FC2ブログ
REDの放課後日記 2017/10 HERO デッキ解説 

2017/10 HERO デッキ解説 

 はい、どうもー

 世はまさにSPYRAL時代と言っても過言ではないくらい1強環境が続いております

 そんな中で今期のHEROで勝つ為にはどうしたらいいかということを1ヵ月近く考えてこの前のCSではSPYRALに3-0出来たのでそこまで考え方は間違ってなかったと自分の自信になり今回はこの前のCSで使ったHEROの構築について話していきたいと思います

 成績自体は個人4-1でベスト8だったので参考程度に考えてもらえたら幸いです

 試合内容が気になる方は↓この記事を読んでもらえたらどういった試合内容だったか分かります

 ホビステ所沢CS レポ

 結構がっつり書く予定で長くなりそうなので何回かに区切るか時間があった時にでも読んでもらえたら嬉しい限りです

 


 【構築】
 
 実はSPYRALが登場してすぐに1回CSには出たんですがほとんど対人なしで構築の弱さと久しぶりのCSでプレミしまくってボコボコにされてしまいそこから環境を見ながら構築を1からちゃんと考え直していました

 そしてCSの数日前までの構築がこれになります

 1020.png

 ※空いている2枠はへリックスとニンギルスです

 実際にCSで使用した構築はこれです

 DMLS_3JVAAAyAWM.jpg

 DMLS_15V4AEFonu.jpg

 元々はゴウフウの枠が強欲貪欲の3枚目だったんですが急遽フラゲでスカルデットとかいうHERO新規が出たことによりエクストラが大幅に変わりました
 
 そして最初はSPYRALへの対抗馬として注目されていたHEROも多種多様なメタカードと元のデッキパワーの低さから激減

 環境が進むにつれSPYRALのシェアが圧倒的なものとなりここまでシェアも入賞率もSPYRALしかいないなら構築をかなり寄せてもよさそうだと判断しこういう構築になりました

 前の構築では誘発が14枚入っていたので11枚で若干の不安もありましたが先攻で誘発を引きすぎて負けてしまったらもったいないので先攻取ったらほぼ取れるように11枚で抑えていきました

 恐らく既存のHEROには高確率で入っている群雄割拠が入っていなかったり逆に一部あまり見ないカードが入っていたりします

 本来ならばサイドには壊獣やブラックホール等も入れてSPYRAL以外と当たった時の事も考えた方がいいのかもしれませんが1日通して恐らく8割くらいはSPYRALと当たると予想してそもそもの前提としてSPYRAL相手に常勝出来る構築を組まないと話にならいと判断し今回はSPYRAL以外と当たった時はある程度割り切って気合で勝つ予定でした

 ってことで次から構築の細部について話していきたいと思います 

 【メイン】

 ▼E・HERO エアーマン×2枚
 
 ▼E・HERO シャドー・ミスト

 ▼ゴブリンドバーグ

 ▼E-エマージェンシーコール×3枚

 ▼ヒーローアライブ×3枚

 ▼マスク・チェンジ×3枚

 ▼マスク・チェンジ・セカンド 
 
 ▼増援

 ここは初動兼ダークロウにアクセスするカードです

 ドバーグは増援でサーチ出来るのでブリキンギョが抜けた今でも入っています

 たまにマスクセカンドがコストが重たいからという理由で入っていない構築を見かけますがあらゆる手札誘発が蔓延としている今期マスク素引きが何の誘発も効かないでダークロウにアクセス出来て1番強いので入れざるを得ないカードだと思っています

 SPYRAL相手には先攻ダークロウが立たないときつい試合も多いので今期も引き続き続投です

 ▼E・HERO オネスティ・ネオス×2枚

 SPYRAL相手にはミストマスク+オネスティと構えて出来るだけギリギリまでマスクを撃たないようプレイを心掛けるので1枚までなら素引きしてもいいので今期も2枚です

 あとは強欲貪欲との兼ね合いやSPYRALの1900打点モンスター達を倒す為にも2枚必要になることが割と多いです 

 ▼V・HERO ヴァイオン

 前期は初動重視の為に2枚入っていたんですが今回はメインの蘇生罠も前より減らしておりまたSPYRAL相手にはモンスターを引きすぎるととても弱いので強欲貪欲でミストが飛んだ時の闇HEROとしての保険とミストをデッキに残したい時のエアーマンのサーチ先として1枚入れました

 ▼E・HERO ブレイズマン

 最初はメインの蘇生罠をサイドに落としていてサイド後の先攻用としてこのカードもサイドに入れていました

 代わりに入れていた枠がバブルマンだったんですがヴァイオンを減らした事もあり想像以上に事故が多くなってしまい結局こっちに戻しました

 役割的にはEコール+蘇生罠の時にサーチ出来るヴァイオンみたいなものです

 一般的にヴァイオンの下位互換と扱われがちのこのカードですがそれは使い方次第で僕はヴァイオンにはない強みがこのカードにもしっかりとあると思っています

 例えばエアー→エアーのHEROループを繋げている時にこのカードを最後にすれば最終的にオネスティをコピーしてエクストラを使わず2500打点のモンスターを追加することが可能となります

