FC2ブログ
REDの放課後日記 2018/4 HERO 構築や立ち回りの話

2018/4 HERO 構築や立ち回りの話

 
 はい、どうもー

 もう改訂が判明し来期はどうしようムード真っ只中ですが今回はどういう環境でどう考えてデッキを組んでいたかの記録として今期使っていたHEROについて軽くですが書いていきたいと思います

 いつもみたいながっつりした内容のデッキ解説記事というわけではないので悪しからず

 まずはCSで使った構築

 DaLTOkMVQAAgtfW.jpg

 DaLTOkLVwAAufQw.jpg

 細部は多少変わっていますが大まかにはほぼ同じ構築で2つのCSに出てきました

 メインギミックの基本的な解説は省いて気になりそうなところだけ解説していきます

 【メイン】

 ▼E・HERO ソリッドマン×2枚

 前期は1枚だったんですが後述するワンキルパターンの要となるカードなのでサーチ系と組み合わせての素引きを増やしたくて2枚にしました

 あとはヴェーラーや無限泡影の採用率の高さから1度ソリッドミストの流れを止められても2回目を目指せるようという意味合いもあります

 ただいつも言っている通りHEROのフルモンというのはかなり弱いのでバランスを考えて2枚

 3枚もなしではないですがこのカードが単体で初動になるわけではないのであまり沢山引きたいカードでもなく、それならば強欲貪欲等を入れた方が僕は事故率も下げられていいと思っています

 ▼E・HERO オネスティ・ネオス

 閃刀姫以外にはあまり強くないのでメインは1枚

 閃刀姫相手にはワンキルパーツとして使うので強欲貪欲で除外されるとワンキルが成立出来なくなり主な勝ち筋を失うので2枚にします

 メインは相手のデッキが分からなけば先攻取るので先攻後攻の50%、そして他のデッキ相手と当たることを想定すると受けを広くする為にメインに2枚はいらないと判断しました

 ▼古聖戴サウラヴィス

 2018/1 HERO 総括

 前の解説記事の時でも可能性を感じていたのですがさらにそこから+要素として閃刀姫がトップシェアとなりヴェーラー、無限泡影の採用率の高さからメインに入れることを決意しました

 相手が閃刀姫と分かっていれば後攻を取るのですがメイン戦で先攻を取った場合にサウラヴィスかマスク被りをしていないと閃刀姫のメインギミックでダークロウが簡単に除去されてしまうのでここはトップシェアの閃刀姫を意識している意味合いも強いです

 前に解説している通り他の環境デッキ相手も意外と撃てる場面が多いのでそこまで尖った選択肢だとは思いませんでした

 ▼手札誘発

 増殖するGは先攻展開デッキ、うららは閃刀姫を意識して最大枚数

 ヴェーラーと泡影を散らしていたのはどっちにも強みと弱みがあったので被った時を考慮して2:2にしました

 実際にCSでは両方こっちだから勝てたというシーンがあり散らして良かったのですが環境中盤辺りから魔術師が雪花を入れ始めたりしたので途中からはヴェーラー3、泡影1にしていました

 うさぎは閃刀姫相手に被るときついのと魔術師相手にハリファイバーから蓋として出す場面が結構多いのでメインは1枚

 ▼神の宣告

 泡影以外の罠が宣告だけなのは後攻意識の意味合いが強く、正直ここもサイドでもいいかもしれませんがペンデュラムやメリュシークなど罠がないと先攻でダークロウを出してもきついシーンがあるので宣告だけ入っています

