FC2ブログ
REDの放課後日記 十二獣HEROについて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

十二獣HEROについて

 
 どうもどうも、こんばんはー

 今回はこの前の新弾によってHEROの1つの可能性として生まれた十二獣HEROについて話していきたいと思います

 実際強いかどうかは置いといて1つの案として受け取ってもらえれば幸いです

 とりあえずこの前のCSで使ったレシピから

 十二獣HERO メイン

 十二獣HERO サイド

 結果自体はサイコロ負けまくったり十二獣ギミックにGブラホ食らいまくったりして予選落ちなので本当に参考程度にって感じでお願いします

 【構築の話】

 そもそもHEROに十二獣を混ぜる利点とは何か?

 そこから話していこうかと思います

 この構築だとグリズリーマザー+天枢が入っているので十二獣+水でバハシャ餅ソウコドランシアまでいくことが可能になります

 多分やり方は特に説明しなくても分かると思いますがいつものドランシア+ランク4の部分でブルホーンでグリズリーマザーサーチしつつモルモラット×2からソウコで天枢を持ってきてグリズリーマザーを天枢の効果で召喚

 ここにキンギョなりバブルやらを絡めばいつものバハシャ餅カエルまで作れます

 実際ここまでやる必要はあるのか?って疑問に思う方も多いと思うのですがただ単にダークロウドランシアフレシアとかやってもライボルブラホやら激流葬やらの全体除去で一発でリソースなくなって1発で終了する可能性が非常に高いんですよね

 簡易を抜いていることにより本来よりバハシャ率も落ちていますし

 そもそもただ盤面を作るだけなら純十二獣でいいわけでそこと何かしら差別化出来る部分がないと劣化にすらなってしまう可能性があります

 そこで考えたのがグリズリーマザーと天枢のギミックです

 実際2枚で4体のエクシーズモンスターが立つのは強い事であり餅カエルがいるのでメタカードにもある程度の耐性が出来るのも◎

 こういうハンドがきた場合はここまでいくことも可能です

 展開1

 展開2

 これはグリズリーマザーが入っているからこそ出来る展開であり既存のHEROで言うならばソウルチャージ展開出来るカードが沢山入っていると考えてもらうと結構強い気がしてきますねw

 あとはHEROギミック本来の手数の多さにより後手で多段階の攻めが可能になったりマスクを絡めることによって障壁への誤魔化しもちょっとだけ出来るようになったりします

 先攻でもアライブやキンギョミストとかからGチェックしやすいっていうのもあります

 その点を踏まえて今回は十二獣HEROワンチャンあるんじゃないか?と思ってCSに持っていきましたが実際は選択するカードを明らかに間違えてボロボロでした

 反省点に関しては後述しますがとりあえず先にメインのカードの話だけしていこうかと思います

 【メイン】

 HEROや汎用パーツに関しての採用理由は今まで散々書いてきているので今回は省略させてもらいます 

 そっちが気になる方は1つ前の記事で普通のHEROについて色々とがっつり書いてあるのでもしよかったら読んでみてください

 ■十二獣パーツ×6枚

 ■グリズリーマザー

 ■天枢

 これは前述している通り2枚で餅ドランシアまでいく為のギミックですね

 やっていることは簡易の上位互換なので弱いわけがないです

 ちなみにただモルモラット、会局(+ヴァイパー1)だけ入っている出張構築は特に何もHEROとシナジーしていなくモルモラット素引きのパワーもだいぶ落ちて明らかにどっちかが事故要素になるのが見えていてだったら純十二獣でいいんじゃないかって思い個人的にはなしだと思っています

 ■マスク・チェンジ×2枚

 十二獣系と引いた時に浮くことがちょいちょいあってここが罠だったらなーみたいに思うことが多かったので今回は減らしました

 ただマスクチェンジ素引きが1番Gチェックとしては良い手段だったのでここを減らしたのはミスだったかもしれないです

 ■ツインツイスター×2枚

 十二獣の罠(主に最近増えているメイン激流葬)がかなりきついので今回はコズミックより多く割れるこっちを優先しました

 デッキ的に先攻で被るとかなり撃ちづらいので2枚に抑えました

 ■G、ブラックホール

 ここは前は皆既の枠だったんですが十二獣の先攻展開を皆既絡めて返すのはパワー不足だと考え1枚で盤面をリセット出来るブラックホールとそもそも展開ストップさせるGに変えました