 今期は特にレベル4が2体並んだ後は竜巻竜を出すシーンが多くその後に高打点となりうるモンスターを追加出来るのはとても大きい部分です

 あとは単純にミスト使い終わった後にトップで引いた時もヴァイオンより強いですしEHEROネームから長引いた試合の時にアライブから出すモンスターとしても優秀です

 他にもブレイズマン+蘇生罠スタートの時にミスト落としからオネスティサーチしてブレイズマンが返しに生き残ったとします

 その場合エンドフェイズ蘇生罠からミストssしてマスクサーチ

 次のターンにブレイズマンの落とす効果でオネスティをコピーします

 ミストアタック→ブレイズマンアタックでバトルステップにブレイズマン対象にしてオネスティネオスの効果チェーンマスクでダークロウss

 このプレイで激流葬をケアしつつ1000+2500+2500+2400とワンキルが可能になります

 これはヴァイオンには出来ないことであり元々Eコール+蘇生罠の時のサーチ先以外にもしっかりとした役割があります

 なので僕は蘇生罠を入れている構築には1枚は必要だと思っています

 ▼手札誘発

 今期も前期同様メインに手札誘発必須環境なのでどれを選択するかとても悩みました

 Gやうららは基本的にSPYRAL相手にはどこでも撃ち場所があるので最大枚数投入

 うさぎは昨日のレポを読んでもらえば分かるのですが盆回しに撃つのがめちゃくちゃ強くてそれ以外にもドローンに撃ったり最悪へリックスに撃ってグレースへのアクセスを阻止出来るので3枚

 HEROのうさぎはこっちが先攻でダークロウ構えている時に対して相手のゴウフウや複製術が絡んだニンギルスのss成功時の強制効果に撃つことが出来るのも強いです

 ゴウフウの場合はうららは撃てないので状況によってはうさぎの方が強い時もあるくらいですし僕的には結構評価の高い1枚です

 さくらは最近貫通されやすくはなっていますがHEROはそのリスク以上にグレースからボルテックス+ラストリゾートの構えをされるだけで詰んでしまう可能性があるので最低限その動きを止められるのを評価して3枚入れました

 今のHEROは先攻展開もしないので先攻でもモンスター単騎でターンを返していることも多く先攻でも撃ちやすいのも◎

 最初はγも入れていたんですが先攻の時に浮くことが結構多くて結局抜きました

 メインドロールはそこまで悪くはないんですが他の11枚に比べると優先度は低く12枚目以降のカードで誘発ばかり入れてせっかく先攻取れた試合を落としたりしたらかなりしょっぱいのでサイドにしました

 ▼BF-朧影のゴウフウ 

 リンク召喚が出てから活躍していたカードですが流石に制限カードの為にエクストラの枠を取りすぎるので今までは入っていませんでした

 なら何で今更と思うかもしれませんですがこの↓ちょっと前の新しいパックで出たスカルデットというカードの登場により僕はエクストラの枠を取ってでもゴウフウを入れてもいいと思うようになりました

 fd1b9ff5.jpg

 注目すべきは3と4の効果

 3の効果により疑似的なブリキンギョみたいな役割を持つことが可能でゴウフウ+エアーマンでミストサーチしてトークン1体をリンクリボーに変換してからスカルデットssして3の効果でミストをssしてダークロウを出すことが可能です

 それだけだとやってることはエクストラを食うブリキンギョなので微妙なのですが4のドロー効果もとても強い

 例え事故っていてもゴウフウ+適当なモンスターで4枚ドローからマリガンみたいなことが出来るのでそこでミスト、増援、Eコールの6枚のどれかにアクセス出来ればダークロウに向かうことも出来ます

 別にミストにアクセス出来なくともメインに11枚入っている誘発+罠で手札を固める事が出来るのでスカルデット単騎ビートで勝つ可能性すらあります

 一見アライブとゴウフウが噛み合っていないようにも見えますがもしアライブにうららされた場合はゴウフウから動いて4ドローに向かえアライブが通ったならばそれはすなわちこのデッキで1番強い初動が通っており且つ例え返されてもゴウフウから切り返しが出来るので全く問題ないです

 アライブが通った後もミストssに対してγを撃たれた場合はうららと同じくゴウフウssから4枚ドローに向かいうさぎを撃たれた場合はゴウフウが闇なのでミストでマスクセカンドをサーチすれば最低限ダークロウに向かうことも可能です

 まぁ4枚ドローから手札の質をよくした方が良い時もあるのでうさぎの場合は他のハンドにもよりますけど

 後攻ならば今後はゴウフウからセキュリティ+ニンギルスで盤面荒らしながらアライブ通したりも出来るので先攻、後攻関係なく被っても大丈夫です

 エクストラの枠を使いたくない人はプロキシ―とニンギルスを抜いてサイド後の先攻用カードとして入れるのもありだと思います

 ただ僕は元々ニンギルスはエクストラに必要なカードだと思っていてエクストラに1枠追加すればメインからゴウフウを使えるなら入れた方がパワーカードも増えるので良いかなって思いメインから入れる事にしました