 閃刀姫を相手にした時にダークロウへのウィドウやバーナー、トップの泡影を止められるかどうかが大きい部分なのでメインは神シリーズの中で宣告を最優先しました
 
 【エクストラ】

 恐らく気になる部分はダイアンの2枚目、スリーバースト、アンダークロックテイカ―辺りだと思いますがここはまとめて対閃刀姫の部分で話すので割愛します

 ホープセットは閃刀姫相手にワンキルが出来ないハンドの時に1番綺麗に墓地にレイがいる時のシズクを処理する為の保険として入れました

 効果を使い終わって邪魔になった場合はイゾルデ開闢に変換も出来るので最後まで無駄がありません

 闇鬼も前期は入れていませんでしたがミストマスクしか攻め札がない場合に闇鬼→ダークロウという流れからシズクの上からレイを処理する為に入れました

 他は前期と特に変わらず前期から引き続き必要なカードを採用

 【サイド】

 ▼オネスティ2枚目、サウラヴィス3枚目、ダンディ2、3枚目、墓穴の指名者

 閃刀姫相手の後攻ワンキル用です

 元々墓穴は入れてなかったんですが誘発を食らってワンキルまで辿り着けなかったり最後にγを食らってしまったりという場面を考慮して採用しました

 口述するワンキルパターンの1つでワンキルに向かう時のγをケア出来るのでもし誘発がなかった場合にレイを除外出来るという役割をもてるのも◎

 ▼ドロール&ロックバード

 主に魔術師相手の後攻の時に先攻展開抑止用
 
 HEROのドロール自体はあまり強くないんですが魔術師が誘発を乗り越えやすいデッキなのである程度の抑止力になるこのカードを採用しました

 閃刀姫相手は微妙だと思っているので入れないです

 ▼神の警告

 閃刀姫以外はサイド後も先攻を取るのでペンデュラムやメリュシークを考慮しての採用

 通告より警告を優先しているのはメリュシークとABC相手に格納庫発動から召喚装備の流れを断つ為です

 ▼レッド・リブート×3枚

 主にオルターガイストメタです
 
 環境的にほぼ専用メタになりますがオルターガイスト相手にこのカードを引けるかどうかでかなり勝率が変わるので3枠取る価値があるカードです

 【立ち回り】
 
 対閃刀姫

 サイド後は後攻を取ります

 何故後攻を取るかというと閃刀姫相手は先攻でヴェーラーや無限泡影等の誘発を考慮した上でダークロウを狙いにいくよりもダイアンを絡めた後攻をワンキルを狙った方が勝ちやすいからです

 まずは何度か言っているダイアンを絡めた閃刀姫の基本盤面のシズク+墓地にレイの上からのワンキルパターンを書いていきます

 例:アライブ+エアーマン以外のHERO

 Df4Q8W7UEAE4PIK.jpg

 Df4Q8W8U8AADpYz.jpg

 アライブ発動からエアー→ソリッド→ミストssでマスクサーチ

 3.jpg

 次にソリッドマン以外の2体でアンダークロックテイカ―をss

 ソリッドマンを対象にマスクを発動してダイアンss

 ソリッドの効果で墓地のHEROss

 アンダークロックテイカ―の効果でダイアンを対象にシズクの攻撃力を0に

 4.jpg

 アンダークロックテイカ―と蘇生したHEROでスリーバーストをss

 ダイアンでシズクを攻撃(恐らく墓地に何枚か魔法が落ちているので基本的に100~300くらい攻撃力が下がる)

 墓地のレイの蘇生効果をスリーバーストで無効にしてダイアン効果でエアーssからオネスティをサーチ

 2800(2500)+2400+1800+2500で9000以上のダメージを与えられます

 アライブが絡まなくても例えばソリッドミストダンディみたいなソリッド+マスク+HERO+モンスターという状況を作れればこのワンキルが可能となります

 これは閃刀姫相手以外にも相手のモンスターが1体だけという場面ならば無理なく狙えるワンキルなのも◎

 他にももし伏せ破壊から入ってチェーンでビットトークンとかを出された場合でも守備が0であればスリーバーストの隠れた貫通効果で無視してワンキル出来るのも地味に噛み合っています

 ただ閃刀姫相手の場合こちらがサイド後先攻を取ってくる想定でγを入れられることがあり、ワンキルが失敗するリスクがあるのですがもし墓穴を引いていればレイを除外してスリーバーストの効果でγをケアすることが出来るのでそういう意味でもサイド後の墓穴は強いです


 他にもダイアン2枚を使ったワンキルパターン

 例:ソリッドマスクエアー

 5.jpg

 6.jpg

 ソリッドマン召喚から効果でエアーマンss

 念の為にヴェーラーケアしてバトルフェイズにマスクを発動してダイアンssからシズクに攻撃

 基本的に相手はまず間違いなくレイを蘇生してくるのでこちらはダイアンの効果でミストをssしてマスクサーチ 

 7.jpg

 サーチしたマスクを発動して2枚目のダイアンをssしてレイに攻撃

 もしここで相手がレイの効果を使わなくてもダイアン効果でエアーマンssオネスティサーチで

 1300(1000)+1800+1000+1800+2500で8000超えのワンキルとなります

 ソリッド+マスク+高打点モンスターでこのワンキルは成立します

 このワンキルの強いとろこは本来先攻で撃たれるときついソリッドマンに対するヴェーラーや無限泡影、または閃刀姫のメインギミックでの妨害のウィドウアンカーをマスクチェンジでかわしつつワンキルに向かえます

