FC2ブログ
REDの放課後日記 映画プリキュアスーパースターズ 感想

映画プリキュアスーパースターズ 感想

 はい、どうも~

 今回はいつもの真面目な感じとはかけ離れた完全に僕の自己満の為の内容を書いていきます
 
 ついに昨日だいぶ前から楽しみにしてたプリキュアの映画を観てきました

 本来ならば好きな作品の映画は公開初日の1番最初の公開時間で見るのが僕の中でのルールなのでプリキュアの映画だけは例外で幼女先輩を考慮して数日遅れで観に行くようにしています

 とはいえ流石の有名タイトルなだけあって公開日から数日経ってもまだ何組かの親子が観にきていて僕は後ろの方で幼女先輩がライトを振っているのを見ていて少し微笑ましくなりました

 少し話がずれましたがここから今回の映画の感想をざっくりとですが書いていきます

 リアルでもツイッターでも知り合いでプリキュアを見ている人がほとんどいないので(当たり前っちゃ当たり前ですが)感想を語りあえる相手もいなくてこういうところで好き放題に語って誰かの目に留まってもらえたら嬉しい限りです

 それではここから本格的に感想を書いていきます


 まずは最初に現在放送中のハグプリ組からの話でストーリーがスタートしてきました

 着々と序盤の方で伏線を立てていって花畑で戦闘シーンに入ります

 いつもはここで変身バンクがあるのですが今回はカットされてしまいちょっと残念に思いつつも見続ける

 相手の攻撃を受けてプリキュアに変身出来なくなってしまい主人公だけが取り残されて他2人が連れ去られる展開に

 敵が他のプリキュアの話をしててこれどうやって他のシリーズと繋げるんだろうと思っているとなんとまさかのアニメ最終回での特別出演の話を拾ってきました

 同じ流れでキラプリからまほプリ世界にいくのにもしっかりと前作の話を使っていて正直僕的にはここが1番熱くなりました

 あの最終回や映画の共演ってパラレルワールドというかその時だけのファンサービス的なものだと僕は考えていたのでまさかここをしっかり拾って映画であの懐かしいシーンを見られるとは思ってもいなくて最高の演出過ぎて軽く鳥肌が立ちましたw

 キラプリ終わってまだ1ヵ月ちょいくらいですがなんかえらく懐かしく感じましたしまほプリ組に至っては懐かしさとこれで最後という2つの意味合いで出てきただけでめちょっくな気分になりました

 案の定2組の変身バンクもカットで話が進みリコとはーちゃんが連れ去られる直前に熱いみらリコを感じられたのがとてもよかったです

 ここで主人公3人と他のメンバーという構図で一旦分かれました

 いつもは主人公以外のメンバーって映画だとそこまでがっつり話すようなことがあまりないのですが今回はこういう風に別れたことにより主人公以外のキャラ同士の新鮮な絡みを多く見られてよかったです

 特にひまりんやシエルのほまれをいじる時の感じがとても可愛かったりさあやの安定の礼儀正しさでめちゃくちゃ可愛かったです

 さあやマジでprp(殴

 そんなこんなで話は主人公側に戻って序盤の伏線をしっかりと回収して敵がはなの昔の知り合いのクローバーだと過去話から判明してどうするべきなきなのかを話し合う

 流石こっちは主人公側なだけあって話は前向きにすんなりまとまって解決に向かう

 それにしても扉の設定をまさかまほプリから持ってくるとは思わなかったですw

 映画では全然詳しく描かれていませんでしたがパンフレットとかに書いてあるんでしょうか?

 
 話を元に戻しますがハグプリ世界に戻ってきた主人公達

 世界は想像以上にヤバいことになってて壊滅寸前

 まさか嘘の力だけでこんなことになるとは

 ここでみらいといちかがここは私たちに任せてとはなを過去に向かわせるんですがこのシーンの2人がめっちゃカッコよくて如何にも主人公感出てて凄くよかったです

 不思議な扉の力で過去に向かったはなはクローバーとの約束を果たそうとしますがはなに抱きしめられるクローバーがマジでうらやま死刑

 そんなこんなで和解してはなは現代に戻ってきてみらいといちかと合流

 依然とすて1番最初の攻撃のせいで変身が出来なくなっていましたがここはクローバーの力を使って囚われてた仲間解放からの各シリーズでの変身

 ここで一気に3シリーズ連続の変身パンクが見られてふむふむなるほどこういう演出かーって満足した気持ちとなっていましたw

 いつものは最初に変身バンクを使うのであっさりと流しちゃいますがここまで溜められるとおお!やっと見れた!っていう感じになりますね

 そこからはもういつものプリキュア特有の超肉弾戦が始めります

 キラプリでは肉弾戦を封じていたのもあってまほプリの秋映画からの1年半越しのガチ戦闘シーンに感動します(まぁ去年の春映画でキラプリ組も殴っていたような気がしないでもないけど…)