 エクストラの圧迫がヤバくて対応力が落ちるのは間違いないのでそれが嫌な人は仕方ないと思いますが僕は今期の調整をしていて限られたエクシーズモンスターしか出さない事が多かったのである程度は削っても大丈夫だと判断しました

 エクストラ数枠使えば疑似的な4枚目のドロー付きのアライブを使えるって考えたら僕は今のところ抜くことはなさそうです

 ゴウフウの弱い部分の増殖するGもHERO相手のサイド後は抜けますしもし1本目ゴウフウ見えてサイド後も残してくれるならゴウフウ絡まない時は基本的にめちゃくちゃ弱いのでむしろありがたいです

 もし今後環境デッキが増えてそれにより必要なエクストラのモンスターが出てきた場合その時もう1度考え直そうかと思っています

 ▼強欲で貪欲な壺×2枚

 SPYRAL相手には前期以上にマスクや妨害をちゃんと引けないとジーニアスやリゾート、他のパワーカードでジリ貧になってしまうので2枚以上は必要だと思っています

 3枚もかなりありなんですが被ったり強欲貪欲で強欲貪欲を引くのが弱いので2枚に減らしました

 代わりに入れたゴウフウが上述している通りアライブの4枚目みたいなものなのでむしろ安定感的にはあがりましたしCSの時もしゴウフウが強欲貪欲の3枚目だった場合もしかしたら危なかったかもしれないので入れ替えてよかったです
 
 ▼死者蘇生

 今更説明するまでもない気がしますがミストへのうさぎを蘇生罠と違ってラグなしでケア出来る点やトップで引いてすぐリソースに変換出来る、あとはエアーマンやオネスティを蘇生してEXモンスターゾーンを使用している場合でもワンキルしやすくなるのが◎

 先攻ダークロウ→エアーマンサーチの流れで場にダークロウが残っても次のターンにエアーマンからオネスティ蘇生してワンキルとかも出来るのでどの場面で引いても強いことが多く入れられるならもっと入れたいです

 ▼リビングデッドの呼び声×2枚

 元々はサイドだったんですがちょっと前からメインうさぎが流行りだしていたのでメインに戻しました

 初手に被って他に妨害がないとダンディに割られてしまったりするので3枚目より他の妨害に枠を回して抑え目の2枚

 サイド後は上述しているブレイズマンが絡んだプレイやオネスティの手札効果チェーンリビングオネスティで捨てたオネスティ蘇生と激流葬をケアしつつ追加のダメージを与えられるので今期は僕は戦線復帰よりリビングデッドだと思っています

 前期は真竜スペルで対象にされたり真竜の影響でメインコズミックが流行っていたので戦線復帰でしたが今期はメインにサイク系はほぼ入っておらず割られる時はダンディやボルテックスの対象にされた時なので戦線復帰しても結局そのあと殴られてあまり意味がないので激流葬をケアしやすいリビングデッド優先だと思いました 

 ▼蠱惑の落とし穴×2枚

 今回のデッキコンセプトの1つとしては妨害カード選択基準はダンディに強いカードというのを目安で考えました

 今のHEROはほぼ間違いなく群雄割拠やあとは人によっては奈落の落とし穴が入っていますが割拠はモンスターの枚数的にぶっぱダンディで50%以上の確率で割られる可能性があって奈落は横のコズミックやリビングデッドが割られてアド差開いてしまうのが僕はどうしても気になっていました

 そこで見つけたのが蠱惑の落とし穴でぶっぱダンディを止められたりワンフォーワンジーニアスや自己蘇生のジーニアスなどにも手が届くのが◎

 奈落の場合他にもワンフォーワンが絡んだ展開だとへリックスを2回出すことは容易でどこに奈落を撃ってもグレースまでアクセスされてしまいボルテックスに奈落を撃たなくてはいけなくなり他にカードを割られて一気にアド差がついてしまったりもします

 ボルテックス相手も例えばHERO+オネスティと構えている場合やカミカゼを出している時に相手が効果を使ってくれると奈落と違って他のカードを割られる心配もありませんし、今後はゴウフウに撃てるのも強みになります

 今まではゴウフウから出てきたニンギルスに奈落を撃てば大して変わらなかったんですが今週からはセキュリティドラゴンを経由してくるのでそこに撃てない奈落はさらに微妙になる可能性があります

 ただ奈落はタフネスに撃てたりビッグレッドの裏目をケア出来たりするので一長一短な部分もあります
 
 割拠も相手がHEROと分かっているのに欲張ってドローンからダンディとか狙ってくると強いですし永続故割られなければ強いので別に悪い選択肢ではないと思います

 僕は高い可能性でダンディに割られたりアド取られり、ダークロウが立たない時にここら辺が被ってもボルテックス1枚で解決されてしまいのが気になってしまったので蠱惑にしました