 Gが1枚なのはあんまり先攻で引きたいカードではなく2枚被ると先攻展開出来ない可能性もあるので1枚だけにしました

 ■次元障壁×2枚

 Gを撃たれてストップした返しにツインツイスターを撃たれても相手の返しをいなす用

 理由は後述しますが十二獣HEROのメイン障壁は微妙に感じました

 ■落とし穴系

 ここはギリギリまで入れるか悩んだんですが狡猾素引きがめっちゃ強いのとABC相手に落とし穴系が強く最大展開の時に作るランク4でホープとか立てても微妙だなーって思い一応採用しました

 奈落をサイドにしたのはABC相手にかなり強いけど十二獣がこれだけ流行っている環境だと浮く可能性が高いと思いメインは蟲惑を優先しました
 
 正直フレシアはなくてもよかったなってあとから思いました

 【エクストラ】

 多分このデッキを考えていて1番難しい部分がここだと思います

 エクストラに関してはちゃんと説明していきます

 ■M・HERO ダーク・ロウ

 本当はユニコーンを処理する時とかを考えたら2枚入れたい枠ではあるんですが今回はマスクチェンジを減らしているので手札に2枚集まりづらいと考え減らしました

 ■M・HERO ブラスト

 十二獣を意識してなのかちょいちょい幽鬼うさぎをみるようになってミストへのうさぎケアと障壁を撃たれた時の打点解決要因

 他にもエアーマンがいる時に何かにチェーンでマスクを撃って激流葬をケアしにいったり十二獣相手はダークロウが微妙なのでブラストを狙いにいって会局や多伏せの中の激流葬戻しを狙ったりと結構役割が多いです

 ■No.39 希望皇ホープ

 ■SNo.39 希望皇ホープONE

 ■SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング
 
 ホープ&ライトニングは絶対必要な打点枠

 たまに十二獣HEROの構築を見ていてホープONEを抜いている方がいますが僕的には絶対なしです

 HEROはアライブ1枚からONEの効果を発動できABCの分離したモンスターを返せるってのが1つのHEROを使う利点だと思っているのでその強みを自分から減らしていくのはなしだと思います

 あとはメタルフォーゼ相手はドランシアを立ててもラクーンに一方的に殴られるのでフレシアよりホープを優先的に立ててドランシアを守りにいってスケール破壊として使うようにします

 ■十二獣×4枚

 ■ソウコ

 ここは説明いらないですね

 ■励輝士 ヴェルズビュート

 このカードは使う状況が限られているので別に無くてもいいかなーと思って最初はなしでやっていたんですけどメタルとやっていると必ずどこかしらで欲しい場面がくるので抜けませんでした

 あとは相手がドランシアを構えている時にこっちがレベル4を2体並べて破壊効果を使わなかった時に1番効率よく盤面をどうにか出来るカードってのもあります

 ■フレシアの蠱惑魔

 採用理由は落とし穴のところで話した通りなのですが後々ここは削れる枠だなって思いました

 ■餅カエル×2枚

 ここもギリギリ減らせる枠かなーって枠ですね

 このデッキ先攻展開すると場が埋まりやすくて返しのターンにエクシーズ出しづらい場面がちょいちょいあって最初の餅カエルで後続を拾うより餅カエル自身を拾って2体目を出すようにしても別にいいんじゃないかって思いました

 ただ普通にバハシャしか立たないしょっぱいスタートの時とかは確実に2枚目が必要になるのでどこを割り切るかって感じですね

 【不採用カード】

 ■ゴブリンドバーグ

 今の十二獣環境だとダークロウがそこまで強くないのでバハシャになれないこのカードは抜けていきました

 ■ソウルチャージ

 十二獣が入っていると少ない枚数で盤面が埋まるのでこれはオーバーキルかなって思い今回は不採用にしました

 後手で激流葬を乗り越えられる可能性があるのでなしではないと思います

 ■貪欲な壺

 先攻で回ってしまえば大体勝てるのでこれもオーバーキルだと思い不採用にしました

 ■底なしの落とし穴

 蟲惑か底なしかで迷ったんですけど堕天使とかコズモみたいなとこまで意識しちゃって今回は蟲惑を優先しました

 別にそこら辺を考えないなら底なしでもいいと思います

 ■M・HERO アシッド

 単純にMHEROの中で1番役割が少ないからですね

 ただ今回1回あったら勝ってたかもしれない試合があるのでもう1度入れるか検討中です

 ■M・HERO 闇鬼

 大体欲しくなる場面が皆既絡みの時なんですけどサイドから皆既を入れる相手のメタル相手にはサーチ効果を起動出来る時がほぼなくて堕天使相手は守備力が高いモンスターが多く闇鬼→ダークロウって連続で出しても意味が薄い事が多くコズモ相手は1ターン目でモンスター3体とか並ばないので特に必要としないってことで別になくてもいいかなって思いました