 他にも例えばソリッドマスクEコールみたいなハンドの時にEコールにうららを食らったりソリッドマンから出したエアーマンにうさぎを食らわなければ他の処理は全部ダメステなので相手が温存しようとした誘発を撃たせないでワンキルにいけるところです

 なのでわざわざミストをサーチして誘発を撃たせる場所を作らせないというのが強みの1つですね

 ただ相手にビットが伏せてあったりするとワンキルが失敗する可能性があるのでもし相手に動いてない伏せがあったりした場合は最初のエアーマンで伏せを破壊しにいくのはありだと思います

 このワンキル成功率を上げる為にワンキルパーツになり得てかつウィドウを踏めるダンディを3枚にして他のソリッドマンに対する誘発をマスクでかわせるようにしたり、強欲貪欲でマスクチェンジを引きにいったりセカンドを入れたりしています

 
 改訂後1週間ちょいでこのワンキルパターンに辿り着き対閃刀姫は十分勝てる見込みがあると判断し3月末と4月頭のCSには出たのですがその少し後にハヤテの登場と神4~6が入った閃刀姫が流行ったことで僕はHEROを使うことを断念しました

 その2つによって何が変わったかというとまずはハヤテの登場により簡単にバーナーにアクセスされるようになってしまったこと

 例えばこちらがミストマスクを構えていたとして返しにエンゲージスタートにチェーンマスクを撃ちます

 たエンゲージからウィドウをサーチされてダークロウのハンデス効果にチェーンでサーチしてきたウィドウ

 そこからレイまたはビットからハヤテでバーナーを落としてそれをカガリで拾ってダークロウを処理

 さらにはシズクからエンドフェイズにエンゲージサーチという絶望的な状況になります

 こういうことが起こるのは全くのレアケースではなく相手がある程度しっかりとメインギミックを引いていれば簡単に起こり得ます

 もちろんサウラヴィスやマスク2枚目等があればどうにかなる場面もありますが基本的には素引き前提になってしまうのでどうしてもそこまでの先攻での信頼感がありません

 さらにはそもそも先攻ダークロウを出すまでの誘発を考えると尚更対閃刀姫は後攻を選択した方が上述しているワンキルパターンもあり賢い選択だと僕は思いました

 しかしここで追加で問題になっていくのが閃刀姫側の構築の変化です

 環境序盤の閃刀姫はメインに神が入っている構築などほとんどなくてサイドに2枚入っているかどうかくらいでした

 そのおかげもあってダンディやサウラヴィスで妨害を超えてワンキルをしていたのですが神の枚数が増えてしまいそもそものワンキル成功率が落ちてしまいました

 サウラヴィスは神に対して無力でソリッドマンに神を撃たれてしまった場合など特に浮きっぷりが目立ちます

 ダンディに関してはまだ最初に踏めるのでマシですがダンディが神を食らってしまったせいでワンキルパーツが足りないという状況も多々ありました

 このように先攻でも後攻でも問題点が出てしまい今期はブロック戦も見据えてデッキ選択を考えなければいけなかったので途中でCSで使うのは断念しました

 次HEROを考えるならばまずはここを解決しなくてはいけないのですが来期はペンデュラムが減ってそれに次いで神も減る可能性があるのでもし神が少ない構築が流行った場合は意外といけるかもしれません

 対魔術師

 昔はHEROだと勝てないマッチアップだと思っていて死毒やサイドカードの存在からサイド後は後攻を取っていたんですが考えを改めてからは先攻を取るようにしました

 一から対魔術師を考え直してダークロウに固執した考えをやめてからは勝率も上がり前ほどの苦手意識はなくなりました

 魔術師相手はダークロウを除去させる為にリソースを吐かせて返しに竜巻又はハリファイバーからうさぎワンマジを絡めて蓋をしにいくイメージです

 ソリッドエアーでの魔法罠(スケール)破壊からメイン2の竜巻でスケール2枚目に触れてかつ返しにもなる動きがとても強く、ダークロウを処理させた後の残りのリソースを徹底的に削ってスケールを揃えさせないようにします

