

 つまりダークロウがいる場合はうららはオヴィラプターの召喚まで絶対待って他のサーチ系は全スルーします

 アグニマズドだけはダークロウが退かされてしまいますがダークロウ1枚を処理するためにかなりリソースを消費するのでそれだけで十分な活躍をしてくれています

 あとはせっかくヴェーラーやうららを持っていてもメインフェイズにミセラの効果を使われると耐性がついてしまうのでダークロウ+オヴィラプターを止めるカードがある場合はスタンバイにマスクを撃った方がいいと思います

 スタンバイにマスクを撃つと素引き壊獣や聖杯が裏目ですがそもそも壊獣に関しては多くても枚数が2枚とミセラより枚数が少なく聖杯に関しては人によってはそこが激流葬とかだったりして絶対に入っている保証がないので無難にメインギミックに対して強い動きをプレイした方がいいと思っているので僕は割り切っています

 後手は誘発13枚体制で死ぬ気で先攻展開捲りにいきます

 恐竜はバッグがかなり薄いデッキなので誘発当てまくって盤面され弱くすればダークロウオネスティ絡めて後手からでも普通に捲れると思ってます

 ただV.F.D. だけはかなりきつくてそこをどうにかする為のミラフォや誘発ガン積みって感じもありますね

 もしV.F.D. が成立してしまった場合はエアーマスクやオネスティ、ライトニングを立てたりして返しにV.F.D. の効果を使わせて次の自分のターンに動けるように意識するのがいいと思います

 ■メタル、コズモ系

 ガメシエル、増殖するG、羽根帚、虚無空間、神の通告

 通告以外は後手の時だけですがこれもまぁ恐竜と同じで先攻ぶんまわりを止めてくれるのをお祈りです

 こっちもバック自体は薄いのでガメシエルでマスターやコズモを退かすだけで後手からでもダークロウが成立しやすくそういう意味では誘発よりも壊獣をもう少し増やした方がよかったかもしれないですね

 ただ普通にダブルマスターとかやってくるしダークシミタ―がダークロウを貫通してくるのでもしかしたら今期で1番相性が悪い相手かもしれません

 一応こっちが先攻ならダークロウ+妨害でなんとかなりそうではあるんですけどね

 餅カエルHEROの時は全くコズモ系に負ける気しなかったのにちょっと悲しい気分です 

 【不採用カード】

 ■オネスティ2枚目

 調整ではたまに欲しくなったり素引きして浮いたりって強弱の激しいカードだったので1枚にしました

 ただ強欲貪欲でとんでいったらヤバい時もあるしまぁ素引きしても代わりにエアーマンをサーチ出来るって考えたら2枚までならアリアリ未来だと思います

 ■ドロール&ロックバード

 このカードはスカルマイスターとどっちにするかで迷っていたんですが恐竜相手には強さにムラがありそうだし真竜コズモみたいなデッキタイプにはあんまり強そうじゃなかったのでスカルマイスターを優先しました

 当て方によっては後攻でいきなり撃てる障壁みたいなもんだから普通に強そうではあるんですどね

 ■ソウルチャージ

 直前まで入れるか迷っていたんですが先攻1ターン目以外はパッとしない事が多くしかも先攻デコードダークロウランク4って大体がバブルマン絡まないと出来ないんですがメインに誘発6枚入れている今だとその展開もやりづらくて結局抜いちゃいました

 リビングの方がどのタイミングで引いても強さにムラがないのとバトルフェイズを行えるかどうかの差がやっぱり結構大きかったです

 ■ツインツイスター

 ■禁じられた聖槍3枚目

 ■生贄封じの仮面

 出来るなら入れたかった枠

 ぶん回し系を必要以上に意識しまった故に入れられませんでした   

 【総括】

 とまぁこんな感じです

 恐竜以外とはほとんど調整出来ていなかったんですが実際にCSに出てみてとりあえず新弾までなら意外と戦えそうだなーと感じました

 まぁ安定した勝率を目指すなら素直に真竜系をオススメしますが僕はHERO大好きマンなのでもうしばらくは使っていこうかと思います

 今のところGWのCSまでは特に何もないので公認大会に出てキンギョすくいでもしながら来期のHEROの可能性の1つのペンデュラムギミック入りのHEROを試していきたいですね