 ■鳥銃士カステル
  
 役割がドランシアと被っているので抜きました

 たまにABC相手の時に装備カードを戻したりコズモのフィールド魔法除去したい時に欲しくなる場面はありますがほぼ同じ役割のカードを入れている余裕がないのでそこは割り切ることにしました

 【反省点】

 今回主に選択ミスだと思ったのがメイン障壁とエクストラにエメラルを入れなかったことですね

 元々このデッキは先攻展開がしっかりと決まれば余程相手のハンドが噛み合わない限り大体勝ててGだけがマジできついから撃たれた時にストップ出来るように罠10枚と既存のHEROより多めに入れていきました

 ただモルモラットでストップしても打点は0、返しに殴られて戦闘破壊されることなんて目に見えています

 本来ならばドランシアに乗って最低限の仕事は果たすのがベストだと思いますがこの構築だと1回ドランシアに乗ってしまうとその後十二獣の展開をしてもドランシアまで辿り着けないのでめちゃくちゃパワー落ちるんですよね

 だからモルモラットでストップして返しを罠で弾いて~って思っていたんですけど冷静に打点0のモンスターを守るのに障壁という罠を選択したのは明らかなミスでした

 例えばここがフォース系または破壊輪みたいなカードだった場合は恐らく3試合は取れていた可能性がありました
 
 相手も罠踏んでモルモラットを破壊し損ねるのを嫌って基本的に下級を出した場合はそのまま殴ってからメイン2で展開というパターンがほとんどでモルモラット破壊されつつしかも障壁を撃たされるという悲しみが今回かなりありました

 あとはエメラルも必須でした

 もし罠が薄めの時とかにモルモラットにG撃たれた時にドランシアまでいって返しにドランシアが生き残った場合エメラルが入っていればもう1回ドランシアを構える事が可能になります

 展開3

 ドランシアの上にワイルドボウ→タイグリスと乗せてタイグリス効果でドランシア外してモルモラット素材 

 展開4

 モルモラット効果で素材のワイルドボウ外ししてモルモラットss→ブルホーン載せてモルモラット効果で素材のモルモラットかタイグリス外してモルモラットssこれで墓地に3枚カードが落ちてモルモラット×2が場にいるのでエメラルからドランシア戻してもう1回素材ありのでドランシアを構えることが可能になります

 これは初動がモルモラット1枚しかない時にもドランシアエメラル両方が生き残った時に応用出来てエメラルが入っていないとドランシアホープとかドランシアソウコみたいな微妙な盤面しか作れないのでエメラルは後々必須だと気付きました

 【改善点】

 上述の反省点から踏まえて何種類か採用したいカードがあります

 1.ヴァイパー

 基本的にブルホーンのサーチはグリズリーマザーなので今回は抜いていったのですが会局にGを撃たれた時に出してモルモラット温存したり初手のモンスターがモルモラットだけとかの時に明らかにグリズリーマザーサーチするより強かったりって1枚は入れておいてよかったかなーって思いました

 2.ラグナゼロ

 相手がテンキスタートとかの場合は1回ドランシアを何かしらで踏んだ後ラグナゼロでドランシアを破壊して1ドロー、さらに返しの下級召喚も潰せてってドランシアの効果を使わせた分の損失が返ってきたり多段階で攻めれないハンドの時は普通にドランシアと相撃ち覚悟で1ドローして少しでもリソースを失わないようにって出来るから採用をちょっと迷っている1枚です

 3.エアフォース

 ミラーフォースはメタルに微妙でダストフォースは裏守備を除去するのに+αでリソースを使わなくちゃいけなかったりメタル相手は速攻融合の裏目もあるので環境を考えてモルモラットを守れるカードとしてはこれが1番マシかなと

 普通に後手でも十二獣相手なら大量のエクシーズモンスターを戻せてワンチャン捲りに使えたりキンギョミストとかにG撃たれて止まった時にキンギョ守れて返しにエアーバブルからバハシャ狙いにいけたりするのも◎

 4.AFギミック

 これは単純に神智からモラルタでモルモラットを殴ってきたモンスターを破壊しよう!って感じですね

 ただ複数出された時やモラルタを素引きした場合のリスクがあるのでそこを割り切れるかどうか

 その代わりに神智(というかデスサイズ)が環境的に強くツインツイスターにもある程度耐性があるのは◎

 モルモラットにG撃たれてストップで相手ハンド-1さらにツインツイスターを撃たれてデスサイズを出した場合モルモラットを殴る為に何かしらの下級を出さなくちゃでそれをデスサイズで殴り殺せるのでGの分はモルモラットが破壊されてイーブンですがデスサイズで下級をちゃんと破壊出来れば十分アドは取ってると思います