 竜巻の効果が使い終わったらチューナーを追加してハリファイバーからワンマジうさぎで詰めです

 相手のスケールを削っている間に毎ターンライフカットしつつこちらはトップでの追加の誘発や神を引き込みにいきます

 なので先攻ダークロウが突破されて負けということは全くなくてむしろそのダークロウがどれくらい相手のリソースを削れたかが重要となります

 これはダークロウがいることでEXゾーンにペンデュラムが溜まりづらく、ランク4を出しやすいHEROならではの立ち回り方だと思います

 こういう考え方でプレイやサイドチェンジを考えたおかげかサイド後の先攻で魔術師相手はほとんど負けなくなりました

 後攻は誘発を引けるかとワンチャンスでビュートを通せるかのゲームなので他の先攻展開デッキ同様お祈りとなります 

 対オルターガイスト

 先攻の時はサウラヴィスや神でダークロウを守りつつ相手のリソースを削るか盤面に下級HEROを残して返しにリブートを絡めてワンキル又はビュート狙いにいくかだと思います

 後攻での1番の勝ち筋はリブートビュートを通すことです

 ただそんな素引き頼りの考え方では話にならないのでメインギミックでの立ち回りだとあまり無理にエクシーズやマスクを撃って相手のシルキタスに安易にアドバンテージを取られない事だと思います

 そしてタイミングを見てイゾルデから開闢をサーチすることを意識します

 オネスティを盾に下級HEROでじわじわと相手のライフを削りつつ開闢、リゾート、羽根帚等のパワーカードにアクセス出来たら一気に勝負を仕掛けます

 他にも相手が何も考えずにリンクリボーを出してきた場合、ライトニングで一撃を入れることも頭の中に入れておいて最低限そのラインのライフカットは意識した方がいいです

 頼みのダークロウはメリュシークの存在からそこまで信用も出来ないのでオルターガイスト相手もあまりダークロウに固執せず竜巻竜やブラストで相手の伏せを狙って可能な限りこっちのターンのマルチフェイカー率を下げるようにした方がいいと思います
 
 対ABC

 基本的にはあまりプレイの絡まない先攻ゲーです
 
 こっちが先に先攻ダークロウを出した場合相手のメインギミックだとトロイメア系以外では突破出来ずもし突破出来たとしてもそこまでにいくのにかなりのリソースを使うのであとは残ったリソースで詰めていくだけです

 逆に先攻で動かれてイブリースが絡んだエクストラリンクをされたりしたらメインギミックで返すのはまず無理なので誘発を引けるかのお祈りとなります

 細かい話をするとメインモンスターゾーンにダークロウを出してしまうと本来ユニコーンまでいかないと突破出来ないダークロウをケルベロスで処理されてしまうのでもしアライブ+Eコールのような普段イゾルデダークロウを出しているようなハンドでも敢えて出さずにEXモンスターゾーンにダークロウを置くことを意識した方がいいです

 ダークロウ+オネスティ+下級HEROが数体の盤面でもABC相手は十分なので返しにダークロウを退かせないような場合はエアーマンを追加出来ればワンキルまで視野に入ってきます

 芝刈り相手も同じく完全先攻ゲーであの構築だとHERO要素や終末等が入っていたり60枚なことからサイドカードを引きづらいので普通のABC以上に先攻ダークロウで完封出来る事が多いと思います

 【総括】

 はい、とういうことでいつもみたいにそこまでがっつりした内容ではないかもしれませんがここまで読んでいただきありがとうございます

 改訂前の話なのであれですが少しでも来期の参考になったら幸いです

 とりあえず改訂後も環境自体は魔術師が減るくらいでそこまで変化はなさそうですね

 環境がしっかりと定まるまではメタ側のHEROは足を引っ張らない為にもチーム戦には持っていけないのでしばらくは様子見になりそうです

 一応現状は今回の改訂で2枚に増えたべイゴマックスを入れたHEROが割と強そうなのでどこか個人戦のCSとかがあったりしたら持っていきたいと思っています

 来期こそはHEROが頑張れる環境だったらいいなと思いながらどういう環境になるか楽しみにしています

 もし何か質問等があればツイッター(@RED1002019)でのリプライかこの記事のコメント、どちらでも大丈夫なので気軽に聞いてください(^0^)

 ってことで、またいつか
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

コメント失礼します
ブログを拝見させていただき大変参考になりましたあ。
質問なのですが、ヴァレルソードのような
戦闘耐性のモンスターを出されるとHEROでは倒すことは難しいと思います。
自分はカステルを使って処理しているのですが、REDさんはどうしていますか?