 今はタフネスも結構減ってきているのも追い風ですね 

 ▼神の通告×2枚

 ▼神の警告

 蠱惑の上位互換な効果を持っているので文句なしのメイン採用です 

 【エクストラ】

 ▼M・HERO ダーク・ロウ×2枚

 このデッキを使う1番の理由

 マスク被りや蘇生罠からおかわりダークロウする事を考えたら最低2枚は必要だと思います

 ▼M・HERO 闇鬼

 最初はさくらダークロウが流行っていたのでさくらされた時に出した闇鬼でサーチしたマスクを腐らせない為にも2枚入れていたんですが今はだいぶエクストラにダークロウを入れている人が減ったので減らしました

 2枚入っているとワンキルしやすかったりして普通に便利な時もあるんですけど逆に使うのはワンキルの場合くらいなのでさくらダークロウやリトスアジムなどが流行っていないなら1枚でいいと判断しました

 HEROのシェアが減っているってのももちろんなんですがそもそもHERO相手にさくらダークロウしても闇鬼+オネスティ+妨害のゴリ押しで結構勝てて-1アドになりがちなのであんまり強くないんですよね

 なので未だにさくらダークロウされて負けたことがないです

 ▼M・HERO カミカゼ

 ▼M・HERO ブラスト

 前期は2500打点のラインがあったり継承や復活のことを考えると両方とも必須枠だったんですが今期は意外とカミカゼはそこまで必須ではない気がします

 ブラストはビッグレッドやラストリゾートケアに使ったりサイド後はチェーン2で出す事よって激流葬やミラーフォースをケアする役割があるので必要なんですけどカミカゼトは明確や役割がないんですよね

 なのでカミカゼとホープONE辺りを抜いてドロゴンとビュートの方がいいかもしれないです 

 ▼No.39 希望皇ホープ

 ▼SNo.39 希望皇ホープONE

 ▼No.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング

 SPYRAL相手にはあまり使いませんがどっちかっていうとそれ以外のデッキ相手に使うことが多いです

 単純に打点解決もありますしたまーに見るグラットン相手にもかなり強いです

 前期は真竜皇や真竜の打点を超える為にライトニングの効果を2回使えるようにホープONEも入れていたんですが今期はそこまで打点が高いモンスターが蔓延しているわけでもないのでホープONEは他に変えてもいいかもしれません

 あとは例えばキンギアライブみたいなハンドの時にアライブ→エアー→キンギョミスト(ミスト効果破棄)→キンギョミストでライトニングssでバトルフェイズに効果で素材のミスト外してミストでオネスティサーチってすると合計が1800+2500+5000=9300ってうさぎをケアしつつ1300以上のモンスターの上からワンキル出来たりします

 このワンキルを止める場合はエアーかキンギョにうさぎを当てるしかないというかなり弱い撃ち方になりこのワンキルパターンを知らない相手はうさぎをミストに当ててやるって考えの人が多いので意外と決まったりするので覚えておいて損はないと思います

 もし例えエアーやキンギョに撃たれたら普通にミストの効果でマスクサーチすればいいだけなのでかなり自然な流れでワンキルに向かえるのが◎

 ▼No.41 泥睡魔獣バグースカ

 基本的に最後の蓋として使うモンスター
 
 SPYRAL相手にバグースカを出され場合こっちもバグースカで返すのでそういう意味でも必要な1枚です

 ▼星杯戦士ニンギルス

 このカードはゴウフウを入れる前から入れていてメイン戦の先攻の時の相手のダークロウの処理の仕方がゴウフウか複製術かワイヤーを置いてターンを返す事なのでゴウフウと複製術からニンギルスでダークロウを処理する裏目を消す為に入れました

 スカルデットが出る前はメインにゴウフウが入っていない人も結構いたので入れるか悩んでいたんですがはっちグランドでメインの人が割といたので悩んだ末に入れることにしました

 今はゴウフウが入っているので普通に自分で後攻の時使える可能性があるので相手次第で浮くようなことがなくなって◎

 ▼SPYRAL-ザ・ダブルヘリックス

 さくらで飛ばす用

 ▼リンクリボー

 ▼プロキシー・ドラゴン

 ▼鎖龍蛇-スカルデット

 ゴウフウからのお手軽リンクセット

 セキュリティドラゴンが出たらプロキシ―とチェンジします

 スカルデットの強さは上述している通りです 

 【サイド】

 ▼ドロール&ロックバード×3枚

 本当は1枚は超融合の枠で2枚の予定でしたが手に入らなくて3枚入れました

 今回は3枚入れていったんですけど次CS出るならここは変えるかもしれないです

 メインのドロールは良いと思うんですけどHEROのサイド後のドロールは結構問題あると思いました

 相手の動き次第でターンスキップ出来るのは強いんですがSPYRALミラーと違って返しにアライブやマスク連打が絡まない限りは制圧したりワンキル出来たりしないので手札5枚から、相手にドローンの効果を使われた場合は実質手札4枚から相手の残ったリソースに立ち向かわなくてはいけません

 もしリゾートスタートの場合は尚更ヤバいですしサイド後は罠も入ってくるのでもし返しの動きに罠を当てられた場合ドロールの-1アドがかなり響いてきます

 少し話はずれますがそういう意味でもサイド後はサイク系は3枚いると思っています

 話を戻しますが同じアド損カードのさくらとは違い永続的な効果を与えるわけでもないですしドローンからトップで引かされてもかなり弱くて正直ここは壊獣とかでもよかったかもしれないです