 もし何か質問などがあればツイッター(@RED1002019)でのリプライ、この記事のコメントどっちでも大丈夫なので気軽に聞いてください(^0^)

 次は恐らく誰得であろう前期アニメの感想記事とかを書こうかなー(というか毎回書いてるから書かなくちゃという軽い使命感)って感じですw

 ってことで、またいつか
プロフィール

RED

Author:RED
REDの放課後日記へようこそ!

どもども(^0^)
  
福島で遊戯王をやっていて2次元がめちゃくちゃ大好きなREDです

昔YouTubeのSASYUっていう決勝動画に沢山出ていました


CS成績

はねまんCS2011 ベスト16
【トゥルリンクイックジャンクドッペル】

第1回仙台CS 4位
【アライブHERO】

第2回仙台CS ベスト8
【アライブHERO】

第1回石巻サマーCS 3位
【アライブHERO】

第5回HCS 4位
【青眼魔導】

第2回伊達CS 優勝
【アライブHERO】

ガッチャCS 優勝
【マドルチェ】

ブレイブCS ベスト16
【マドルチェ】

べにばなCS 2位
【ヴェルズ】

ガッチャCS2 ベスト8
【アライブ融合HERO】

かみふく杯 2位
【プトレ型HERO】

小山CS ベスト8
【マスクHERO】

所沢杯 2位
【プトレ型HERO】

ガッチャCS ベスト16
【ザボルグ型帝】

あすと杯 ベスト8
【15帝】

ガッチャCS ベスト16
【EM竜剣士】

第1回陸前CS 4位
【マスクHERO】

六遊祭2016 ベスト8
【マスクHERO】

第3回M2CS ベスト8
【餅カエルHERO】

第4回陸前CS ベスト8
【餅カエルHERO】

釜CS 3位
【餅カエルHERO】

東北CS 3rd Trial 2位
【餅カエルHERO】

JGP 個人戦 ベスト8
【餅カエルHERO】

レイピーCS ベスト16
【餅カエルHERO】

JGP 2位
【餅カエルHERO】

かみふく杯 ベスト16
【餅カエルHERO】

小山杯 ベスト4
【マスクHERO】

足立CS ベスト32
【マスクHERO】

使用デッキ
遊星ハイランダー
十代ハイランダー
マスクHERO
です

好きなキャラクター

大河
美海
和奏
友奈
るう子
こより
イリヤ
木綿季
穂乃果
乃々香
千歌
チノ

みらい/キュアミラクル
その他いろいろなキャラ

とりあえず、唯は俺のよm(ry

いきなりのブロ友希望、リンク希望、コメント大歓迎!どんどんくるの待ってますね!笑

こんなやつですがよろしくお願いします^^

ツイッター @RED1002019

やってます!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

風嫁フリーダムX~ガガガクラーク研究ブログ

俺様による俺様の為の俺様のブログ!

T.K.Y.のドラグニチィ

理系ドラの四次元倉庫

Duelのかきくけこ 遊戯王ブログ

Highest Life

タイトルはそのうち決める

まった~り

聞こえるか 遠い空に映る君にも ~ISOTOPE日記~

星屑の気まぐれブログ

http://(」・ω・)」うー!(/・ω・)/にゃー!

きちんとチキン

らりる日和

ももの缶詰

永久機関

サルのブログ

霞城籠城日記

夢と悲しみにサヨナらいおん

俺たちのサティスファクションはこれからだ!

味噌味
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
2225位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
カードゲーム
147位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

{ccc}CSS h1 { padding: .5em .75em; background-color: #f6f6f6; border-left: 6px solid #ccc; }