 キラプリは相変わらず肉弾戦は封印されているようでしたがそこを全く気にさせないくらい上手くサポート役として相手の動きを止めたりみたいな感じに立ち回っていました

 まほプリとハグプリはしっかりとガチ戦闘シーンをやっていてその流れでのまほプリとキラプリの合体必殺技も懐かしカッコよくて良かったです

 やっぱりアレキサンドライトが1番カッコ可愛くて好きなんすよね

 ただ流石にそれでは倒せない敵

 ここからはお決まりのライトが本気のターンです

 今作はどういう感じの必殺技になるんだろうと思っていたら想像以上に気合が乗ったビーム系で凄かったです

 とまぁ無事ラスボスを倒すクローバーもしっかりと成仏して少し大人になったはなちゃんでした

 めでたしめでたし!

 最後のエンドロールでは各プリキュア達の珍しそうな組み合わせのシーンなども見れて満足です

 これで終わりか~良かった良かった~

 とか思っていたら毎年恒例の秋アニメの宣伝情報が流れてきました

 いつものきたかと思っていたらまさかのあの主題歌と共に初代の2人が出てきてめちゃくちゃびっくりしました

 基本的に映画は前情報0で観に行くので尚更ですw

 秋映画はそのシーズン単独の映画なだけあって毎回熱いやつが多いのでいつも以上に楽しみになりました

 ブラックとエールがぶつかるところはまほプリ最終回のミラクルとホイップのバトンタッチを彷彿とさせてなんかよかったですw

 歴代でも良かった・好きな作品はと言われたらプリプリかまほプリって言いますがやっぱり初代はそれとは別の特別感がありますからね

 遊戯王でのGXが1番好きだけど初代は特別、テイマーズも良かったけど初代も

 みたいな感覚に近いものがあります

 とりあえず半年後まで楽しみが出来て嬉しい限りです

 
 とまぁここまでかなり雑でしたが映画を観ながら思っていた感想を書きました

 完全に勢いだけのこの文章を読んでいただきありがとうございます

 こういう記事は勢いが全てだと思っており後から冷静に見るとちょっとあれであんまり誤字脱字とかの確認はしないのでそこら辺は暖かい目で見守ってください。笑

 今年のは僕が観てきた春映画の中でもトップクラスの出来でとても満足出来ました

 唯一不満点というかちょっと納得出来なかったのはクローバーが男だったことくらいです

 普段は全く女の子がメインのアニメで男が出てきたも何も思わないんですがなんかプリキュアの映画では出てきてほしくなかったです。笑

 女の子なら尊さもありましたけどまぁ最終的には消えたので耐えです…

 本当はなに抱きしめられたり手繋いだりうらやまけしからん

 あとはこれは尺の問題もあると思うんですがもう少しだけ肉弾戦が見たかったですね

 まぁ作画自体は安定してかなり動く高クオリティのものだったんですが久しぶりの肉弾戦なだけに本当にちょっとだけ物足りなく感じてしまいました

 ここ以外はかなり良かったので円盤購入も視野です


 最後に僕が個人的に良かったシーンを簡単に書いていきますと

 ・やっぱり1番はアニメ最終回の特別出演の話を使ってくれたこと

 ここがかなり熱かったです

 ・はな、さあや、みらい、いちかと僕の好きなキャラ達の本当にめちゃくちゃ可愛い姿を見られた!

 満足です

 ・リコが連れ去られる時にみらいと熱いアイコンタクト

 流石の夫婦っぷり

 ・みらいといちかのここは私たちに任せてのシーン

 変身も出来ないのにあそこの2人のカッコよさが凄かったです

 ・溜めに溜めた怒涛の変身バンク

 まほプリ組のをアニメで見れるのはこれが最後かもしれないので本当に悲しくてしょうがないです…

 ・久しぶりの肉弾戦

 めちゃくちゃカッコよくてやっぱり僕がプリキュアを好きな大きな理由の1つだなぁと改めて思いました

 もしまだ映画を観ていない方がこの記事を読んでいた場合はここら辺を意識して観るのも面白いかもしれません

  
 本当に最後に余談ですが田舎故劇場限定グッズが全然売ってなくてめちょっくだったんですがどうやら通販もあるみたいでかなり嬉しいですね

 その調子でプリティストアも通販するかせめて仙台でいいから東北にもマジで作ってほしいところです…
 
 http://www.toei-eshop.com/shopbrand/ct156/
 
 DYcWWl7UMAAL0-h.jpg

 僕はとりあえずミラクル、エール、アンジュのアクキー、アクリルスタンド、ラバスト、シャープペン辺りは買おうかと思っていたんですがアクキーとかスタンドは売切れててまためちょっく…

 あとはホイップとかパルフェのグッズも欲しかったんですが…

 パンフレットは今年でまほプリが悲しみのラストなので買おうかと思ったんですがクローバの事が沢山書かれていてもなぁって感じで悩んでいます

 誰かもしパンフレットを買った人がいましたらどんな感じだったか教えてください!