 HERO相手はドローンダンディ展開とかの時にボルテックス+ラストリゾートを構えてくる時が多そうなのでそのことを考えるとブラホより壊獣の方がよさそうです

 ▼ハーピィの羽根帚

 基本的にほぼ全てのデッキ相手の後攻の時に入れます

 メインに入れてないのは先攻で引いた時に相手のリゾートに触れられなくて浮いてしまう可能性があるからです

 ▼禁止令×3枚

 対SPYRAL相手にダンディ宣言をしてダンディ、へリックス、タフネス全部止められるのが強いです

 ハンドによってはうらら宣言してアライブ通したり被ってもツインツイスターや他のメタカードを宣言出来るのもいいですね

 ▼コズミック・サイクロン×3枚

 メインは明確に割りたいカードはないのでサイド

 サイド後の先攻の時は激流葬やタフネスにアクセスされないようにリゾート割る為に後攻の時は神、勅命、虚無空間などの食らったらヤバい罠が多いのでサイドに3枚必要だと思います
 
 サイクロンやツインツイスターではないのは先攻の時に神智を割りたくなかったり手札コストが重たいのもありますし、救出やボルテックスを考えてSPYRALカードを墓地に送りたくなくあとは最近流行りのセフィラ等のペンデュラムデッキを考えてコズミックが1番だと考えました

 ▼蠱惑の落とし穴

 サイド後はコズミックサイクロンやマジックドレインなどぶっぱダンディの的が増えてしまうのでそこを止められるようにかさまし用の3枚目

 ▼神の宣告

 メインはぶっぱダンディに大して無力で特にそこまで守りたいカードもなく、サイド後はブラホや激流葬、ツインツイスターときついカードが増えるのでサイドに入れました

 ▼マジック・ドレイン×3枚

 特に強いってわけでもないですがきついツインツイスターに大してこのカード+もう1枚を対象にされた時にアド取れて基本的にどのゲームでも腐ることもなく最低限の役割は果たしてくれると思いこのカードを入れました

 ツインツイスターを意識するならマジックディフレクターも比較されがちなんですがあっちだとリゾートに撃っても残ってしまうのでただのアド損で終わってしまったり禁止令と相性も悪いのでこの構築で使うには微妙だと思いました 

 【不採用カード】

 ▼壊獣&ブラック・ホール

 全然入れてもいいカードなんですが今回はSPYRAL相手のカードを優先したので抜きました

 ▼召喚僧サモンプリースト

 最初流行っていたγが抜けてきてそろそろ入れようかなって思ってたら代わりにうさぎが流行りだしので結局入れられませんでした

 ▼V・HERO ディシジョン・ガイ

 HEROの負け筋の1つとしては初動でまともなモンスターを引けないで負けるというものがあってその時にヴァイオンならばミスト落としからエアーマンをサーチして次のターンにエアー→エアーでさらに後続を繋いでいく選択肢が作れます

 ただブレイズマンやヴァイオンの枠がこのカードで他に初動がない場合とても弱く蘇生罠との兼ね合いも考えてワンチャン作れるブレイズマンやヴァイオンの方がいいと思ってます

 僕の中ではHEROのサーチループが発生していれば最低限の動きのラインには達していて勝てる可能性があると思っているのでどっちかというと勝ちを勝ちにするこのカードは優先度が低いです

 ▼AF

 僕的には普通のHEROってデッキにアウロやSPYRALの救出みたいに素引きして弱いっていうカードが入っていないのが強みの1つだと思っているのでわざわざサイドから浮く可能性があるカードを入れたくなくて採用しませんでした
 
 AFを入れるならブリキンギョとかも入れて竜巻竜を作りやすくしてそもそも素引きしてもどうにかなる構築にしたいです

 ▼PSYフレーム・γ

 ドロールよりかはまだこっちの方がいいかなって思ってたんですけどサイドチェンジを考えていてサイドから入れられる枠が3枠しかなくてサイドチェンジ枚数が合わなくドロールに変えました

 一応ドロール2と超融合を抜けばγ2とドライバーを入れられるんですけど相手の先攻展開に干渉出来るカードが無駄なドライバーのせいで1枚減っているので止めました

 あともしγを入れるとして8シンクロを入れるならどうせ自分のターンに出すモンスターですしΩより後ろやリゾート剥がせるスクラップドラゴン優先でいいと思いました

 メインγなら流石にΩ入れますけど

 ▼ライオウ

 自分のデッキと全くかみ合ってなくて後続でエアーマンとかも出せなくなったり相手がブラホとか激流葬入れてくる可能性あるのに前で強いモンスターを入れるのは違うなって思い入れてません

 ▼超融合&沼地のドロゴン

 単純に手に入れなかっただけで本当は入れたかったカードです

 もし手に入ったらカミカゼとホープONEと入れ替えでビュートとセットで試してみると思います

 相手のバグースカとへリックス吸ってレベル4追加からビュートで盤面返せればドローンでトップに乗せられた誘発も返しに妨害として強く使えますし頭の中では強そうだなって思ってます