 【総括】

 はい、ってことでつい最近まで十二獣HEROを回してて思ったことをつらつらと書いていきました

 先攻展開だけなら今期でもトップクラスなんですがアライブや罠をしっかり引いていない時のGへの脆さや固定枠が多い為後手の時にサイチェンがかなりしづらいなどの問題が割とヤバかったりします

 普通のHEROはGを撃たれてもサモプリからで止まった強欲貪欲で罠を引きにいったりあとはサイチェンのしやすや、エクストラに入れたいカードを入れられるので対応力の高さなどっていう利点がありますからね

 まぁどっちも利点があるのでHEROを使っていてどっちがいいか迷っている方は自分に合っていると思った方でいいと思います

 とりあえず僕はスタロを入れたHEROが結構強そうなのでしばらくはCSもないしゆっくりと普通のHEROも考えていこうかなって感じです
 
 もし何か質問などがあればツイッターでのリプライ、この記事のコメントどっちでも大丈夫なので気軽に聞いてください(^0^)

 ってことで、またいつか

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

RED

Author:RED
REDの放課後日記へようこそ!

どもども(^0^)
  
福島で遊戯王をやっていて2次元がめちゃくちゃ大好きなREDです

昔YouTubeのSASYUっていう決勝動画に沢山出ていました


CS成績

はねまんCS2011 ベスト16
【トゥルリンクイックジャンクドッペル】

第1回仙台CS 4位
【アライブHERO】

第2回仙台CS ベスト8
【アライブHERO】

第1回石巻サマーCS 3位
【アライブHERO】

第5回HCS 4位
【青眼魔導】

第2回伊達CS 優勝
【アライブHERO】

ガッチャCS 優勝
【マドルチェ】

ブレイブCS ベスト16
【マドルチェ】

べにばなCS 2位
【ヴェルズ】

ガッチャCS2 ベスト8
【アライブ融合HERO】

かみふく杯 2位
【プトレ型HERO】

小山CS ベスト8
【マスクHERO】

所沢杯 2位
【プトレ型HERO】

ガッチャCS ベスト16
【ザボルグ型帝】

あすと杯 ベスト8
【15帝】

ガッチャCS ベスト16
【EM竜剣士】

第1回陸前CS 4位
【マスクHERO】

六遊祭2016 ベスト8
【マスクHERO】

第3回M2CS ベスト8
【餅カエルHERO】

第4回陸前CS ベスト8
【餅カエルHERO】

釜CS 3位
【餅カエルHERO】

東北CS 3rd Trial 2位
【餅カエルHERO】

JGP 個人戦 ベスト8
【餅カエルHERO】

レイピーCS ベスト16
【餅カエルHERO】

JGP 2位
【餅カエルHERO】

かみふく杯 ベスト16
【餅カエルHERO】

小山杯 ベスト4
【マスクHERO】

足立CS ベスト32
【マスクHERO】

第2回釜CS ベスト8
【マスクHERO】

ホビステ所沢CS ベスト8
【ゴウフウ入りHERO】

JGP 2015年4月環境ゲートボールCS 2位
【プトレHERO】

東京遊戯CS ベスト16
【ハリファイバーHERO】

釜CS 3位
【閃刀姫】

足立CS ベスト8
【閃刀姫】

使用デッキ
遊星ハイランダー
十代ハイランダー
マスクHERO
です

好きなキャラクター

大河
美海
和奏
友奈
るう子
こより
イリヤ
木綿季
穂乃果
千歌

みらい/キュアミラクル
はな/キュアエール
リオン
その他いろいろなキャラ

とりあえず、唯は俺のよm(ry

いきなりのブロ友希望、リンク希望、コメント大歓迎!どんどんくるの待ってますね!笑

こんなやつですがよろしくお願いします^^

ツイッター @RED1002019

やってます!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

風嫁フリーダムX~ガガガクラーク研究ブログ

俺様による俺様の為の俺様のブログ!

T.K.Y.のドラグニチィ

理系ドラの四次元倉庫

Duelのかきくけこ 遊戯王ブログ

Highest Life

タイトルはそのうち決める

まった~り

聞こえるか 遠い空に映る君にも ~ISOTOPE日記~

星屑の気まぐれブログ

http://(」・ω・)」うー!(/・ω・)/にゃー!

きちんとチキン

らりる日和

ももの缶詰

永久機関

サルのブログ

霞城籠城日記

夢と悲しみにサヨナらいおん

俺たちのサティスファクションはこれからだ!

味噌味
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
2171位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
カードゲーム
136位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
{ccc}CSS h1 { padding: .5em .75em; background-color: #f6f6f6; border-left: 6px solid #ccc; }