No title


 >名無しさん

 現環境でヴァレルソードを出してくるデッキは閃刀姫もしくは先攻展開系のデッキだと思うのですが閃刀姫は先攻でヴァレルソードを出してくることはまずなく、閃刀姫が出してくる場面は基本的にワンキルを狙ってくる時です

 また先攻展開系のデッキの先攻ヴァレルソードは+αでイヴリースやエクストラリンクをされていることが殆どで後攻で出された場合展開系のデッキ相手にそこまで通っている時点でほぼ負け濃厚と考えているので僕はそういう場面がくることはレアケースだと判断して割り切っています

 改訂後であれば魔術師が減っていればハリファイバーやワンマジを抜けるのでそこの枠にカステルを入れるのはありだと思います
プロフィール

RED

Author:RED
REDの放課後日記へようこそ!

どもども(^0^)
  
福島で遊戯王をやっていて2次元がめちゃくちゃ大好きなREDです

昔YouTubeのSASYUっていう決勝動画に沢山出ていました


CS成績

はねまんCS2011 ベスト16
【トゥルリンクイックジャンクドッペル】

第1回仙台CS 4位
【アライブHERO】

第2回仙台CS ベスト8
【アライブHERO】

第1回石巻サマーCS 3位
【アライブHERO】

第5回HCS 4位
【青眼魔導】

第2回伊達CS 優勝
【アライブHERO】

ガッチャCS 優勝
【マドルチェ】

ブレイブCS ベスト16
【マドルチェ】

べにばなCS 2位
【ヴェルズ】

ガッチャCS2 ベスト8
【アライブ融合HERO】

かみふく杯 2位
【プトレ型HERO】

小山CS ベスト8
【マスクHERO】

所沢杯 2位
【プトレ型HERO】

ガッチャCS ベスト16
【ザボルグ型帝】

あすと杯 ベスト8
【15帝】

ガッチャCS ベスト16
【EM竜剣士】

第1回陸前CS 4位
【マスクHERO】

六遊祭2016 ベスト8
【マスクHERO】

第3回M2CS ベスト8
【餅カエルHERO】

第4回陸前CS ベスト8
【餅カエルHERO】

釜CS 3位
【餅カエルHERO】

東北CS 3rd Trial 2位
【餅カエルHERO】

JGP 個人戦 ベスト8
【餅カエルHERO】

レイピーCS ベスト16
【餅カエルHERO】

JGP 2位
【餅カエルHERO】

かみふく杯 ベスト16
【餅カエルHERO】

小山杯 ベスト4
【マスクHERO】

足立CS ベスト32
【マスクHERO】

第2回釜CS ベスト8
【マスクHERO】

ホビステ所沢CS ベスト8
【ゴウフウ入りHERO】

JGP 2015年4月環境ゲートボールCS 2位
【プトレHERO】

東京遊戯CS ベスト16
【ハリファイバーHERO】

釜CS 3位
【閃刀姫】

足立CS ベスト8
【閃刀姫】

使用デッキ
遊星ハイランダー
十代ハイランダー
マスクHERO
です

好きなキャラクター

大河
美海
和奏
友奈
るう子
こより
イリヤ
木綿季
穂乃果
千歌

みらい/キュアミラクル
はな/キュアエール
リオン
その他いろいろなキャラ

とりあえず、唯は俺のよm(ry

いきなりのブロ友希望、リンク希望、コメント大歓迎!どんどんくるの待ってますね!笑

こんなやつですがよろしくお願いします^^

ツイッター @RED1002019

やってます!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

風嫁フリーダムX~ガガガクラーク研究ブログ

俺様による俺様の為の俺様のブログ!

T.K.Y.のドラグニチィ

理系ドラの四次元倉庫

Duelのかきくけこ 遊戯王ブログ

Highest Life

タイトルはそのうち決める

まった~り

聞こえるか 遠い空に映る君にも ~ISOTOPE日記~

星屑の気まぐれブログ

http://(」・ω・)」うー!(/・ω・)/にゃー!

きちんとチキン

らりる日和

ももの缶詰

永久機関

サルのブログ

霞城籠城日記

夢と悲しみにサヨナらいおん

俺たちのサティスファクションはこれからだ!

味噌味
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
1955位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
カードゲーム
117位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

{ccc}CSS h1 { padding: .5em .75em; background-color: #f6f6f6; border-left: 6px solid #ccc; }