 ▼異星の最終戦士

 はっちでめちゃくちゃ流行っていたのでさくら用で入れるか悩んだんですがここまで広がってしまうと裏目が大きすぎるカードなので使う人は減るかなって考え出されたら割り切りで入れませんでした

 ▼鳥銃士カステル

 前期は復活ループを止めたりするのに使うことが多くて入れていたんですが今期はそこまで明確に使うタイミングがなくモンスターならライトニング、魔法罠なら竜巻竜でどうにかなっていたので抜きました

 HEROミラーでカミカゼ処理する時にたまに欲しくなるんですがそもそも今回はミラーはほとんど見ていなくてカミカゼを出された場合は闇鬼を出すので今のところはなくてもいいかなって思いました

 ▼励輝士 ヴェルズビュート

 調整していて全く使わなかったので抜きました

 いつもお祈り枠みたいな気持ちで入れていたので本当になくても大丈夫か不安ではあったんですが実際にCSで必要な場面はなかったので超融合を入れるまではまだ抜き続けると思います

 ▼コード・トーカー

 たまに入っている構築を見かけますが僕は特に必要になったのとがなかったので入れてません

 ▼我が身を盾に

 γやブラホ、激流葬に強いのでライフコスト的にピンまでなら全然ありなんですけどもし相手が全体除去を入れていない場合タフネスに撃てないですしマジドレと違って浮く可能性もあるのでやめました

 ▼魔法効果の矢

 ラストリゾート&リゾート両方飛ばせるのは強いんですが結局ボルテックスは残るしサイド後入ってくる罠に触れられないのが弱かったりバグースカにも無力なので中途半端な感じがして微妙だと思いました

 ▼神の摂理

 マジドレ2枚にしてこっちと散らすか凄い迷ったんですけど手札コストが気になっちゃって結局入れませんでした

 調整の時に全然引けてなくてちゃんとした使い心地は分かっていないので実際に使って悪くないなら被った時の手札コストを考えて1枚まではありだと思います

 ▼群雄割拠

 何回か言っていますがぶっぱダンディで割られたりリゾートが回っている時に被っていてもボルテックスに無力なのが僕はあまり信用出来なかったので入れてないです

 割拠はサーチが効くメインギミックで割られる可能性がありますが禁止令の場合はゴウフウや複製術等の素引き前提カードではないと割られにくいって違いも結構大きいと思ってます

 ▼虚無空間

 最初は入れていたんですがダンディに撃たされてその後に割れるとただのアド損なのがきついのとサイド後の蘇生罠を絡めた激流葬ケアのプレイとも噛み合ってないので抜きました

 ▼魔宮の賄賂

 効果的には1番理想的なカードなんですがSPYRAL相手にはほとんど先出しダークロウをしないので基本的にドローさせてしまう事になるのが微妙だと思い入れませんでした

 ▼王宮の勅命

 このカードを使ってしまうとSPYRALみたいに自分で解除出来たりしないのでもし激流葬等で盤面を崩されてしまった場合残りのほとんどのカードが腐る可能性がありリスクが高すぎるのでやめました

 あとは蘇生罠からミストssしてダークロウに繋ぐ動きとも噛み合ってないのも×

 ▼魔封じの芳香 

 もしツインツイスターの代わりに局所的ハリケーンが流行った場合マジドレからこっちに変えると思います

 HEROはエアーマンの破壊効果やブラスト、竜巻竜と魔封じとは相性が良いのでHEROにはハリケーンが流行ってくれるとかなり追い風だったんですが結局ハリケーンは全然使われてないみたいで残念でした 

 【環境デッキへのサイドチェンジと立ち回り】

 対SPYRAL

 先攻時

 in コズミックサイクロン3 禁止令3 蠱惑 神宣 マジックドレイン3

 out 増殖するG2 うらら3 うさぎ3 さくら3

 後攻時

 in ドロール3 羽根帚 コズミックサイクロン3

 out 警告 通告2 蠱惑2 リビングデット2

 基本的に誘発はパワー自体はあまりないので先攻の時はout

 代わりにダンディを止められる禁止令、蠱惑、神3枚+それを守る神宣、マジドレ3枚で相手の動きを止めていきます

 もしダークロウが立たなくてエアーマンスタートの場合でも1ターン妨害で稼いで次のターンもエアーマン追加からブレイズマンをサーチしてライフをごっそり奪いメイン2に竜巻竜を立てにいきます

 バグースカは1ターンは耐えられることが多いんですがモンスターセットされるだけでライフが取りづらくなってドローゴーが進み相手に溜めこまれるかバグースカ縦にした返しに動かれるので基本的には竜巻竜を優先します

 これにより返しにジーニアスからビッグレッドの裏目やリゾートからボルテックスサーチ、あとはトップで引かれた激流葬もケア出来るようになるのでめちゃくちゃ出します

 どこで竜巻竜の効果を撃つかは他のカードとの兼ね合い次第なので明確にこのタイミングで!とは言えませんが相手がトップでカードをセットしてきたからと言って安易に割りにいくと神智の裏目を踏む場合もあるのでうららを引いていたりする場合はスルーしたりコズミックと引いている時は竜巻竜から効果を使いましょう