 実用性がありそうなグッズはすぐ無くなりそうなので僕みたいにスタートダッシュが遅れて買えないなんてならないように皆さん気をつけてくださいね…

 
 さてさて、ここまでだいぶ話が二転三転しましたがここら辺で終わりにしておきたいと思います!

 今年の映画はとてーーーも良かったのでもし興味がある方は是非劇場へ!

 たまたなこの記事を読んだ方とかでも全然良いのでもし良かったらコメントとかもしてくれたら嬉しいです

 次の記事は今月頭に行ってきた満開祭り3について書いていきたいと思っています

 ってことで、またいつか

スポンサーサイト

テーマ : HuGっと!プリキュア
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

RED

Author:RED
REDの放課後日記へようこそ!

どもども(^0^)
  
福島で遊戯王をやっていて2次元がめちゃくちゃ大好きなREDです

昔YouTubeのSASYUっていう決勝動画に沢山出ていました


CS成績

はねまんCS2011 ベスト16
【トゥルリンクイックジャンクドッペル】

第1回仙台CS 4位
【アライブHERO】

第2回仙台CS ベスト8
【アライブHERO】

第1回石巻サマーCS 3位
【アライブHERO】

第5回HCS 4位
【青眼魔導】

第2回伊達CS 優勝
【アライブHERO】

ガッチャCS 優勝
【マドルチェ】

ブレイブCS ベスト16
【マドルチェ】

べにばなCS 2位
【ヴェルズ】

ガッチャCS2 ベスト8
【アライブ融合HERO】

かみふく杯 2位
【プトレ型HERO】

小山CS ベスト8
【マスクHERO】

所沢杯 2位
【プトレ型HERO】

ガッチャCS ベスト16
【ザボルグ型帝】

あすと杯 ベスト8
【15帝】

ガッチャCS ベスト16
【EM竜剣士】

第1回陸前CS 4位
【マスクHERO】

六遊祭2016 ベスト8
【マスクHERO】

第3回M2CS ベスト8
【餅カエルHERO】

第4回陸前CS ベスト8
【餅カエルHERO】

釜CS 3位
【餅カエルHERO】

東北CS 3rd Trial 2位
【餅カエルHERO】

JGP 個人戦 ベスト8
【餅カエルHERO】

レイピーCS ベスト16
【餅カエルHERO】

JGP 2位
【餅カエルHERO】

かみふく杯 ベスト16
【餅カエルHERO】

小山杯 ベスト4
【マスクHERO】

足立CS ベスト32
【マスクHERO】

第2回釜CS ベスト8
【マスクHERO】

ホビステ所沢CS ベスト8
【ゴウフウ入りHERO】

JGP 2015年4月環境ゲートボールCS 2位
【プトレHERO】

東京遊戯CS ベスト16
【ハリファイバーHERO】

釜CS 3位
【閃刀姫】

足立CS ベスト8
【閃刀姫】

使用デッキ
遊星ハイランダー
十代ハイランダー
マスクHERO
です

好きなキャラクター

大河
美海
和奏
友奈
るう子
こより
イリヤ
木綿季
穂乃果
千歌

みらい/キュアミラクル
はな/キュアエール
リオン
その他いろいろなキャラ

とりあえず、唯は俺のよm(ry

いきなりのブロ友希望、リンク希望、コメント大歓迎!どんどんくるの待ってますね!笑

こんなやつですがよろしくお願いします^^

ツイッター @RED1002019

やってます!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

風嫁フリーダムX~ガガガクラーク研究ブログ

俺様による俺様の為の俺様のブログ!

T.K.Y.のドラグニチィ

理系ドラの四次元倉庫

Duelのかきくけこ 遊戯王ブログ

Highest Life

タイトルはそのうち決める

まった~り

聞こえるか 遠い空に映る君にも ~ISOTOPE日記~

星屑の気まぐれブログ

http://(」・ω・)」うー!(/・ω・)/にゃー!

きちんとチキン

らりる日和

ももの缶詰

永久機関

サルのブログ

霞城籠城日記

夢と悲しみにサヨナらいおん

俺たちのサティスファクションはこれからだ!

味噌味
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
1951位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
カードゲーム
106位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

{ccc}CSS h1 { padding: .5em .75em; background-color: #f6f6f6; border-left: 6px solid #ccc; }