 そして相手は竜巻竜を上手く処理できない場合返しに2500打点になるブレイズマンが追加されるので+前のターンのエアーマンでのダメージや手札のオネスティを合わせるとライフ取り切ることも可能です

 先攻はダークロウが出て全体除去を食らわなければそれに+で妨害を当てていき、もしそれ以外のスタートの時はこういう感じでゲームの流れを作っていくようにしています

 ミストマスクオネスティって構えている場合は出来るだけマスクチェンジを使わないでおくと相手がダンディ+タフネスみたいな処理の仕方が出来なくなるのでマスクの発動タイミングも他のカードとの兼ね合い次第ですぐサーチには撃たないで待った方が良い時も結構あります
 
 マスクさえ使わなければミストに殴ってマスク撃たせてからメイン2にタフネスで処理するしかないのでそこに合わせるオネスティが強いです

 あともしドローンスタートの場合はダンディケアで処理後にマスク撃ってデッキトップリセットでいいと思います

 他には何回か言っていますがチェーン2マスクで激流葬をケアするは最優先で心掛けます

 チェーン2マスク、チェーン2リビングからオネスティ蘇生などのプレイで勝敗が変わることもあるので意識した方がいいです
 
 後攻の時はほぼ誘発引けるかの勝負なのでお祈り要素が強いです

 サイド後は罠も抜いているので誘発で相手の展開止めてHERO回してダークロウや竜巻竜+誘発の構えでビートキル狙うのみです

 最低限激流葬をケアすること以外はそこまでプレイっていうプレイはないかもしれないですね

 誘発の撃ち方は

 うらら→ジーニアス複製の複製かへリックス、エンシェントフェアリー

 うさぎ→盆回しスタートならリゾート、他に誘発があればリゾート、ボルテックスが無理なハンドの時は止まってくれるのでお祈りでリゾート、ドローン召喚から入ってきたらドローン

 さくら→2体並んだ処理後

 増殖するG、ドロール→撃てるタイミングで

 って感じですかね

 HEROはエアーマンだけで4300取れるのでアライブやマスクが絡めばデストルドーで半分になったらライフは結構刈り取りやすいです

 他は出来るだけへリックスからグレースに向かわれないように誘発を撃ってきます

 ハンド次第でもありますがボルテックス+ラストリゾートの構えがHEROはかなりきついので

 一応エアーマンが対象を取らないおかげでアライブが絡めばワンチャンなくはないって感じですね

 誘発ない状態でフルパワー展開されたら恐らくSPYRALですら返すのは厳しいと思うので初手に超融合がなかったらほぼほぼ無理で割り切りです

 バグースカではなくボルテックス展開ならアライブやマスク、羽根帚が絡めばワンチャンはあるのでハンドの質や残り時間によって相手の展開をどこまで眺めるか見定めましょう 

 まぁ後攻の時は誘発を引けてからがスタートラインなのでお祈り要素があるのは否めません

 ただ恐竜環境同様誘発撃った返しに数多くの1枚初動から動けるデッキは他にない強みなのでまずは誘発を引けることをお祈りします

 対HERO

 先攻時、後攻時

 in 羽根帚 コズミックサイクロン3 神宣 

 out 増殖するG2 さくら3

 ミラーはあまり見ていないのもあって先攻、後攻に関わらずHEROに弱い誘発を抜いて代わりに入れられそうなカードを入れる感じです

 正直今のHERO相手のうさぎって基本的にミストがssした時がブレイズマンくらいにしか撃てないので撃てる時がかなり限られていて微妙なので出来れば入れたくはないんですがマジドレとかを後攻で入れるよりはまだマシかなくらいの気持ちで後攻の時はうさぎも残します

 ミラーの場合さくらはダークロウより打点で処理しづらい闇鬼やカミカゼを飛ばした方が強い時が結構あるので思考停止でダークロウを飛ばさないでケースバイケースでしっかり考えた方がいいかもしれないです

 闇鬼さえ飛ばしてしまえばもしダークロウを出されてもあっちはこっちの闇鬼オネスティを打点で解決出来ないのでダークロウは無視して放置で闇鬼のダイレクトアタック効果でちまちま殴っていれば相手は闇鬼を退かす為のエクシーズモンスターを出せないのでかなり有利にゲームを進める事が可能になります

 そのうち相手はダークロウで自爆してきて闇鬼を超えてこようとするエクシーズモンスターを出してくるのでそこに的を絞って妨害を当てれば後攻からでも割と捲れる事が多いです
 
 あとはカミカゼを出されば場合も闇鬼オネスティ構えて同様にちまちまダイレクトアタックしていれば相手の方から動かなくてはいけなくなるのでそこに妨害を当てれば一気に有利になります

 他にも相手がアライブスタートしてきてこっちもアライブスタートのありがちなゲーム展開があったとします

 ミストssのサーチ効果に相手がダークロウを出してきた場合こっちはハンデスチェーンでマスク撃って闇鬼ss

 ここでエアーマンにアクセス出来るカードさえ抜かれなければエアーマン召喚オネスティサーチから相手にもしオネスティ使われても400+1800+2400の後攻ワンキルが簡単に出来るのでもし相手のバックがなかったり伏せ割るカードがあった時はどんどん狙っていった方が良いと思います

 逆に先攻でアライブを撃つ側は相手にアライブ+エアー持たれていた場合即死するリスクがあるのでもし神などがある場合はハンデスの為に欲張ったりせずに妨害から先に撃っていった方がいいかもしれないです

 ちなみに闇鬼2枚入っている構築でマスク複数枚引いた場合は闇鬼1400+闇鬼1400+オネスティで盤面無視してワンキルも出来たりするので昔以上に妨害がない時のミラーの先攻アライブはリスクがあることを頭に入れて置いた方がいいです 

 【総括】

 はい、ということで長々とここまで読んでいただきありがとうございます

 僕の考えが少しでもHERO使っている方の参考になったら幸いです

 一応今期は来月頭にある連戦に出てからあとは月末のリンクパックに備えておこうかと思っています
 
 色々とヤバいリンクモンスターが出てくるので今後の環境がどれくらい凄いことになるのか想像もつきませんがとりあえずHEROメタが環境初期に比べてかなり減りHEROで勝つなら今このタイミングなのではと思っているので環境がさらに壊れるまでの残り1ヵ月ちょいHEROで勝とうと思っている方は頑張りましょう

  もし何か質問等があればツイッター(@RED1002019)でのリプライかこの記事のコメント、どちらでも大丈夫なので気軽に聞いてください(^0^)


 ってことで、またいつか

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

RED

Author:RED
REDの放課後日記へようこそ!

どもども(^0^)
  
福島で遊戯王をやっていて2次元がめちゃくちゃ大好きなREDです

昔YouTubeのSASYUっていう決勝動画に沢山出ていました


CS成績

はねまんCS2011 ベスト16
【トゥルリンクイックジャンクドッペル】

第1回仙台CS 4位
【アライブHERO】

第2回仙台CS ベスト8
【アライブHERO】

第1回石巻サマーCS 3位
【アライブHERO】

第5回HCS 4位
【青眼魔導】

第2回伊達CS 優勝
【アライブHERO】

ガッチャCS 優勝
【マドルチェ】

ブレイブCS ベスト16
【マドルチェ】

べにばなCS 2位
【ヴェルズ】

ガッチャCS2 ベスト8
【アライブ融合HERO】

かみふく杯 2位
【プトレ型HERO】

小山CS ベスト8
【マスクHERO】

所沢杯 2位
【プトレ型HERO】

ガッチャCS ベスト16
【ザボルグ型帝】

あすと杯 ベスト8
【15帝】

ガッチャCS ベスト16
【EM竜剣士】

第1回陸前CS 4位
【マスクHERO】

六遊祭2016 ベスト8
【マスクHERO】

第3回M2CS ベスト8
【餅カエルHERO】

第4回陸前CS ベスト8
【餅カエルHERO】

釜CS 3位
【餅カエルHERO】

東北CS 3rd Trial 2位
【餅カエルHERO】

JGP 個人戦 ベスト8
【餅カエルHERO】

レイピーCS ベスト16
【餅カエルHERO】

JGP 2位
【餅カエルHERO】

かみふく杯 ベスト16
【餅カエルHERO】

小山杯 ベスト4
【マスクHERO】

足立CS ベスト32
【マスクHERO】

第2回釜CS ベスト8
【マスクHERO】

ホビステ所沢CS ベスト8
【ゴウフウ入りHERO】

JGP 2015年4月環境ゲートボールCS 2位
【プトレHERO】

東京遊戯CS ベスト16
【ハリファイバーHERO】

釜CS 3位
【閃刀姫】

足立CS ベスト8
【閃刀姫】

使用デッキ
遊星ハイランダー
十代ハイランダー
マスクHERO
です

好きなキャラクター

大河
美海
和奏
友奈
るう子
こより
イリヤ
木綿季
穂乃果
千歌

みらい/キュアミラクル
はな/キュアエール
リオン
その他いろいろなキャラ

とりあえず、唯は俺のよm(ry

いきなりのブロ友希望、リンク希望、コメント大歓迎!どんどんくるの待ってますね!笑

こんなやつですがよろしくお願いします^^

ツイッター @RED1002019

やってます!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

風嫁フリーダムX~ガガガクラーク研究ブログ

俺様による俺様の為の俺様のブログ!

T.K.Y.のドラグニチィ

理系ドラの四次元倉庫

Duelのかきくけこ 遊戯王ブログ

Highest Life

タイトルはそのうち決める

まった~り

聞こえるか 遠い空に映る君にも ~ISOTOPE日記~

星屑の気まぐれブログ

http://(」・ω・)」うー!(/・ω・)/にゃー!

きちんとチキン

らりる日和

ももの缶詰

永久機関

サルのブログ

霞城籠城日記

夢と悲しみにサヨナらいおん

俺たちのサティスファクションはこれからだ!

味噌味
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
1955位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
カードゲーム
117位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

{ccc}CSS h1 { padding: .5em .75em; background-color: #f6f6f6; border-left: 6px solid #ccc; }